「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文

0

     小4の男の子が3カ月前に始めた卓球のことを書きました。

     最近、試合に出て、接戦からの勝利をおさめましたが、無我夢中だったので、どうやって勝てたのか訳が分からなかったそうです。でも、もしかしたらアノ時のアレが良かったのかも……と、試合の後の分析をしっかりしているドラゴンくん。強くなりそうです!

     

     では、ドラゴンくん、お願いします。

    「はい!」

     

     

    卓球の試合 4年 ドラゴン

     

     ぼくは3カ月前、卓球を始めました。きっかけは家に小さい卓球台があって、ちょっと前からやっていたからです。卓球はスマッシュが入ったときや、勝った時がすごく楽しいです。
     1週間前、電車で卓球の試合に出ました。電車で30分、1回の乗り換えで行けました。試合ではリーグ戦で9戦する予定でしたが、1人休んでいたので、8戦になってしまいました。
     いちばん印象的だったのが、7戦目の相手がすごく強かったことです。10対9で負けていたとき、相手からスマッシュを打たれてたまたま僕のラケットに当たり、そこから相手が2回ミスをして僕が勝ちました。その時はどうなっているのか分かりませんでした。
     以前、初めて試合に出たときは全く勝てなくて、11−0で負けてすごく悔しかったです。そのあと、家にある公式より30cm長さが小さい卓球台で二時間練習しました。その努力が今回の試合では実ったのかもしれません。
     今回は最終的に3勝5敗だったけれど、自分としてはいい結果だったと思いました。これから、もっと練習して全勝できるようにしたいです。

     

    =======================================

     パチパチパチ―、ドラゴン君ありがとう。

     私も小学生の時、卓球クラブで卓球を習っていました。父母会で運営している小さな卓球クラブです。週2回、夜に小学校の体育館を借りてやっていました。いちばん存在感のあった、いま、思えばたぶん監督であったろうおじさんはよくお酒を飲んで真っ赤な顏して練習にやってきましたが、ものすごく強くて、まるで酔拳を見ているようでした(笑) もう一人、コーチの中のトップ的存在の人がたばこを吸いながら煙たい顔でボールを打ち返していた光景をぼんやり覚えています。何ちゅう大人たちでしょうか^^ でも楽しかったし、父母会で安い費用で運営されていたことを思うと本当にありがたいです。あのときはあのありがたみはまったく分かりませんでしたが。

     ……ということをドラゴンくんの作文から思い出しました。

     ちなみに、ドラゴンくんのペンネームは私が勝手に付けました。漫画『ピンポン』(松本大洋)のペコか、スマイルか、チャイナかドラゴンか迷い、いちばん強そうな名前のドラゴンに。でも、書いた本人はペコ、もしくは映画『ピンポン』でペコ役だった窪塚洋介くんタイプです。じゃあ、ペンネームもペコでええやんってかんじですが。

     

    ▼ピンポンのドラゴン


     



    【重要】明日の教室は講師自宅にて開催。県民プラザではありません。

    0

       明日、12月15日(土)の作文教室は講師自宅にて行います。9:00-12:00の間にいらしてください。もしくは、ご自宅からZoomでご参加くださっても結構です。Zoomはまだ使い慣れない方が多いと思いますので、練習を兼ねてご参加ください。お分かりになりにくいときは浅岡携帯(080-4118-7434)へお電話ください。こちらからかけ直してご説明します。

       

       講師自宅へのアクセス、講師自宅で教室を開催するほかの日など、詳細はこちらに掲載しております。

      http://kayo.pupu.jp/sakubun/schedule.html

       

       ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。

       



      【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」

      0

         

         大人作文教室の生徒さん、パッソさんの「パソコン奮闘記3、電源が入った」、「パソコン奮闘記4、何でもいい夢中になるのがいい」のご紹介です。

         

         パッソさんはお1人暮らし。パソコンを使い慣れた、困ったらいつでも助けてくれるような人はいません。それでも、パソコンを自由に使いたいと日々、奮闘していらっしゃいます。それをそのまま作文に。実況型作文です。そんな言葉はないかもしれませんが(^^;

         

         文中、「画面が風景画のまま変わらない」はスクリーンセーバーのままパソコンにサインインできていない状態、いざとなればこれがあると頼みにしている「シャフトダウン」は「シャットダウン」の間違い、とパソコン初心者にはよくある初歩的なつまずきが多々あってほほえましく、また、そんな困難にもめげずパソコンと格闘するパッソさんを応援したくなる作文です。

         

         では、パッソさん、お願いします。

         

        「はあい♪」

         

         

        パソコン奮闘記3「電源が入った」 パッソ(70代女性)

         

         電源が入った。まる二日かかって漸く電源を入れるに至った。

         

         さてこの先どうする? 画面を眺めていると、真っ暗になってしまった。慌てて電源を押すと、省エネのためです、電源を入れないで下さいとある。なんだそうなのか。とにかく家電の説明書は何度、読んでも分からない。こうして間違いだらけのパソコン入門が始まった。

         

