4月1週目の6年生の作文、ご紹介。

0

     4.1週の6年生の作文です。素晴らしい作文! 「さようなら××先生(××さん)」の課題で書きました。
     年度の変わり目は別れの季節でもあります。そしてまた同時に出会いの季節でも。切ない気持ちがじょうずに表現できています。
    6年生の今学期の目標字数は600字ですが、それを大幅に超えて書きました。

     では、菜の花ちゃん、どうぞ。


    「はあい」



    本当はあと1年いてほしかったけど…… 小6 菜の花


    「えっ、ウソでしょう?」
     3月28日の朝刊を見て私はびっくりしました。もう今年度もあと少しで終わりで、3月28日の朝刊で転任、退職する先生が発表されます。その新聞には私が入っている陸上部の監督の先生の名前が載っていたのです。転任する学校は少し離れたところにある市内の中学校です。その先生は小学生から大学生まで陸上をやっていて、私の学校を市内2位まで強くしてくれました。

     先生は3年前、他の市の中学校から来ました。いつも青のジャージを着ていて、身長は180僂30代。怒るとまるで鬼のように恐く、すごく大きい声で、他校でも有名でした。でも、たまに優しくてすごく面白いです。
     市の大会では必ずラスト一周のベルを鳴らす係もやっていて、ラスト一周のときは
    「××ぬかせえ!」
    「イケー!」
    とすごく大きな声で言います。最初はびっくりしたけれど、だんだん慣れると気持ちが締まり、何だかパワーがわいてなぜか足が勝手に動くようなかんじで、前に進みます。そのおかげで私は2年間で千メートルが1分20秒も速くなり、この前の大会では5,6年生一緒の5位、学年では2位で学校記録を更新することができました。陸上部は秋にある市内陸上競技大会総合優勝を目指してきましたが、今年は惜しくも2位。私にとっては来年度が最後の市内陸上競技大会ですから、あと一年だけでいいから私の学校にいてほしかったのですが……。
     小学校の辞校式の日、その先生に会いに卒業した中学生まで来ました。最後に先生がステージに立ち、
    「この学校で過ごした日々はすごく楽しかったです。でも1つだけ悔いがあります。それは市内陸上で総合優勝をさせてあげられなかったことです。私は他の中学校に行きます。卒業生の皆さんは次回、会うときはライバルですね。在校生の皆さん、今年こそ総合優勝してくださいね」
    と言いました。先生が生徒からもらった手紙は紙袋3つにも入らないほどたくさんありました。
     後日、今年度の部活の最初の日、転任してしまった先生ほどこわくはありませんが、小学校から大学生まで陸上をやっていて陸上で元東北チャンピオンの先生が監督になりました。部活の初日だったので先生が次のように話してくれました。
    「このたすきを見てください。前はなかったはずの学校のマークがここに刺繍されています。これは前の監督の先生が自分のお金で刺繍を頼み、残していってくれました」
    それを聞いて私はびっくりしました。その他にも先生は足つぼ約10個とお守りを自分のお金で買い、この学校に置いてくれました。そのことを知り新チームで助け合いながら今年こそ絶対、総合優勝しようと思いました。別れがあるから出会いがある、前向きに出会いを大事にしていこうとも思いました。



    清書の例(感想文が独立した作文に)

    0

       毎月、4週目は清書作文を書きます。その月に書いた3つの作文からいちばん良いものを選んで、作品としての完成度を高めます。

       教室で書く作文には、身近なテーマで書く生活作文と、長文を読んで書く感想文があります。感想文を清書に選んだ場合は、第一段落目の要約をカットし、2段落目の体験実例から書き始めることになっています。

       すると、書きあがった清書は感想文ではなく、独立した作文になります。ただし、もとはプロの作家が書いた文章をもとにした感想文ですから、それに引っ張られるように今の自分より一歩成長した視点で、もしくは、これまで考えたことのなかった視点から思考することができています。これこそが感想文を書くことの意義なのです。

       感想文の清書の例をご紹介します。小学校6年生の女の子が書きました。もとは身近な自然の大切さについて書かれたエッセイへの感想文でした。それが、要約を割愛し、細部を整えることで、彼女自身の独立した作文に変わっています。

       

       学んだことを「ことわざの加工」というかたちでしっかりと表現することもできています。

       

      ではプリマちゃん、どうぞ〜。

      「はあい」

       


