もしも北上次郎×大森望『読むのが怖い!』で『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』が評論されたら……

0

     

     言葉の森・代表、中根先生の本『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』(すばる舎)が発売されました。

     Amazonで予約していたので、発売と同時に到着です。Amazonでの売り上げは好調で、家庭教育部門で1、2位を争っているとか。

     教室に通っている方でご興味ある方にはお貸ししますのでお声がけください。

     購入されたい方はこちら(Amazon)から。

     

     「勉強」とはありますが、子供の真の勉強とは読書であり、遊びであるという内容です。他にも子育てに役立つ考え方がいっぱい。言葉の森の子育て論には私自身もずいぶん学ばせていただきました。やっと本になって嬉しいです。

     子どもたちへのおすすめの本のページも充実しています。

     

     ところで、本と言えば私は北上次郎と大森望が対話形式で書評をしていく『読むのが怖い!』シリーズが好きでよく読み返します。2人の会話のかみ合いっぷりが半端なく、読んでいて心地よいからです。それはまるで、おもちゃの積み木が1つ1つ組み合わされされ、お城なり、ビルなり、町なりが出来上がり、ふうんと眺めて、はい、次の建物、と進んでいくような感じ。そのいちいち立ち上がる立体感が楽しく、評論されるどの本もおもしろそうに見えてくるから不思議です。

     先日、同書で紹介されていた中島京子『平成大家族』を読みました。そんなに高い評価ではなかったのですが、これは私の好みに合いそうだなあというヒントをいくつも対話の中に残してくれるので買ってみたのでした。とても面白かったです。

     いつか、中根社長の本も書評されるといいなあ。北上次郎はどうやってボケるか、大森望はどんなツッコミを入れるのでしょうか。多分、こんな感じです。

    ↓ ↓ ↓

     

    もしも北上次郎×大森望『読むのが怖い!』で『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』が取り上げられたら……、

     

    北上「これはね、理想ですね」

    大森「え、そうなんですか。僕は北上さんなら“何当たり前のこと書いてんだ”って言うと思ってましたよ」

    北上「いやいや、だってできないじゃん、こんなこと。ゲームやらyoutubeやらが身近にあってしかも超絶面白い時代に読書なんて。しかも、虫を取ったり植物を観察したり自然を満喫しなさいってある」

    大森「どれも大切なことでしょう(笑)」

    北上「そうそう、それは分かるんだけどね。なかなか難しいよ、これ。だから理想だっての」

    大森「理想にすぎない、と」

    北上「うん。もうね、子供なんて放っておけば育つんですよ。面白いことを見つけるの、天才的なんだから」

    大森「それじゃあ、ダメですよ。コミュ障でゲームおたばっかり育っちゃう。子供は手間ひまかけて育てなくちゃいけないんです。北上さん自身だって相当、手間がかかったクチなんじゃないですか(笑) それに子どもたちに本を読んでもらわなくちゃ僕たち仕事がなくなっちゃいますよ。この本読んで、どんどん読書してもらいましょう

    北上「ま、そりゃ、そうなんだけどね。いやあ、今の子育てってたいへんそう」

    大森「意外と理想に燃えて子育てしそうでもありますけどね、北上さんは」

    おしまいです…。

     

    ほんものの『読むのが怖い』はこちら(Amazon)です。

     



    優しい人もいたもんだ

    0

       先日、車で信号待ちをしていたとき、後ろから走ってきた郵便局のバイクがすーっと助手席側に止まりました。見ると窓の向こう側からこちらに向かって、郵便局員のおっちゃんが身振り手振りで口をパクパク。すご〜くびっくりして窓を開けると、

