小4作文/課題「バスや電車に乗ったこと」

0

    ▲教室の窓の外の紅葉が先週より一段と進みました。

     

     小学校4年生のかめきち君(ペンネーム)が課題「バスや電車に乗ったこと」で作文を書きました。作文は書く材料を集めるのがとても大切です。課題と関連のある話を自分で探し、それをうまくつないで作文にしていきます。

     

     作文を書く前にかめきち君と書く内容を相談しました。

     

    「今日のテーマは“バスや電車に乗ったこと”。何か書けそうなことはあるかな?」

    「今日、この教室に来るのにバスを使ったよ」

    とかめきち君が言うので、じゃあ、まずそのことから書こうということになりました。

     

     今日、かめきち君とお母さんは乗るバスを間違えてしまったそうです。11月から教室の場所が変わったためです。間違って乗ったバスは、柏の葉公園近くまで来ますが「柏の葉公園中央」までは来ずに、途中で進路を変えて「県民プラザ」へ行ってしまいます。そこで、このあたりの地理がしっかり頭に入っていたかめきち君が、バスがいちばん柏の葉公園に近づくバス停を選び、そこで降りて、あとは歩いてきたそうです。柏の葉公園と県民プラザはすぐ近くですので、歩く距離も200mほどだったとのこと。とっさに機転を利かせたかめきち君、さすがです。作文には「お母さんは地理がよく分からないからぼくが案内しました」と誇らしげに書いていました。

     

     次に私が

    「かめきち君はバスが好きなの?」

    と聞くと、

    「僕は嫌いではないという程度だけれど、僕の友達は本当にバスが大好き」

    と言うので、今度は友達のことを書くことになりました。

     

     仮にその友達をN君としておきます。N君とかめきち君は同じクラスの同じ班です。給食の配膳が終わるまでの待ち時間にかめきち君はN君にクイズを出すそうです。クイズはフェラーリ好きのN君のためにフェラーリ関係のクイズが多いそうです。たとえば、

    「フェラーリの初代のエンジンは?」

    などと聞くそうです。かめきち君はその答えを知りません。それでも、N君は一生懸命、答えを考えます。

     

     結局、この時はどちらにも答えがわからなかったため(笑)、図書の時間に図書室にある車の本で調べたそうです。その時に借りた本の中にたまたまバスの項目があり、それを読んでいるうちに、N君はたちまちバスの魅力にはまってしまったとのことでした。面白い話です。

     

     答えも知らずにクイズを出すかめきち君がおもしろい。かめきち君が答えを知らないのを知っているのに答えを一生懸命考えようとしているN君もおもしろい。N君はきっとこういう機会もきっちり生かしてフェラーリの知識を深めようとしているのですね。貪欲な知識欲が垣間見えます。そのN君を助けるようにクイズを出すかめきち君。そんなかめきち君は友達思いです。かめきち君、とても材料を集めることができました♪

     

    ▼この日、かめきち君が書いた作文。

     



    11月9日(土)の作文教室は柏の葉公園、公園センター2階、会議室No.3

    0

      <お知らせ>11月から来年2月まで、受験シーズンのため、無料体験学習をお休みします。


       

       11月9日(土)の作文教室は柏の葉公園、公園センター2階、会議室No.3にて行います。また、教室開催中の浅岡へのご連絡は携帯への電話かショートメッセージでお願います。Lineやgmailは見られません。よろしくお願いいたします。

       



      【言葉の森アーカイブ記事】形だけ整えた書き方―ご意見に答えて

      0

         

         

        【言葉の森アーカイブ記事】では言葉の森のホームページから選りすぐりの記事を掲載します。当教室で言葉の森の教材を使用しているためです。

         

         今回はカテゴリー「作文の書き方」から「形だけ整えた書き方―ご意見に答えて」です。

         

         では、社長の中根先生お願いします。

         

         

         

         

        「ハイホー」

         

         

         

        形だけ整えた書き方―ご意見に答えて(言葉の森ホームページ記事2009/08/29)

         

         

        <記事冒頭>

         小5の保護者の方から、(表現項目の)「『まるで』とか『分かったこと』などを簡単に考えている」ようだというご意見がありました。 

         以下は、そのご意見に対してのお返事で、父母の広場に掲載したものです。  …(つづき) 

         

        にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
        にほんブログ村



        小1作文/課題「自由な題名」

        0

          <お知らせ>11月から来年2月まで、受験シーズンのため、無料体験学習をお休みします。


           

           小学校1年生のシナモンちゃんが動物園に行ったことを作文にしました。とてもかわいらしい内容の作文です。小1の作文は小1のときにしか書けません。あたりまえのことですが、小1の感性は小1のときにしかないのです。

           

           何年も子供たちの作文を見ていると、感受性が成長していく大きな流れのようなものを感じます。シナモンちゃんはこの後、どんどん違った目で世界を見て、新しい感じ方をしてゆくでしょう。このような成長はもちろん喜ばしいことですが、いちど成長すると元には戻れません。だからこそ、今感じたことを書き留めておくことは記念としても意味のあることだと思います。

           

           シナモンちゃんは物静かな、おとなしい女の子です。シナモンちゃんがその時、何を見て、何を感じ、どんな風に考えたのかはおそらく作文にしか残りません。大人になったときに、親ごさんやご本人が読み返してくれたらなあと思います。正確に書かれた作文ですから、きちんと小1のシナモンちゃんの感性が再現されるはずです。

           

