小4作文「つまみ食い」

0

     

     今日の4年生の課題は「つまみ食い」。誰しもが子ども時代に必ずやったあのつまみ食いです。スマホ全盛の現代でも子どもたちはやっぱり隙あらばとつまみ食いを狙っているようです。ユーモラスな筆致で綴られる子どもたちのつまみ食い、つまみ読みでもけっこうです。ぜひご賞味あれ。

     

    つまみ食い 小4 ハーバー

     

    「こっそりつまみ食いしよう」

    僕はそう言ってつまみ食いをしましたが、二回目に行こうとしたらお母さんに見つかり、お母さんに

    「夜の唐揚げがなくなるからやめなさい」

    と言われました。唐揚げは揚げたてのサクサクでした。それをこっそり食べるなんて最高でした。見つからなかったらもっとつまみ食いをしたかったし、見つからなければもっと食べていました。まるでママの唐揚げはお店の唐揚げのようにおいしかったです。

     つまみ食いをしているのは僕だけではありません。お母さんもこっそりつまみ食いをしています。お母さんは揚げたての唐揚げや剥きたての梨をこっそり見つからないように食べています。前、お母さんが夕飯に出す肉巻きを50本作って、お父さんがお昼に25本食べ、僕が20本ぐらい食べたのでとても少なくなって、夕飯にはとても出せる量は残っていませんでした。

     思ったことはつまみ食いと言うのはほぼ味見と同じなのでとてもいいことだということです。もっと味見させてくれたらいいなと思いました。

     

     

     

    つまみ食い 小4 スージー

     

    「おいしい!」

    私はパーティの日にお母さんに頼まれたケーキ運びをしている間に、チョコ、生クリーム、イチゴのつまみ食いをしました。つまみ食いをする前に二つの心が言い争いをしていました。それは良い心と悪い心です。悪い心が

    「つまみ食いをしちゃえ!」

    と言い、良い心が

    「ダメよ! つまみ食いなんてしちゃだめよ! お母さんに怒られるわよ!」

    と言いましたが、私はつまみ食いをしたい悪い心が抑えきれず食べてしまいました。その時、私はまるでどろおうをしているかのように思いました。やってしまった後、良い心が言ったようにお母さんに怒られました。

     お父さんに

    「つまみ食いしたことある?」

    と聞くと

    「もちろんだ! オレはつまみ食いの達人なんだぞ!」

    と偉そうに言いました。私が

    「つまみ食いがばれて怒られたことはないの?」

    と聞くと

    「もちろんあるさ! 俺がガキだったころ、天ぷらをつまみ食いしようと待ちきれず、油が入った熱い鍋の中に手をつっこんでしまった。そして俺は大やけどをしたのさ」

    と話してくれました。

     私はつまみ食いはいけないなと思いました。



    清書作文のご紹介

    0

       今回は6年生が書いた6月4週の清書作文のご紹介です。4週目はその月に書いた作文の中からもっともよく書けたものを選んで清書にする週。一段落目の要約丸ごとカットして、体験実例から書き始めます。こうすることで感想文ではなく、その子自身の作文になります。

       先週ご紹介した作文と同じテーマ「絶滅危惧種の動物」で書かれた別の生徒さんの清書作文です。ホタルが生活できる場所を調べ、山形でのホタル体験を書き、学校にある小さな自然から自分の考えをまとめました。体験や情報をうまく生かした作文になりました。

       

       では、えいたくんお願いしま〜す。

       

      「はあい」

       

       ホタルを都会の近くで見ることはほとんどなくなりました。ホタルが住める環境はいつも豊富な水が流れている川、エサとなる大小さまざまな巻貝がたくさん住んでいる場所です。つまり、ホタルはいろんな生物と関わりあって生きています。自然環境の良いところでないとホタルは生きていくことができないため、数が少なくなり、見ることができなくなります。

       

       僕が山形県に住んでいたころには近くを流れている川にホタルを見にいっていました。しかし、今は山形から引っ越したため、ホタルは見ることがなくなりました。今、学校ではホタルの里にホタルの幼虫を話すホタル放流会をやっていました。今の場所でも山形県に行ったときと同じようにホタルを見ることができるといいです。

       

       学校にあるでんでん村という場所には小さな池があり、ザリガニなどがいます。クラスでは池でつかまえていたザリガニを飼っています。飼っているザリガニはすべて体が赤いアメリカザリガニです。日本ザリガニは一匹もいません。昔は日本ザリガニしかいませんでしたが、アメリカザリガニを飼っていた人が池に放すなどして日本ザリガニよりも食べものを食べて増えました。日本ザリガニは食べものがあまりないため、数が減ってほとんど見ることはありません。