      豊かな自然 小6 プリマ


       私の学校には、舎校口へ入る前に坂道があります。その坂道の両側には大きな桜の木が何本も立っています。その木は春になるときれいなピンク色の桜が咲きます。そんな中、先週の金曜日に私たち6年生の卒業式がありました。その日、私が桜の花が咲いていないかと見に行くと、いちばん大きかった木にきれいなピンク色に染まっている桜が咲いていました。その桜はちらほらと咲いているのではなく満開に咲いていました。私は桜の花を見て、やっぱり自然はいいなあと思い、うっとりしてしまいました。まるでこの桜の木が私たちの卒業を祝ってくれているような気もちになりました。


       柏の葉には私のおばあちゃんの家があります。おばあちゃんは花が好きで、庭以外にも花を飾ったりしています。だから、私は母の日におばあちゃんにも花をプレゼントします。私はおばあちゃんの家に遊びに行くとよく花の水やりを手伝ったりもします。私はそういうときもうっとりしてしまいます。花は人の心をうっとりさせたり、和やかにするという特殊な力があるのかなあとびっくりしてしまいました。


       私は「花より団子」ということわざを思い出しました。「花より団子」の意味は外観より内容をとることですが、この話は全く逆の意味で、花は人の心を動かすことのできる力がある、素晴らしいものなのだなあと思いました。
       自然は人と深く関係があるからこそ大切にし、身近な、小さな自然も大事に取り扱うことが大切だと思いました。
       



      初めての感想文。大事なことは書く材料を準備すること。

      0

         

         入会第1回目で感想文を書いたイチゴちゃん(小4)の作文をご紹介します。ハエの生態について書かれた長文の感想文です。

         

         長文にはハエが大量の卵を産むこと、世代交代が早いこと、それらのメリット、人間とは全く違う身体能力を持っていることなどが書かれています。いまはハエの季節ではなく、そもそもハエの季節でも身近にハエはあまり見なくなりましたので、かなり書きにくい話題となっています。いちばん最初からこんな難問に当たってしまったイチゴちゃん、ちょっと気の毒(/_;)

         

         でも、イチゴちゃんは説明をしっかり聞いて、充分な材料を集め、すばらしい感想文を書くことができました。ここでご紹介します。

         大事なことは書く材料を集めてくることです。豊富な語彙でも、うまい言い回しでも、なめらかな接続句でも、複雑な思考でもありません。それらは後からついてくるものです。最初に必要なのは、とにかく、材料の準備をすること。これに尽きます。

         

         では、イチゴちゃんどうぞ〜(今日は赤字の解説つきです)

        「はあい」

         

         

        人とイエバエの対比(感) 小4 イチゴ

         

         (1段落目は長文の要約です。1200字ほどの長文を160字にしました)ハエは200〜300個の卵を産みます。死んでしまう子どもが多いからです。この死んだ子どもは卵であれ必ずほかの動物か植物の役に立っています。ハエのすばらしさはスピードの調節の見事さです。相当な速さで飛んできたハエはそのまま速さを変えずにぴたりと壁に止まります。

         

         (ここから似た話の1つめ。ハエが大量の卵を産むことから連想される話を書きました)私はハエの赤ちゃんの死骸は見たことがありませんが、アリが虫の死骸を運んでいるのを見たことがあります。場所は私が住んでいる近くの公園の砂場です。アリが死骸を運んでいるのを見ました。

         

         (ここから似た話の2つ目。ハエと人間の運動能力に関することから連想される話を書きました)ハエは助走なしで速いスピードで飛ぶことができますが、人はそうはいきません。この間、学校の体育で200m走を計ったとき助走なしでは走れませんでした。

         

         (ここから似た話の3つ目。おばあちゃんから「聞いた話」を書きました)おばあちゃんから聞いた話です。おばあちゃんの時代のトイレはぼっとんトイレといい水が流れないトイレで、下に大きな穴があいています。その穴の中には5日前のトイレがたまっていてとても臭いです。あと、その中にはハエの卵からかえったウジ虫がいるそうです。

         

         (まとめの段落です。思ったことや分かったことを書きます)思ったことはハエが壁にひっついているときは足にすごい力を入れて踏ん張っているか、磁石みたいなのでぴたっとくっついているかではないかということです。ハエと人間を比べるとハエは助走を使わないで走れるからすごいと思いました。

         

        パチパチパチー。はい、どうもありがとう(^^)/

         