         遠い親戚より近くの他人と言うが、私には近くの娘より遠くの妹の方があてになる。そこで妹に電話で聞いてみることにした。

        画面が動かないのよと言うと、左上のワードのアイコンを押せばいいと言う。

        「スマホのアプリ一面みたいに画面が写るんじゃないの?」

        と問えば、

        「まずワードを押してみて、それからファイルを押すと、文章を打つ画面になるから」

        と答える。

        「そうオ、風景画ばっかりで、ちっとも変わらないのよ」

        だが私のパソコンにワードは出なかった。おそらく機種が違うのだろう。そもそもワードとはなんぞや。


        分からない。パソコンの操作が分からない。初めてスマホを見た時、真っ暗な画面を見て私は、戸惑った。これ、どうやって電源を入れるのだろう? 後でスライドというのを知ったが、初めて携帯電話を使った時も然り。電話番号はどうして打つのだろうと、思案にくれたものだった。

         

         そんな私がパソコンを使いたいと思うのが、どだい無理なのだ。浮世離れして暮らそうと決めたのにと恨めしくなってくるが、お困りの場合は、販売店へ連絡する前に、メーカーの安心サポートへというのを見て、パソコンを見ながら携帯電話を手に取った。しかし、電話をかけながらパソコンを操作するのは難しい。「アッ」「アレ」「しまった」の連続である。

         

         結局、後で電話しますで終わったものの、それでも文字を打てるまでになった。どこまでいっても数字ばかり続く画面を見ながら、ハテ、どうしたら平仮名が出るのだろうと思案にくれていた。

         

         


        パソコン奮闘記4「何でもいい、夢中になるのがいい」 パッソ(70代女性)

         

         何でもいい、夢中になるのがいい。これまで暇さえあればテレビを見ていたが、そういう事もなくなった。本を読む時間も惜しい。掃除機をかけながら、もしかしたらシフトキ-を押すのかしら、それとも変換? 気が付くとパソコンの前に座っている。仕事先での人の噂話も気にならなくなった。

         

         パソコンを買ったと言うと、皆、口をそろえたように「すごいねー」と言う。「アホなことするねえ」とは言わないのだ。まあいい。何とでも言うがいい。千里の道も一歩よりというではないか、頑張ろう!

         

         三歩進んで二歩下がる状態が続いている。昨日、打てた数字が、もう打てない。パソコンに向かって「あのなあ」と言いたくなってきた。当てずっぽうにクリックしていると「音声が聞き取れません」ときたものだ。しかも外人らしい女性の声で発音がおかしい。

         

         ほんの少し触っただけで、訳の分からない画面が写し出されたり、文字が現れたりするが、たしか遠い昔、一日だけ市のパソコン教室にいって、バツボタンは消しゴムと聞いたことがあったので、すべてを消し去ることにした。バツボタンとシャフトダウン(シャットダウンのこと)は車のブレーキみたいなものだから覚えておこう。走れなくても良いが、止まれないのはもっと怖い。

         

         毎週火曜日は大人の<作文教室>に通っている。そこでパソコンは水に弱いと聞いて、パソコンのそばでお茶を飲むのを止めることにした。パソコンが水浸しになっても困る。車を買った途端に、当ててしまった様なものではないか。

         

         実は愛車のパッソを三回当てた事がある。修理に出していた車に乗って、トヨタを出たとたんに、止まってくれた車の向こうを走ってきた車に当てたことがあるが、ありがとうございました、と送ってくれた店員さんの前をバックで戻った時は、相当恥ずかしい思いがしたものだ。

         

         新車はお祓いをしなければいけないと言われて、諏訪神社に車を持って行って以来、当てた事は一度もない。県民プラザはインターネットが繋がっているので、先生にお願いして、ワードの製品登録をして頂いた。しかし、先生がパソコンを打つのは早い。エッ、どうしたら漢字? どうしたら英字?と思っているうちにその日は終わった。

         

         そこでやおらパソコン入門書を開いてみる。成程、成程。ただ文字を打つだけではなくて、同時に別のキーを押すのか。空白のキーを押すと、変換されるのもあって、驚いたり感心したりしている。取り敢えず、文字が打てるようになったし、ワードも分かった。

        これで千里の道の三歩ぐらいは進んだかしら。

         

        ==========================================

         

        おとな作文教室は毎週火曜日9:00-12:00、さわやかちば県民プラザにて開催。

        詳細はこちら

         

        ぽちっとお願いします。

        にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
        にほんブログ村

        にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ
        にほんブログ村



        「アルバムはまるでみんなを笑顔にする魔法の絵本みたい」小4、女の子の作文

        0

           

           小学校4年生のクロワッサンちゃんがお母さんが作ってくれた自分の写真アルバムについて書きました。

           

           お母さんへの感謝の気持ちがたっぷりこもった作文です。

           

           クロワッサンちゃんの気持ちがうまく読み手に伝わるのは、自分のアルバムが他とは違う特別なアルバムであることがきちんと説明できているから。頭の中では分かっていても、文章で説明するのは意外と難しいものです。

           

           では、クロワッサンちゃん、お願いします。

          「はあい」

           