       

       幼稚園生の時に近所の友達の家族と自分の家族とでザリガニ釣りに行きました。釣れたザリガニの中で一匹だけ他のとは色が違う日本ザリガニが連れました。珍しい日本ザリガニが釣れてうれしかったです。日本ザリガニが少しずつ数を減らしていくまえに、保護をして行くべきだと思います。

       

       自然とは人間にとっても動植物にっても欠かせないものなので、豊かな自然が残っていくようにしたいです。



      6年生の感想文のご紹介

      0

         今回は6年生の感想文の紹介です。

         

         今回の長文のテーマは絶滅危惧種に指定された動植物。それらの動植物保護がアメリカで早く進んだ背景や、日本での保護の現状について書かれた長文です。それを読んだうえで、自分たちの身の回りの絶滅危惧種や動植物の保護についてまとめ、作文にしていきます。

         

         多くの場合、子どもたちはホタルを見に行った体験や、メダカをつかまえた体験、近所の宅地開発による緑の減少について見聞きしたこと、教科書に載っていた森林伐採のことなどを材料に書いていきます。ちょっとした小論のようになります。

         

         体験や調べたり聞いたりした話を書いた後は「自然」「人間」「生きる」などの言葉を使って大きくまとめていきます。5年生までは自分が思ったこと、学んだことをまとめていく練習をするのに対し、6年生では自分個人の問題としてだけではなく、大きく社会的な問題として一般化して結びを書く練習をするというわけです。

         

         では、6年生の菜の花ちゃん、どうぞ〜。

         

        「はあい」

         

        人と動物と自然 6年生 菜の花

         

         

         トキのように絶滅寸前にまで追い込まれた動物やその数を激減させている動物を救おうと努力する姿は「人間の良識」と評される。その通りと思う反面、偽善ではとの虚しい思いが残る。第二、第三のトキを生む自然破壊が日本全国で進んでいるからである。1989年に環境庁が発光したレッドデータブック(絶滅のおそれのある野生生物の現状を記録した資料集)には緊急に保護を要する動物だけでも約3万7千種近くが記載されている。

         絶滅寸前に追い込まれている主な理由は二つある。一つ目の理由は森林などの開発により動物の住む場所が失われていることだ。私が住んでいる市の森が壊されたとき、タヌキなどが居場所を失い道路に現れたらしい。

         ふたつ目の理由は毛皮や羽などの販売により動物たちが殺されていることだ。毛皮はうさぎやきつねなどで羽は水鳥などだ。

         生物が絶滅すれば人は生きていけなくなる。その理由は生き物が絶滅すると次に生物同士の関係、生物と空気、水との関りのバランスがくずれるからだ。そのようなことが起これば人は食べるものがなくなったり、空気が汚くなったりして、人は生活できなくなる。

         この話を読んで人はまるで地球を自分のもののようにしているが、それによって自分たちの生活を苦しくしているということが分かった。人も動物、いま地球でいちばん力を持っている生き物として責任をもって他の動物や自然を保護したり、守ったりしてしかなければいけないと思った。

         

         



        6月30日の教室は5週目のためお休み

        0

           6月30日は5週目に当たるため、教室はお休みになります。



          6月2週、小学校4年生の作文、ご紹介

          0

             しばらくぶりの更新になります。

             柏の葉作文教室は現在、小学校2年生から中学校1年生まで、土曜の通学生9名、曜日ばらばらの通信生4人の合計13人で行なっています。

             

             今日は小学校4年生の女の子、ドルフィンちゃんの作品のご紹介です。6月2週の課題「水や土であそんだこと」で書かれた作文です。学校の小さな自然をテーマに選び、そこでの小さな生き物と子どもたちのかかわりを生き生きと書くことができています。

             「水や土がテーマ」と言われても、ふつうはなかなか書きにくいと思いますが、ドルフィンちゃんは中心をしっかり決めて、楽しいエピソードも入れながら書くことができました。小学生男子の描写が最高です。最後は「水は虫は生き物の命」と大きく結ぶこともできています。とてもいい作文。

             ではドルフィンちゃんどうぞ〜。

             

            「はあい」

             

            ====================================

             

            水や土であそんだこと 小4 ドルフィン

             

             私の学校には「でんでん村」という沼があります。「でんでん村」はザリガニがたくさんいて、去年は落ちたら危ないから近づけなかったけど、近づけるようになりました。木の柵が立っていて、ロープがあって落ちないようになっているけれど、「でんでん村」に近づいた男子が5.6人ぐらい、落ちています。4年生の昇降口には落ちらしい男子の靴が置いてありました。同じクラスの男子は木の柵がぐらぐらして落ちてしまい、ズボンの膝までぬれてしまいました。どうやらズボンの膝までまくってなかったようです。