         イチゴちゃんは材料を集めるコツを掴んでいます。材料を揃えたことで感想文の骨格ができあがっているので、この後、イチゴちゃんは確実に実力を伸ばしていくでしょう。

         それは具体的には、

         

        1、似た話1、似た話2の体験実例がもっと詳しく書けるようになる。実例がくわしく書けるとまとめ部分の説得力が増します。

        2、アリが運んでいた虫の死骸から、生態系についての考察をするなど、深い理解を示せるようになる。

        3、おばあちゃんの話から時代の移り変わりという大きなスケールで考えられるようになる。

        4、結びの思ったことにことわざや名言を加えて一般化することができるようになる。

        5、ハエが助走する場面を想像できるようになる(冗談です)

         

        などです。そして、どんな課題を与えられてもさっとそれらが書けるように、これからの「書き慣れる」という練習が必要になってくるのです。これから、イチゴちゃんと一緒にがんばります(^^)/



        2月4週、コンテスト作文。3月1週、ターボくん(小3)の作文。

        0

          ▲「おいしい記憶」コンテストのキャラクター「なあにちゃん」

           

           3月4週目は清書の週ですが、ちょうど「おいしい記憶」作文コンテストの案内が教室に届いていたので、こちらに取り組む生徒さんもいました。

           

           いつもは全体の構成や入れるべき項目にそって作文や感想文を書きますが、この日はまったく自由に、事前指導なしで書きました。作文が書けないから、と入ってきた生徒さんもすらすらと自由に長い作文を書いていたことに驚きました。何より、以前は作文が不得意だと言っていた子が自ら清書作文ではなくコンテスト作文を選び、自分でテーマを決め、材料を集め、作文に集中して取り組む姿を目の当たりにしてとても嬉しかったです。また、こういう機会があれば取り組んでいきたいと思います。

           

           次に、2月1週の小3のターボくんの作文をご紹介します。この日の課題は「私が生まれたとき」もしくは「すきな番組」でした。ターボくんが選んだのは「私が生まれたとき」。お母さんに自分が生まれたときのことをいろいろ聞いてきてくれました。お母さんが生まれたてのターボくんを心から愛おしいと思ってらした様子がとてもよく伝わってきます。では、ターボくんどうぞ〜。

           

          「はあい」

           

           

          生まれたときの赤ちゃん 小3 ターボ

           

           ぼくは8月6日にA病院で生まれました。生まれたときの身長は50僂阿蕕い任靴拭自分でそのころの写真を見たら今でも懐かしいなと思います。今の身長に比べてすごく小さいです。お母さんが僕を生むときの写真もありました。お腹から血が出ていました。僕はたいへんだったんだなと思いました。

           新生児室に入っていたときは一人だけ大泣きしていたそうです。他の子はもう泣き止んでいたそうです。お母さんはそれを見てかわいいなと思いました。お母さんは

          「早く家に帰ってよく見たい」

          と思ったそうです。まだガラスの外からしか見られなかったから、ガラスの外からじっくり見ていました。他の赤ちゃんの中でもいちばんかわいかったと言っていました。それでずっと見ていたそうです。

           お父さんが大きくぼくの名前を書いていました。なぜかと言うと他の子と混ざっちゃうとたいへんだからです。お母さんはちゃんと生まれたから思わず泣いてしまいました。看護師さんに

          「この赤ちゃんは家に帰ってもずっと泣きそうですね」

          と取り繕って言ったそうです。その後、家に帰って僕を大切に育ててくれました。僕は抱っこをすると泣き止む子でした。

           僕は赤ちゃんを産むのってとても大変だなと思いました。

          (読みやすいようかなを漢字に直してあります)



          2月3週目、小学校3年生の感想文のご紹介

          0

             2月3週目の小学校3年生の感想文をご紹介します。

             

             感想文のもとになる長文は少し難しめ。細菌学者のパストゥールが免疫のしくみを解明し、予防接種を作ることに成功したときのことです。難しい言葉や生物学の内容が出てきますが、1週間毎日の音読で理解は深まります。また、家の人への取材や自分で調べたことを書くことで内容が広がります。

             

             3年生のいまの目標字数は600字。実はこの2人は600字に足りていませんが、1週間、難読に取り組み、テーマに沿った体験実例を探し、家の人に取材をする取り組みをしました。この目に見えない勉強こそが大切。このような勉強の積み重ねが読解力、思考力を養います。感想文は短めでも、2人ともしっかり準備をしてきました。書いていた時間は正味で30分ほどでした。