      「助手席のドアが半ドアですよ!」

      なんと。助手席にはしんのすけ君が乗っています。局員さんすかさず、

      「閉めなおしてあげましょうか?」

      と言うのでお願いすると、バタンとドアを閉めなおして、

      「じゃ(^^)/」

      と走り去っていきました。ちょうど信号は青。一瞬のできごとでした。

       しんのすけ君が乗ったまま途中でドアが開いちゃったりしたら本当にたいへんなことでした。優しい人もいたものです。

       車に乗ってるとときどきそういう親切な人がいます(もちろん、めちゃイラチな人もいるけれど)。そういうときは「優しい人もいるもんだ」と私は心の中で思います。

       

       以前、友人の運転する車に乗っていたら、見知らぬドライバーがしてくれた親切に、友人が

      「やさしい人もいたもんだ」

      とつぶやいてました。私とおんなじこと言うんだな〜。

       

       ところで、モモコちゃんによると、モモコちゃんは小さいころ、走行中の車のドアを開けてみたくてたまらない衝動に何度も駆られたそうです。手をかけたらそれは簡単に開く、開けてみたいと強く願いつつ、なんとか自制したのだとか。ヘンなこと考えるものですねえ、子どもって。

       今回、出発したときは半ドアではなかったはずなので、もしかして、しんのすけくん、それやっちゃったのかなあ、と思いました。危ないなあ〜。おっちゃん、閉めなおしてくれてホンマありがとう(^^)/

       

       

       



      スターを目指せ

      0

         

         まどかちゃん(高2)の水球の応援に行ってきました。新人戦でした。まどかちゃんは後半に入ってから交代選手として試合に参加。相手チームのボールをうまくカットし、シュートも打ちました。入らなかったけれど。。

         高校から水球を始めたまどかちゃんは、やはり中学からやっている子にはなかなかかないません。でも、最近、ぐっと泳力が上がったようで、試合でもしっかり戦力になっているのが分かりました。

         

         他のお母さんたちに

        「まどかちゃん、泳ぐのが速くなった! よくがんばった!」

        「最初は顔を水面から出しているのがやっとだったのに、今はほかの選手と変わらない!」

        といっぱい褒められました。成長を見守ってくれてるんだなあ(私は今回初めて見に行ったのですが)。そして、まどかちゃんはよくがんばったんだなあ。

         

         二の腕の筋肉をしんのすけ君に自慢し、腹筋が割れたと喜ぶ変な女子高生で、勉強もあんまりしている様子がないんだけれど、スター目指してがんばっておくれ。

         



        作文教室のあとに

        0

           

           

          柏の葉公園のセミの声もだいぶ弱まりました。

          大量のセミが塊になって鳴いていた真夏とは違い、

          一匹、一匹の声が識別できます。

           

          ああ、これが「残る蝉」(秋の季語)としみじみ思っているとなり

          しんのすけくんがセミの物まねを始めました。

           

          ウィヤオ〜〜ン

          ウィヤオ〜〜ン

           

          に、にてる!

           

          母音、半母音をおりまぜて喉を震わせながら悦に入って鳴いているしんのすけ君。

          蝉は「ミーンミーン」と鳴くわけではないのですね。

          「残る蝉」らしく、最後は弱々しく結ぶことも忘れなかったしんのすけ君でした。

          できる男!

           

          そういえば、私も子どものころ、ウシガエルの物まねが上手で、

          「テレビに出演してくださいって頼まれるほどうまい」

          と家の人に褒められて、本当にそんな依頼があったときのために

          密かに練習したことがあったのでした(笑)

           

          おしまい(^^)/



          夏休みが終わった!