             プールの向こう側には「ホタルの里」があります。理科の先生が大カマキリの卵を見つけて虫取りかごに入れて持ってきてくれました。そして何週間かたったらカマキリがふわっと出てきてびっくりしました。そのあとみんなで「ホタルの里」に返してあげました。男子が名前をつけたりしていました。

             理科室の前にはヘイケボタルの幼虫がいます。二つの水槽に殻から出てきた幼虫がいて、音楽室、図書室に行くときに必ず見てしまって、気持ち悪いです。カタツムリみたいな殻でした。

             私は水は虫や生き物の命だなと思いました。生きるていく上で、大切にしなければいけないなと思いました。



            作文教室、通信の授業はこんなかんじです。

            0

               柏の葉作文教室は基本は通学スタイルでやっていますが、生徒さんが遠くへ引っ越してしまった場合や、どうしても時間の都合が合わなくなった場合に限り、通信でも授業を行っています。通信の授業はスカイプやフェイスタイムを使って行ないます。

               

              <授業の流れ>
               授業の流れは次のようになります。

              1、新学期が始まる前に、生徒さんのご自宅に教材をお送りします。生徒さんは毎週、それを見て、ある程度、準備をしてから授業を受けることになります。

              2、週に一度、指定のお時間に講師からスカイプ等で連絡をします。10分ほどその日の作文の内容について相談と指導を行ないます。指定時間は平日18:00まで、土曜13:00まででお選びいただけます。

              3、1回目のスカイプから30分後にもう一度、スカイプをします。進捗具合を確認し、次週の話も少しして授業はおしまい。所要時間は3分ぐらい。

               

              4、生徒さんは出来上がった作文を写真に撮るか、スキャンしてメールで講師に送ります。

              5、講師が添削し、次週の授業までに返却します。

               

               

              <授業料について>
               授業料は1回1000円です。通信生のみプラス500円(月額)がかかります。欠席は250円(教材代)、振り替え制度はありません。
               授業料の支払いは1学期分(3か月分)前払いとなります。指定された銀行口座へお支払いをお願いしています。欠席した場合は、次の授業料からお引きしてご請求いたします。途中退会の場合は、未受講分を返金します。

               当教室では2012年からずっとこのスタイルで通信生を指導しています。ご興味ある生徒さんは遠慮なくご相談ください。

               

              <通信生の例>

               2016年から通信制で勉強しているミネソタのくんくんくまくんの授業をご紹介します。

               

              1、毎週土曜、8:10(日本)講師から、くんくんくまくんにスカイプします。ミネソタは18:10です。

               その週の課題についていろいろ相談します。くんくんくまくんは授業の前にその日の課題を見て、だいたい何を書くか決めています。時々、書く材料の「モノ」を見せてくれます。このときは作ったお面について書くとのことで、かぶって見せてくれました。

               

               

              2、くんくんくまくんが30分間、頑張って作文を書きます。(イラストはわんぱぐより)

               

              3、講師から再びスカイプ。途中経過を教えてもらい、使えた項目、使えてない項目などについて話をします。来週の話も軽くします。

               

              4、書きあがった作文をくんくんくまくんのお母さんがスキャンして送ってくれます。次の授業までに添削してお返しします。

               

               

              つぼ くんくんくま

               ぼくは学校で陶芸をしました。2つ作品を作りました。スナヘビの形のつぼとお面です。ぼくはスナヘビの方が好きです。

               ぼくのつぼにはへびのウロコみたいな模様を作りました。表面をへらを使って作りました。ぼくの好きじゃないところは他の人の絵の具がついたことです。最初は緑にしたけど、焼き終わったら茶色でした。お面のアイデアはキングダムのマンガの山の民からもらいました。お面は青と緑の色で、目がひとつです。

               去年、サソリと入れ物を作りました。僕だけヘビの形のつぼを作りました。ヘビのつぼはとてもヘビーです。また作りたいなと思いました。家に帰ると

              「かっこいい。」

              とママが叫んだのです。

               グローブランド校にはもう行きません。だからもう陶芸を学校で作れません。

               つぼに水を入れて使いたいなと思いました。

               

               

               



              4月1週目の6年生の作文、ご紹介。

              0

                 4.1週の6年生の作文です。素晴らしい作文! 「さようなら××先生(××さん)」の課題で書きました。
                 年度の変わり目は別れの季節でもあります。そしてまた同時に出会いの季節でも。切ない気持ちがじょうずに表現できています。
                6年生の今学期の目標字数は600字ですが、それを大幅に超えて書きました。