             

             では、ヒロくん、サナピッピくん、どうぞ〜。

             

            「はーい」

             

             

             

            とっておいてよかった 小3 ヒロ
             この話を読んでいちばん心に残ったのはパストゥールが取っておたコレラ菌をニワトリに注射して予防接種を発見できたことです。
             ぼくも同じような経験があります。ぼくは算数のノートを使い終わったときに捨てずにとっておきました。そしたら次の日の学校の算数のプリントの宿題が分からなかったとき算数のノートを見て分かりました。
             お母さんはぼくの保育園のとき使っていた布団を捨てずに椅子のマットとして使っています。毛布は車のひざ掛けとして使っています。どうしてかというと愛着があったからと言っていました。
             何でもポイポイ捨てるのはよくないと思いました。


            不思議なワクチン サナピッピ
             ぼくがいちばんすごいと思ったことはパスツールがワクチンを発見したことです。
             ぼくはインフルエンザのワクチンを打ってインフルエンザになり、インフルエンザのワクチンを打たなくて感染しませんでした。それが何回か続いたので、去年、インフルエンザのワクチンをしない方がいいとお母さんは思い、ワクチンをしなかったらインフルエンザにかかりました。ぼくはインフルエンザワクチンに相当、嫌われていると思います。
             インフルエンザのワクチンは弱ったインフルエンザ菌を入れることです。そして、それに抵抗する抗体を人間の体が作ります。ワクチンは昔の人々の努力でできた成果なんだと思いました。

             


             



            2月2週、小5と小6の感想文

            0

               今日は2月2週目の5、6年生の感想文をご紹介します。5,6年生は毎月、2週目と3週目が感想文となっています。1週間毎日、家で音読した長文の感想文を教室で書きます。

               まず最初に5年生のエイタくん。課題長文は深海魚を人工的に飼育することの難しさについてでした。

               

               1段落目は長文の要約を書き、2段落目、3段落目に長文のテーマとにた話をひとつずつ自分で探して書きます。エイタくんは調べた話を2つ用意しました。人工的に養殖するのが難しいうなぎと、栽培するのが難しいトリュフ。どちらも人間が育てるのが難しいという意味で、深海魚とよく似た存在です。4段落目に「分かった」という言葉を使って全体を大きくまとめます。

               ではエイタくんどうぞ〜。


              「はーい」

               


              (バレンタインらしく^^)


              人工で育てることのむずかしさ 小5 エイタ

               深海生物のほとんどが水族館では飼えないでいる。東海大学海洋博物館では生きた化石と言われるラブカを中心に深海魚の飼育に挑戦してきた。しかし、10日程度は生かし続けることはできるがすぐに死んでしまう。深海に棲んでいるため、環境の変化に弱く、体がもろくてこわれやすいという理由が大きいようだ。
               うなぎの養殖が難しいのはうなぎの幼体であるレプトケファルスの食べるエサが分からなったためだ。時間がかかっていたがようやく、食べるのがアブラツノザメの卵だと分かった。しかし、簡単に生産できるものに代用をしないとうなぎの養殖はできない。うなぎの養殖にはまだ時間がかかるだろうなと思った。まるで限定品のようにレアな食べ物だなと思う。
               日本でトリュフを栽培するにはヨーロッパで行なわれているトリュフの栽培方法を使うしかない。これは苗木に菌を感染させて栽培するが、ヨーロッパと比べて発生環境が違うため日本では行われない。感染苗木を作ることができればトリュフを日本で栽培するのに少し近づくと思う。
               人口で栽培や養殖をすることは難しいんだなと思った。また生き物は自然の環境に適していて人が育てるのは難しいということが分かった。


               パチパチパチー。はい、ありがとう。もはや立派なレポートですね。にた話のレベルがよくそろっています。名前や数字もきちんと入って正確な文章になりました。

               



               では、次は小学校6年生のプリマちゃんの感想文。

               

               6年生の長文は、人間の都合で大事にされたり、無残に引っこ抜かれたりする身の回りの植物について書かれたエッセイです。

               

               プリマちゃんは学校の花壇とおばあちゃんの畑を題材に感想文を書きました。最後にことわざを入れ、「人間とは〜」「自然とは〜」等の言葉を使って大きく自分の体験を一般化するというのも6年生の課題です。