          0

             

             

             夏休みが終わった! 子どもたちはそれぞれ小学校、中学校、高校へ行きました。家の中がし〜んとしています。久々の心地よい静寂。

             今年は次女のモモコちゃんが受験生なので、ずっと家にいました。静かに勉強しているように思えることもあり(寝てることが多かったけど)、家じゅうに響く大きな声で歌っているときもありました。しょっちゅう歌っているので家のどこにいるのかすぐに分かりました。いつ寝てるか、いや、いつ勉強しているのかもよく分かりました。

             

             モモコちゃんが気に入って歌う曲はテイラー・スウィフトです。階段を上りながら、シャワーを浴びながら、部屋を片付けながら大声で気持ちよさそうに歌っています。歌詞を忘れても決してひるみません。即興で適当に歌詞を作って歌っています。私は元の歌詞を知らないので気づきませんでしたが、長女のまどかちゃんによると、

             

            「歌詞がめちゃめちゃ」

             

            だそうです。それにしても、窓を開け放った密集住宅地でよくあんな大声で歌えるなあ、と感心します。

             

             どのくらい密集しているかというと、隣の家の電話が自分の家の電話に聞こえるくらい(笑) うちで鳴ってると思って、

            「だれか電話取って〜!」

            と叫んだら、隣の家の人が取ったので恥ずかしく思ったこともありました。ちなみに、隣はおじいさんの1人暮らし。最近、夕暮れ時になると「星に願いを」のオルゴールを鳴らしてひとりじっと聞きいってます。こんなもの悲しい「星に願いを」は聞いたことがない、としんみりしてしまいます(T_T)

             

             話がそれましたが、、

             

             まあ、とにかく、うちはそのくらい隣と近いのですが、モモコちゃんはそういうのは全く気にせず、歌います。何考えてんでしょうか。。

             

             そういえば映画「ヤングジェネレーション」でも、イタリアかぶれした自転車乗りの男の子が、家中に響き渡る声でイタリア語の歌を、おいおい、どないしてんっていうくらい開放的に歌いまくるシーンがありました。若いってこういうことを言うのかもしれませんねえ。

             

             というようなことをシーンとした家の中で考えたのでした。いやあ、静かっていいですねえ。

             

             ぜんぜん関係ないですが、夏の間は外が暑すぎたので、エアコンの効いた部屋で子どもたちと何度かラジオ体操をしました。いやあ、いい運動になりました(^^)/ホンマカイナ

             

             

             

             

             

             



            柏の葉作文教室概要

              柏の葉作文・小論文教室
              どんなお子さんも必ず上達。毎週の課題で作文力アップ! 
            11月から2月までは受講生の受験対策のため、無料体験学習はお休みします。
            (1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。

            【メール】kayo.asaoka@gmail.com 【電話】080-4118-7434、04-7111-1255

            【場所】柏の葉公園、公園センター会議室もしくはコミュニティ体育館会議室 柏市柏の葉4-1 部屋はこちらから確認できます。
            【開催日】1〜4週の各土曜日(月4回)、9:00-12:30 13:30-17:00 ご都合のつく60〜90分)
            【対象】小学生から社会人まで
            【費用】4000円/月(通信と社会人は4500円/月)
            その他、詳細 社会人作文教室、詳細
            *欠席の場合の振り替え授業あり。
            profilephoto
            浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴17年/プロフィール


            授業風景(柏の葉公園、公園センター2階、2019年11月)


            公園センター


            お迎えの待ち合わせ場所
            (公園センター1階、図書コーナー)


            柏の葉公園マップ

            =======================

            その他、詳細はこちら

            =======================

            ☆教室生徒を対象に
                読書感想文講座(8月のみ)
                公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

            イラスト出典:わんパグ
            言葉の森HP記事
            作文、国語、教育に関する記事が毎日、更新されます。 言葉の森ホームページ


            ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
            ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
            Zoom教室
            通信生、振り替え授業用
            Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。お分かりになりにくい時はお電話ください。
            ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00(1-4週)
            ・振替の日時が決まりましたら、電話(080−4118−7434)、メール(kayo.asaoka@gmail.com)、Lineにてご予約ください。直前の場合は電話でお願いします。
            ・5週目はお休みです。
            ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
            清書作文
            教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
            表示の切り替え
            スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
            最新記事
            カテゴリー別記事
            過去の記事
            コメント
            プロフィール
            ブログ内を検索
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座