小4作文/課題「バスや電車に乗ったこと」

0

    ▲教室の窓の外の紅葉が先週より一段と進みました。

     

     小学校4年生のかめきち君(ペンネーム)が課題「バスや電車に乗ったこと」で作文を書きました。作文は書く材料を集めるのがとても大切です。課題と関連のある話を自分で探し、それをうまくつないで作文にしていきます。

     

     作文を書く前にかめきち君と書く内容を相談しました。

     

    「今日のテーマは“バスや電車に乗ったこと”。何か書けそうなことはあるかな?」

    と尋ねると

    「今日、この教室に来るのにバスを使ったよ」

    とのことでしたので、じゃあ、まずそのことから書こうということになりました。

     

     今日、かめきち君とお母さんはうっかりして乗るバスを間違えてしまったそうです。11月から教室の場所が変わったためです。間違って乗ったバスは、柏の葉公園近くまで来ますが「柏の葉公園中央」までは来ずに、途中で進路を変えて以前の作文教室の場所「県民プラザ」へ行ってしまいます。そこで、このあたりの地理がしっかり頭に入っていたかめきち君が、バスがいちばん柏の葉公園に近づくバス停を選び、そこで降りて、あとは歩いてきたそうです。柏の葉公園と県民プラザはすぐ近くですので、歩く距離も200mほどだったとのこと。とっさに機転を利かせたかめきち君、さすがです。作文には「お母さんは地理がよく分からないからぼくが案内しました」と誇らしげに書いていました。

     

     次に私が

    「かめきち君はバスが好きなの?」

    と聞くと、

    「僕は嫌いではないという程度だけれど、僕の友達は本当にバスが大好き」

    と言うので、今度は友達のことを書くことになりました。

     

     仮にその友達をN君としておきます。N君とかめきち君は同じクラスの同じ班です。給食の配膳が終わるまでの待ち時間にかめきち君はN君にクイズを出すそうです。クイズはフェラーリ好きのN君のためにフェラーリ関係のクイズが多いそうです。たとえば、

    「フェラーリの初代のエンジンは?」

    などと聞くそうです。かめきち君はその答えを知りません。それでも、N君は一生懸命、答えを考えます。

     

     結局、この時はどちらにも答えがわからなかったため(笑)、図書の時間に図書室にある車の本で調べたそうです。その時に借りた本の中にたまたまバスの項目があり、それを読んでいるうちに、N君はたちまちバスの魅力にはまってしまったとのことでした。面白い話です。

     

     答えも知らずにクイズを出すかめきち君がおもしろい。かめきち君が答えを知らないのを知っているのに答えを一生懸命考えようとしているN君もおもしろい。N君はきっとこういう機会もきっちり生かしてフェラーリの知識を深めようとしているのですね。貪欲な知識欲が垣間見えます。そのN君を助けるようにクイズを出すかめきち君。そんなかめきち君は友達思いです。かめきち君、とてもいい題材を見つけることができました♪

     

    ▼この日、かめきち君が書いた作文。

     



    【おうちの方へ】作文の準備のお手伝いをお願いします

    0

       

      おうちの方へ


       明日は作文教室です。作文で何よりも大切なのは題材を集めること。おうちの方の体験談は子どもたちの作文を何倍も読みごたえのある作品にします。

       各学年の課題と題材集めのヒントを記しますのでぜひ、一度、お子さんとお話になってください。楽しい話、おもしろい話を中心に(もちろん真面目な話でもいいです)、お子さんと準備をお願いします。

       

      【小学校1、2年生】

       自由な題名です。書けそうなことをひとつ決めて教室に来てください。おうちの方はテーマを探すお手伝いです。おもしろかったこと、おいしかったことなど楽しい話題から探すといいです。

       

      【小学校3年生】

       今のところ、該当者はいません。

       

      【小学校4年生】

       ことわざ「ミイラ取りがミイラになる」を読んで感想文を書きます。子どもの頃、テレビを見ている弟や妹を呼びに行ったはずなのに自分もいっしょに見ちゃった、日曜の朝、お父さんを起こしに行って一緒に寝ちゃったというような経験をお子さんに話してあげてください。

       

      【小学校5年生】

       不必要なものを見極め、捨てることの大切さについて書かれた長文を読んで感想文を書きます。年度の変わり目に不要なものをどっさり捨ててすっきりした話、いつか必要になるかもと取っておいた物で引き出しがいっぱいになってしまった話、断捨離にはまって大事なものまで捨ててしまったことなど、お母さんは片付け魔であることなど、話してあげてください。

       

      【小学校6年生】

       読書の楽しさについて書かれた長文を読み感想文を書きます。感動した本のこと、電車で夢中になって読んでいたら駅を乗り過ごしてしまったこと、映画を見た後、原作本を読み同じ物語を2倍楽しめたこと、だれかと本の感想を共有できた体験などなど、ご自分の読書体験を話してあげてください。お子さんに絵本の読み聞かせをしたことが楽しい読書体験だったというのもいいですね。

       

       中学生以上は自分の体験実例と社会実例、昔話実例、データ実例などが中心になります。各自で準備します。



      柏の葉作文教室

      千葉県柏市柏の葉4-1 柏の葉公園にて。部屋はこちらから確認できます。
      【日時】毎週土曜日9:00-17:00 1回所要時間60-90分
      【対象】小、中、高校生
      【連絡先】kayo.asaoka@gmail.com
      080-4118-7434(浅岡)
      教室詳細はこちら
      無料体験学習2回お申込みはこちら受験指導のため2月末まで無料体験学習をお休みしています。

      作文指導の目的
      作文指導の目的は、言葉を用いて明快に表現したり伝達したりする力をつけることである。つまりは、言葉を通じてよりよく考える力を養うことである。文部科学省定義
      柏の葉作文Zoom教室
      振替授業、通信授業用Zoom教室…クリックして入室してください。

      月〜金16:30〜18:00(5週目休み)
      Zoomは無料のWeb会議アプリです。パソコン、スマホ、タブレットから利用できます。
      Zoom授業詳細

      言葉の森
      柏の葉作文教室は言葉の森の教材を使用しています。 言葉の森ホームページでは作文、国語、教育に関する記事が毎日、更新されます。

      スマホ表示へ切り替え
      スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
      最新記事
      カテゴリー別記事
      過去の記事
      コメント
      プロフィール
      ブログ内を検索
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座