               では、プリマちゃんどうぞ〜。


              「はあい」

              人と自然 小6 プリマ


               筆者の家は自動車がやっと通れるくらいの路地に面している。都内には珍しく舗装されていず、道端には草が生えていた。道端のねこじゃらしをお花の材料にと摘むとなりのおばあちゃんに筆者はすっかり仲間意識を持った。しかしほどなく人間とは矛盾した生き物であることが証明されるできごとが起こった。翌春、私の家の前にスミレが咲いた。ある日外出先から帰ってくるとスミレがない! 清潔好きのおばあちゃんは自宅の前から私の家にかけてていねいに草むしりをしてくださったのである。
               私の学校にはそれぞれの学年ごとに花壇があります。その花壇は主に先生たちがきれいにしています。この前、私が登校中の時に先生が花壇をきれいにするのを見ました。とてもありがたいなあと思いました。ところが休み時間に校庭で遊んでいると先生が何やら草むしりをしていました。何をむしっているんだろうと思って見ていたら花壇の近くに花を咲かせていた雑草を抜いていました。その雑草はただの雑草ではなく、少し花のついた雑草だったので、もったいないなあと思いました。私はまるでこの話のおばあちゃんのようだなあ思いました。そして植物は一生懸命、生えているのにかわいそうだなと悲しくなりました。
               私のおばあちゃんの家にはとても広い庭があります。おばあちゃんはその庭でトマトやキュウリなどを育てています。私も夏休みにいとこたちとよく手伝いをしたりします。冬休みにおばあちゃんちに遊びに行ったとき、また手伝いできるかなあと楽しみに待っていました。すると
              「今日は育たたなかったトマトを根っこごと抜いて」
              と言われました。花がついているものもありました。私はいとこといっしょにびっくりしました。なぜかというと雑草は黄色い花がついていたし、落ちていたトマトは真っ赤でおいしそうだったからです。私はこの後、洗って食べればよかったなと後悔しました。
               後悔先に立たずというように、役に立たない草花でもいつかは活用できるかもしれないから後悔しないように残すというのは良いと思いました。人間は自然に優しくし、ともに生きていけるようになるといいと思いました。


               パチパチパチ。植物の命を大切にした感想文になりました。後悔先に立たず、のことわざもテーマにぴったりです。

               作文にことわざを引用すると、その部分が光る表現となります。くわしくは言葉の森のこちらの記事「作文に生かすことわざの引用と加工」をご覧ください。 



              2月1週目の作文のご紹介

              0

                 今日は2月1週に小学校1年生の女の子と小学校3年生の男の子が書いた作文をご紹介します。

                 まずは1年生のドリムちゃんが書いた作文。1、2年生は「自由な題名」で書きます。毎週、教室に来る前に書けそうなことをおうちで相談して決めてきます。ドリムちゃんは1月22日(月)の夜に降った雪のことにしました。

                 ドリムちゃんはまだ1年生ですが、とにかく、書くことが楽しい!という気持ちに満ち溢れていて、1年生4学期の目標字数200字をいつも大幅に超えて書きます。この日の字数は427字。1年生4学期の項目「はじめに絵をかく」「会話」「たとえ」「どうしてかというと」「□○□○(ドキドキ、コロコロなど)」を入れながら書きました。ではドリムちゃんどうぞ〜。

                 

                「はあい」

                 

                 

                左がターボくんで、右がドリムちゃんです(もういいってば(^^;)。

                雪遊び 小1 ドリム
                 私は2018年1月22日に少しだけ雪遊びをしました。雪遊びといっても雪にベタベタと手形を付けただけでした。どうしてかというと、病気になるかもしれなかったからです。しかも、もうすぐ寝る時間だったからです。
                 次の日学校に行くと雪が厚くなっていて、ティッシュ箱を10個重ねたぐらいの高さになっていました。1時間目の学校の授業はなんと雪遊びでした。私は手袋をもっていきましたが、つけませんでした。なぜならママに
                「雪用の手袋じゃないから雪がくっつくよ」
                と言われたからです。手のまま雪を触ったのでとても冷たくてしもやけになりました。その色がまるでリンゴのように真っ赤でした。
                 Aちゃんが雪だるまを作っていたのでBちゃんやCちゃんやDちゃんも作っていました。最初は手が冷たかったのですが、みんなで作ってからは手ではなく足が冷たくなってしまいました。
                 とても楽しかったです。2時間目は羽つきをやりました。どちらも同じくらい楽しかったので毎日ずっとやりたいと思いました。