           では、シナモンちゃんお願いします。

          「はあい」

           

           

          動物園 小1 シナモン

           9月15日にひたちかみな動物園というところに家族みんなで行きました。

           サルはおりの中にいました。7匹ぐらいいました。いちばん、おもしろかったのはサルが

          「ホー」

          と鳴いたことです。仲間に向かって

          「ホー」

          と鳴いていました。たぶん

          「早くこっちにきて」

          と言っています。

           いちばんかわいかったのはテンジクネズミのモルモットです。なでなでしました。ぜんぶで五匹いました。細長い箱の中にいました。触りたい人は飼育員さんに取ってもらいます。さわったらふわふわしていました。白と茶色です。白い体で茶色の模様です。モルモットはまるでぬいぐるみのようです。大きさはひざにのるくらいです。頭をなでました。おとなしかったです。かみませんでした。一匹もってかえりたいと思いました。動物園に行ったら楽しいなと思いました。

           



          本日のご報告ー今後、教室開催時の連絡は浅岡携帯(080-4118-7434)へ

          0

             県民プラザが突然に全館中止となった日から、3日目の今日、皆さんのご理解、ご協力を得て、無事、柏の葉公園で作文教室を開くことができました。ありがとうございました。駐車場が混んでいた時間帯があったため、すぐ近くまで来ていたのに引き返さざるを得なかった生徒さんが1人いて、後日、zoomでの振替になりましたが、それ以外の方には全員来ていただくことができました。

             

             駐車場は時間帯や開催イベントによってかなり混むようです。とくに、柏駅方面から柏の葉公園に向かう車線は、駐車場入りを待つ車が長く車道にはみ出して列を作ることがあります。こうなると駐車場に入ることすら容易ではありません。そういう場合は、そのまま駐車場を通り過ぎ(つまり、そのままがんセンター方面へ向かい)50m程するとバス停がありますので、そこでお子さんをおろしていただければ便利です。そのバス停が「柏の葉公園中央」になります。

             

             これまでと違う点はもう1つあります。それは私への連絡方法です。私はスマホを持っていないので、インターネットは施設のWiFiを利用していますが公園センターには常時利用できるWiFiがありません。そのため、今後の連絡は私の携帯電話(ガラケーです)への電話かSMS(ショートメッセージ)のみになります。教室当日のご連絡は浅岡携帯(080−4118−7434)へお願いします。Lineやメールは見られませんので、必ず電話番号へのご連絡でお願いします。私がスマホを持てばいいだけの話なのですが……、スマホは持たない主義なので、ご迷惑おかけします。すみません。教室の時間以外はLineもメールも通じていますので、ご利用しやすい手段でご連絡ください。

             

             ところで、今日はどのお子さんの作文も目を見張るほど上手でした。もしかしたら書く場所が変わったことがいい効果をもたらしたのかもしれません。また、教室の窓から見える風景もこんなふうに▼

             

            とても開放感があって清々(すがすが)しかったです。

             

            窓に寄ると紅葉がきれいに見えました。

            以前の県民プラザの多目的研修室には小さな小窓がついているだけで、それも、県民プラザの別棟と空が少し見える程度でしたので、窓に関して言えば柏の葉公園の方が各段にすばらしかったです。

             

             これから、この教室(公園センター2階)がメインになります。窓から見える四季の景色を楽しみながら、創造力を膨らませ、良い作文を書いていって欲しいなと思っています。もちろん、窓の外ばかり見ていたら作文は書けませんが。

             

            ▼窓の外を見ている子は誰もいません。みんな真剣( `ー´)ノエライ

             

             



            柏の葉作文教室概要

              柏の葉作文・小論文教室
              どんなお子さんも必ず上達。毎週の課題で作文力アップ! 
            11月から2月までは受講生の受験対策のため、無料体験学習はお休みします。
            (1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。

            【メール】kayo.asaoka@gmail.com 【電話】080-4118-7434、04-7111-1255

            【場所】柏の葉公園、公園センター会議室もしくはコミュニティ体育館会議室 柏市柏の葉4-1 部屋はこちらから確認できます。
            【開催日】1〜4週の各土曜日(月4回)、9:00-12:30 13:30-17:00 ご都合のつく60〜90分)
            【対象】小学生から社会人まで
            【費用】4000円/月(通信と社会人は4500円/月)
            その他、詳細 社会人作文教室、詳細
            *欠席の場合の振り替え授業あり。
            profilephoto
            浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴17年/プロフィール


            授業風景(柏の葉公園、公園センター2階、2019年11月)


            公園センター


            お迎えの待ち合わせ場所
            (公園センター1階、図書コーナー)


            柏の葉公園マップ

            =======================

            その他、詳細はこちら

            =======================

            ☆教室生徒を対象に
                読書感想文講座(8月のみ)
                公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

            イラスト出典:わんパグ
            言葉の森HP記事
            作文、国語、教育に関する記事が毎日、更新されます。 言葉の森ホームページ


            ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
            ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
            Zoom教室
            通信生、振り替え授業用
            Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。お分かりになりにくい時はお電話ください。
            ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00(1-4週)
            ・振替の日時が決まりましたら、電話(080−4118−7434)、メール(kayo.asaoka@gmail.com)、Lineにてご予約ください。直前の場合は電話でお願いします。
            ・5週目はお休みです。
            ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
            清書作文
            教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
            表示の切り替え
            スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
            最新記事
            カテゴリー別記事
            過去の記事
            コメント
            プロフィール
            ブログ内を検索
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座