                 では、菜の花ちゃん、どうぞ。


                「はあい」



                本当はあと1年いてほしかったけど…… 小6 菜の花


                「えっ、ウソでしょう?」
                 3月28日の朝刊を見て私はびっくりしました。もう今年度もあと少しで終わりで、3月28日の朝刊で転任、退職する先生が発表されます。その新聞には私が入っている陸上部の監督の先生の名前が載っていたのです。転任する学校は少し離れたところにある市内の中学校です。その先生は小学生から大学生まで陸上をやっていて、私の学校を市内2位まで強くしてくれました。

                 先生は3年前、他の市の中学校から来ました。いつも青のジャージを着ていて、身長は180僂30代。怒るとまるで鬼のように恐く、すごく大きい声で、他校でも有名でした。でも、たまに優しくてすごく面白いです。
                 市の大会では必ずラスト一周のベルを鳴らす係もやっていて、ラスト一周のときは
                「××ぬかせえ!」
                「イケー!」
                とすごく大きな声で言います。最初はびっくりしたけれど、だんだん慣れると気持ちが締まり、何だかパワーがわいてなぜか足が勝手に動くようなかんじで、前に進みます。そのおかげで私は2年間で千メートルが1分20秒も速くなり、この前の大会では5,6年生一緒の5位、学年では2位で学校記録を更新することができました。陸上部は秋にある市内陸上競技大会総合優勝を目指してきましたが、今年は惜しくも2位。私にとっては来年度が最後の市内陸上競技大会ですから、あと一年だけでいいから私の学校にいてほしかったのですが……。
                 小学校の辞校式の日、その先生に会いに卒業した中学生まで来ました。最後に先生がステージに立ち、
                「この学校で過ごした日々はすごく楽しかったです。でも1つだけ悔いがあります。それは市内陸上で総合優勝をさせてあげられなかったことです。私は他の中学校に行きます。卒業生の皆さんは次回、会うときはライバルですね。在校生の皆さん、今年こそ総合優勝してくださいね」
                と言いました。先生が生徒からもらった手紙は紙袋3つにも入らないほどたくさんありました。
                 後日、今年度の部活の最初の日、転任してしまった先生ほどこわくはありませんが、小学校から大学生まで陸上をやっていて陸上で元東北チャンピオンの先生が監督になりました。部活の初日だったので先生が次のように話してくれました。
                「このたすきを見てください。前はなかったはずの学校のマークがここに刺繍されています。これは前の監督の先生が自分のお金で刺繍を頼み、残していってくれました」
                それを聞いて私はびっくりしました。その他にも先生は足つぼ約10個とお守りを自分のお金で買い、この学校に置いてくれました。そのことを知り新チームで助け合いながら今年こそ絶対、総合優勝しようと思いました。別れがあるから出会いがある、前向きに出会いを大事にしていこうとも思いました。



                清書の例(感想文が独立した作文に)

                0

                   毎月、4週目は清書作文を書きます。その月に書いた3つの作文からいちばん良いものを選んで、作品としての完成度を高めます。

                   教室で書く作文には、身近なテーマで書く生活作文と、長文を読んで書く感想文があります。感想文を清書に選んだ場合は、第一段落目の要約をカットし、2段落目の体験実例から書き始めることになっています。

                   すると、書きあがった清書は感想文ではなく、独立した作文になります。ただし、もとはプロの作家が書いた文章をもとにした感想文ですから、それに引っ張られるように今の自分より一歩成長した視点で、もしくは、これまで考えたことのなかった視点から思考することができています。これこそが感想文を書くことの意義なのです。

                   感想文の清書の例をご紹介します。小学校6年生の女の子が書きました。もとは身近な自然の大切さについて書かれたエッセイへの感想文でした。それが、要約を割愛し、細部を整えることで、彼女自身の独立した作文に変わっています。

                   

                   学んだことを「ことわざの加工」というかたちでしっかりと表現することもできています。

                   

                  ではプリマちゃん、どうぞ〜。

                  「はあい」

                   


                  豊かな自然 小6 プリマ


                   私の学校には、舎校口へ入る前に坂道があります。その坂道の両側には大きな桜の木が何本も立っています。その木は春になるときれいなピンク色の桜が咲きます。そんな中、先週の金曜日に私たち6年生の卒業式がありました。その日、私が桜の花が咲いていないかと見に行くと、いちばん大きかった木にきれいなピンク色に染まっている桜が咲いていました。その桜はちらほらと咲いているのではなく満開に咲いていました。私は桜の花を見て、やっぱり自然はいいなあと思い、うっとりしてしまいました。まるでこの桜の木が私たちの卒業を祝ってくれているような気もちになりました。