                 手が冷たくなっても、足が冷たくなっても、「とても楽しかった」「毎日ずっとやりたい」という感想になるのがいいですね♪
                 1月22日夜、関東地方では雪が降りました。▼こちらは友人からもらった、うちの子が通う近所の小学校の校庭です。だいたい20僂曚廟僂發蠅泙靴拭M眛はすっきり晴れて明るい青空が広がり、あたり一面、真っ白でとてもきれいなけしきでした。これだけ積もれば大きな雪だるまができそうです。

                 



                 ちなみに1年生は全体の構成は考えなくて良いのですが、そうすると中には思いつくままに時間の順番がばらばらになってしまう子もいます。そういう場合は事前に「いつ・どこ・なに・だれ」で書き始めたらいいよ、とひとこと声をかければ自然に時間軸に沿って書くようになります。

                 続いて3年生のターボくんの作文です。この日の3年生の課題は「楽しい夕食」もしくは「寝るとき」でした。でも、この日、ほとんどの子が「先日、降った雪のことを書きたい!」と課題は無視して書きました^^ そういう週もたまにはある、ということです。雪が降ったときと持久走大会があったときはだいたいそうなります。それほどこの2つは子どもたちにとって重大な出来事なのでしょう。


                雪遊びをしたよ 小3 ターボ
                 ぼくは1月23日に雪で遊びました。その時は学校が10時始まりでした。雪は10僉20僂弔發蠅泙靴拭お母さんはたいへんだと言っていましたが、僕にとっては最高です。遊んだのは10時10分から10時50分までです。
                 学校の雪でまず雪合戦をしようとしましたが、先生に雪合戦はしちゃだめだよと言われたので、友達5人で雪だるまを作りました。雪だるまは三つ作れました。雪だるまの作り方はまず最初に10僂阿蕕い寮禧未鮑遒蠅泙后そして積もっている雪の上で回します。いっかい回すと雪が外側にくっつきます。いっぱいやると手が冷たくなってしもやけになるので、2分やったら交代、2分やったら交代という順番でやりました。それを十分ぐらいやると台が完成します。次に雪だるまの頭を作ります。頭も作り方は同じで5分ぐらいかかります。それをあと2回繰り返します。そうすると雪だるまは完成します。目とかは時間がなくて作れませんでした。でも、先生にすごいねと言われました。雪だるまは僕の身長よりも5センチぐらい高かったです。周りの木はまるで白い筆で塗られているようでした。

                 お母さんはこう言っていました。雪が積もっているとき、ノーマルタイヤだったのでスリップしてしまったと。その時お母さんは「早く雪をどかさなきゃ」と焦って車の外に駆け出したそうです。
                 ぼくは雪って楽しいなって思うけど、大人はたいへんだなって思いました。


                 僕にとっては最高だけれど、お母さんにとってはたいへん、と大人にとっての雪が考えられているのがさすがです。時間や積雪の量、人数、回数などに数字を使い、正確な作文になっているところもいいところです。

                 ターボくんはお母さんにしっかり取材をしてきてくれました。ドリムちゃんもおうちで相談してきてくれました。作文は準備が必要な勉強です。おうちでしっかり準備をお願いします(^^)/

                 言葉の森HPの参考記事はこちら。「対話を生かした、幼児と小学校低学年の作文学習」
                 



                清書の意義と清書作文のご紹介

                0

                   毎月4週目は清書の週です。その月に書いた作文の中からいちばん好きな作文をひとつ選んで清書にします。中にはうまく書けなかったものをもう一度、書き直したいという子もいて、もちろんそれでも構いませんが、基本的には自分で上手に書けたなと思う作文、好きな作文を選んでもらっています。

                   

                   なぜよく書けた作文を選ぶかというと、1〜3週目が失敗することもある練習の週だからです。失敗した作文をまた一から組み立て直し書き直すのは子どもたちにとっては大きな負担です。多くの場合、ぜんぜん楽しくありません。作文は息の長い勉強です。楽しくなければ続けるのは難しくなります。

                   

                   もちろん、馴染みの薄いテーマに取り組めばその分、本人の勉強になりますから練習したことには意義があります。しかし、それをわざわざ清書に選んで書き直す必要はないということです。おうちの方が子どもたちと一緒に清書作文を選ぶ時はいちばん好きなものを選ぶようにしてあげてください。