          思い出がたくさんつまったアルバム 小4 クロワッサン


           私には大切なものがあります。それはアルバムです。お母さんが作ってくれました。赤ちゃんのときから小学生の今までずっと作ってくれています。たくさんあります。手作りです。写真以外にも文や飾り、色などがついています。写真以外にいろいろなものがついているのが私のアルバムの見どころです。写真は主に旅行へ行ったことや遊んだこと、泣いたことなど私の生活の中のことをくわしく記録したものです。


           いとこと旅行に行った写真は私の中では特別です。なぜかというと普段の写真よりずっと笑っているからです。文も少し長い文になっています。特別なので飾りも少し特別なのかもしれません。


           私にはお母さん、お父さんの他に2人の弟がいます。弟たちにもたくさんのアルバムがあります。でも、小学校1年生と2歳なので私よりはすごく量が少ないです。でも、弟も自分のアルバムの写真を毎回、見て笑顔になっています。アルバムはまるでみんなを笑顔にする魔法の絵本みたいです。


           私は自分も大人になって子どもができたら子どもにアルバムを作って子どもを笑顔にさせたいなと思いました。

           

           


          ぽちっとお願いします。

          にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
          にほんブログ村



          柚子のおすそわけ

          0

             

             あっちこっちから柚子をいただいたので、今日、作文教室で生徒さんにおすそ分けしました。お配りしたのは真ん中の小さいゆず。ヒメユズというらしいです。去年も同じ方からいただきました。

             

             枝ごと、ふた枝分どっさりいただいたので、そのまま教室に持って行って、各自、はさみで切り取ったら楽しいかと思ったのですが、トゲが多くて持っていくのがたいへんそう。結局、枝から実を離して持っていきました。枝から切り取りながらさわやかな本当にいい匂いが漂いました。柚子のなます、漬物の香りづけ、ジャムなどいろいろ楽しめます。冬至にお風呂に浮かべるという手も。ぜひ、いろいろ試してみてください♪

             

             後ろにある大きいのも柚子です! オニユズというそうです。私は初めて見ました。最初、カボチャか、と(笑) 2ついただいたので、1つを教室に持っていきました。手伝いに来てくれた娘が「これはジャンケンに負けた人がもらうものじゃないか(つまり誰もいらないのではないか)」と言うので、みんなで敗者を決めるジャンケンをしようとしたところ(笑)、「欲しいです!」という奇特な声があがり、持って帰ってもらいました。

             

             鑑賞用らしいですが、食べることもできるそうです。ってどういう意味でしょうか? 食べられるけど、おいしくないということかな? 鑑賞が終わったらお風呂に浮かべる方がいいかもしれません。すごくあったまりそうです(#^.^#)

             

            ▼手伝いに来てくれた次女モモコちゃん(高2)とオニユズ。大きいですねえ。

            にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
            にほんブログ村



            柏の葉作文教室概要
             無料体験学習(2回)受付中
            ※大変申し訳ありませんが受験生過多のため、現在、土曜日(こども作文教室)の体験学習の新規受付を行なっておりません。すでにお申込みいただいた方は受け付け済みです。体験学習の再開は2018年3月です。3月からの予約を受け付けています。

            おとな作文・小論文教室
            ご希望の方は受け付けております。(1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
            メール/kayo.asaoka@gmail.com
            電話/080-4118-7434、04-7111-1255


            場所/さわやかちば県民プラザ
                      柏市柏の葉4−3−1
            教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

            こども作文教室
            1〜4週、土曜日、9:00-12:00
            4000円/月(通信は4500円/月)

            おとな作文教室
            1〜4週、火曜日、9:00-12:00
            4500円/月

            *欠席の場合の振り替え授業あり。
            profilephoto
            浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


            授業風景(県民プラザ3階、2018年12月)


            お迎えの待ち合わせ場所
            (県民プラザ2階、児童書コーナー)


            柏の葉公園に隣接しています。

            =======================

            その他、詳細はこちら

            =======================

            ☆教室生徒を対象に
                読書感想文講座(8月のみ)
                公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

            イラスト出典:わんパグ
            言葉の森HP記事
            学力の二つの道とそれぞれの個性(2018/12/07)

            ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
            ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
            Zoom教室
            通信生、振り替え授業用
            Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
            ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
            ・申し訳ありませんが時間の予約はできません。
            ・5週目はお休みです。
            ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
            清書作文
            教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
            表示の切り替え
            スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
            最新記事
            カテゴリー別記事
            過去の記事
            コメント
            • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
              プリウス (12/18)
            • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
              アイン4 (12/18)
            • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
              アイン4 (12/18)
            • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
              あお (12/17)
            • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
              アイン4 (12/17)
            • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
              あお (12/14)
            • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
              プリウス (12/14)
            • 柚子のおすそわけ
              滝の道ゆずる (12/09)
            • もしも北上次郎×大森望『読むのが怖い!』で『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』が評論されたら……
              あお (12/07)
            • 「バドミントンの勝敗は人間社会での勝敗に似ている」中2、男の子の作文
              あお (12/07)
            プロフィール
            ブログ内を検索
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座