                   柏の葉には私のおばあちゃんの家があります。おばあちゃんは花が好きで、庭以外にも花を飾ったりしています。だから、私は母の日におばあちゃんにも花をプレゼントします。私はおばあちゃんの家に遊びに行くとよく花の水やりを手伝ったりもします。私はそういうときもうっとりしてしまいます。花は人の心をうっとりさせたり、和やかにするという特殊な力があるのかなあとびっくりしてしまいました。


                   私は「花より団子」ということわざを思い出しました。「花より団子」の意味は外観より内容をとることですが、この話は全く逆の意味で、花は人の心を動かすことのできる力がある、素晴らしいものなのだなあと思いました。
                   自然は人と深く関係があるからこそ大切にし、身近な、小さな自然も大事に取り扱うことが大切だと思いました。
                   



                  予習シートを始めました。

                  0

                     

                    3年生以上の生徒さんを対象に予習シートを始めました。こういうのです▼

                     

                     

                     小学校3年生以上の作文、感想文には3段落目に必ず「前の話、聞いた話、調べた話」のどれかを書きます。作文や感想文の話題を広げるためです。

                     

                     たとえば、その日の課題が「春を見つけたこと」であれば、お父さん、お母さんにも春を見つけたことを聞いてきます。もしくは、道端で見つけた花の名前を調べてきます。感想文のテーマが「勇気を出したこと」であれば、おうちの人が勇気を出した体験実例を聞いてくる、もしくは、歴史に残る偉人が勇気を出して成し遂げたことを調べてくるということです。

                     

                     生徒のみなさんはそれらの材料をちゃんと用意して教室に来られますが、ときどき、固有名詞や数字があいまいなことがあります。そうすると、たとえば

                     

                     サケは一度に卵をたくさん産みます。

                     

                    というような漠然とした表現になってしまいます。これは文章としてはかなりもったいないことです。ところが、名前や数字をはっきりとさせ、

                     

                     シロザケは一度に3000個の卵を産みます。

                     

                    とするとどうでしょう。文章は正確になり、さらに思考を重ねていくことができます。名前や数字は文章を建設していく上で必須の材料なのです。

                     

                     そういえば(ぜんぜん関係ないですが(^^;)、以前、TBSのラジオ番組「ウィークエンドシャッフル」で出演者のしまおまほが名前、数字をはっきりさせない「ぼんやりした話」をするということで「ぼんやりいい話」というコーナーまででき、私はこれが大好きで欠かさず聞いていました。名前、数字をぼんやりさせることでここまでのエンターテイメントが仕上がるのかと感心しましたが、……作文や感想文ではやめた方が良さそうです。

                     

                     というわけで、毎週、「前の話、聞いた話、調べた話」をメモしてくる予習シートをお配りすることにしました。名前、数字を中心に材料のメモをしてきてください。翌週の課題についてはなるべく生徒さん本人や親御さんに説明するようにしていますが、長文についている解説も参考に予習シートでの準備をお願いいたします。



                    3月31日(土)の教室はお休みです

                    0

                      3月31日(土)は5週目のため教室はお休みです。



                      言葉の森ホームページ

                      柏の葉作文教室

                      2017年11月

                      2014年8月

                      無料体験(2回)実施中!!
                      〈場所〉千葉県柏市西柏台1-20-6
                      体験ご希望の方はご連絡ください。
                      ●メールが最も連絡がつきやすいです。
                      kayo.asaoka_a_gmail.com
                      _a_を@に変えてください。
                      ●自宅電話 04−7111−1255
                      ●携帯電話 080−4191−7434
                      筆記用具をお持ちになってください。
                      教室の概要等、詳しくはこちら

                      ☆教室生徒を対象に
                          読書感想文講座(8月のみ)
                          公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

                      ☆大学生・社会人を対象に
                          個別作文講座(通年)
                      毎週火曜。10:00〜18:00の間でご都合の良いお時間90分ほど。スカイプか電話にて。詳しくはこちら
                      大人になってからでも必ず書けるようになります。

                      イラスト出典:わんパグ
                      清書作文
                      教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
                      ホームページ作成
                      ☆お店や会社のHP作成、管理
                      その他、ブログ、フェイスブック、インスタグラムの記事作成、管理も。現在、Web全般の管理をさせてもらっている会社はこちら((株)木楽木工房)。地元中小企業歓迎。取材に伺います。連絡先は作文教室と同じです。

                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座