                   

                   言葉の森では以下のように清書を指導しています(以下、『言葉の森新聞』より)。

                   

                  ●清書の意義と方法

                   清書とは、これまでに書いた作文の中で内容がよかったものを書き直すことです。内容がよいとは、個性、感動、共感などがあるということです。
                   書き直すときは、次の点に留意してください。
                  (1)漢字で書けるところは漢字で書く。
                  (2)たとえや自作名言を工夫できるところがあれば工夫する。
                  (3)似た話や続きの話を書くことによって字数を増やす。
                  (4)作文用紙の空いているところに絵などをかいてもよい。

                   

                   では、柏の葉作文教室の1月4週目の作文の中からひとつご紹介します。中国在住の小学校3年生のスージーちゃんの作品です。1月1週の課題「しんせつをしたこと」で書いた作文を清書しました。

                   

                   知ってる漢字をすべて使い、ていねいな字で書きあげました。また、「私の近所の人」の部分を大はばに書き足しました。「私の近所の人」は正確には日本に里帰りしたときの近所の人、という意味になります。

                   

                   では、スージーちゃんどうぞ〜。

                   

                  「はあい」

                   



                  人に親切にする大切さ 小3 スージー


                   私はこの間、北京で知らない人に親切をしました。私は電車の中の赤ちゃんを抱いたお母さんに席を譲ってあげました。そのお母さんはすごく喜んでくれました。私はまるで体が5倍軽くなったような気がしました。
                   私のひいおばあちゃんが子供を産むその時、食べるものがなくて貧しかったのそうです。でも、ひいおばあちゃんは当時、町の人気者だったので、近くのパン屋さんから売れ残ったパンを分けてもらったり、八百屋さんから売れ残った野菜を分けてもらったり、近くのお米屋さんから売れ残ったお米を分けてもらったりしました。
                   私の近所の人は戦争中、両親をなくし、山に逃げていました。何日も何日も走ってもうだめかと思ったその時、お金持ちの男の人に拾われたので助かったそうです。それから毎日すべてうまくいっていました。それから広島に移住しました。そこで結婚して元気な男の子が生まれたのです。その男の子はというというと大きくなったら警察官になりました。でもその人自身は糖尿病とガンで亡くなってしまいまいました。
                   私は親切にするということはみんなに信頼されることだと思いました。

                  (読みやすいよう、一部ひらがなを漢字に変えてあります)

                   

                  パチパチパチ。ありがとう。場所も時間もスケールの大きな作文でした。「まるで体が5倍軽くなったような気がした」のたとえが秀逸です。

                   

                  追記

                  2018年2月9日、言葉の森の記事「悪いところを直してもじょうずな作文にはならない」もぜひどうぞ。



                  小学校3年生の感想文、言葉の森の考え方

                  0


                     1月3週目に3年生の女の子、スイミーちゃんが書いた感想文をご紹介します。

                     3年生はひと月に1回、3週目に感想文を書きます(*1)。今月の3年生の感想文の課題は細菌学者のパストゥールがぶどうジュースをワインに変える酵母を発見した話でした。スイミーちゃんはこの長文を家で1週間、1日1回音読し、教室で感想文を書きました。

                     感想文の中心は「にた話」と読んでいる体験実例です。自分の体験の中から酵母のような微生物と関わった話を書いていきます。スイミーちゃんは事前にお母さんと相談してヨーグルト菌のことを書くことに決めました。家でヨーグルトを育てて食べたそうです。その結果、健康以外にもいいことが……。では、スイミーちゃんどうぞ〜。

                    「はーい」

                     



                    微生物が食べものを変化させる 小3 スイミー
                     わたしがいちばん心に残ったのは微生物が食べものの腐った匂いを出すだけでなく、人間にとっておいしい物を作るということです。
                     私も食べ物をおいしくする菌を知っています。それはヨーグルトを作るR1です。R1はインフルエンザになりにくくしてくれます。そんなR1を牛乳の中に入れて43℃で温めると、菌が増殖します。このヨーグルトを毎日食べることによってインフルエンザの予防をすることができます。
                     学校でもヨーグルトが出ることがあります。それは甘くてとてもおいしくて、前に家で食べていたのはとてもすっぱくてあまり好きではなかったけれど、このR1ヨーグルトを作って食べるようになってから、すっぱいヨーグルトがとても好きになりました。
                     微生物は腐った匂いを出させるだけでなく、食べものを変化させることもできるんだなと思いました。
                    (読みやすいよう、ひらがなを漢字に直してあります)


                     ぱちぱちぱち〜。とてもよく書けていました。 

                     感想文を書くときに大切なことはまずこれから話題とすることを宣言してあること(「いちばん」を使って中心を決めます)、体験実例が入っていること(名前や数字を使って正確に書きます)、続いて、前の話や聞いた話、調べた話などが入り、体験実例の内容を深めたり広げたりすることができていること、さいごに全体の感想が書けていることです。何より、この形式を大切に書いていきます。

                     今回のスイミーちゃんの作文は中心と感想の内容が重複していますが、これはOKです。ここで、「最初と最後の内容が重なっているよ」などと指摘するのではなく、「思いました」を使って感想が書けているね、と褒めてあげることが大切。なぜなら、それはこちらで事前に指導しなかったことだからです。できなくて当たり前。事前指導してできたところだけを褒めるというのが大切です。

                     こうして、毎週、作文を書き続けることにより、さらに一歩深めた感想が自然と書けるようになっていきます。徐々に形式どおりではなく自由に文章を組み立てて書いていけるようにもなるのです。

                    *3,4年生はひと月に1回(3週目)に感想文、5,6年生はひと月に2回(2週目と3週目)に感想文を書きます。1、2年生は感想文はありません。



                    小学校3年生の作文、言葉の森の作文教育

                    0

                       1月2週に小学校3年生の女の子、スイミーちゃんが書いた作文をご紹介します。1月2週3年生の課題は「学校からの帰り道」もしくは「体がぽかぽか」(*1)でした。どちらで書いても構いません。スイミーちゃんが選んだのは「学校からの帰り道」でした。学校からの帰り道にきれいな石をひろったそうです。結びがすてきです。

                       

                       ではスイミーちゃんどうぞ〜。

                       

                       

                      「はーい」

                      (スイミーちゃんはどっちでしょう、とかいって^^)

                       

                       この間、友達と学校の帰り道にきれいな石を見つけました。色は黄緑と薄紫のような色で、直径5センチメートルくらいの石でした。友だちの家の近くにありました。友だちが拾って自分のジャンパーのポケットの中に入れといたら、割れてしまって石の中身が見えました。道にそんなにきれいな石が落ちているなんていいなと思いました。私もきれいな石を拾ってみたいなと思いました。
                       私にも前におもしろい出来事がありました。友達といっしょに帰っていると、大きいカエルがいたので友だちが
                      「ええっ、カエルっ」
                      と大きな声で叫びました。私はびっくりしてジャンプをしてしまいました。まるでクマが出たみたいにみんな驚いてしまいました。そこは水たまりもなくて、柵の向こうに栗の木が生えているだけだったのでびっくりしました。かえるがぴょーんとはねたので、走ってすぐに帰りました。
                       道にカエルがいたり、きれいな石が落ちていたりして、夢を見ているのかなと思うような帰り道だなと思いました。

                      (読みやすいよう、一部ひらがなを漢字に変えてあります)

                       

                      パチパチパチ!

                      ありがとう、スイミーちゃん。

                      (スイミーちゃんはクマちゃんの方でした。なんちゃって)

                       

                       今年の春から教室に通ってくれているスイミーちゃん。週1回、作文を書くことでどんどん書くことに慣れてきました。今では1時間ほどあればこんな立派な作文を書き上げることができます。

                       しかし、スイミーちゃんが書くことに慣れたのは週1度、作文を書く習慣がついたからだけではありません。教室では毎週、音読用の長文(1000字程度)をお渡ししています。この長文を毎日、音読することで、自然と語彙が増え、文章のリズムが身につき、より作文が書きやすくなっていくのです。

                       

                       長文のテーマは、主に科学、社会、文化的な内容です。学校の教科書よりはやや難しめ。3年生は毎月3週目に長文をもとにした感想文に挑戦します。

                       

                       このように、日ごろの音読によるインプット、週1回の作文や感想文によるアウトプット、科学、社会、文化、文学など多岐にわたる分野への興味と理解を促す言葉の森の教材により、バランスの取れた文章教育を行っています。

                       

                      *1 その他の学年の2.1週の課題は次のとおり。小1、小2は「じゆうなだいめい」、小4は「寒い朝」「学校からの帰り道」、小5は「そっ啄の機」について書かれたエッセイの感想文、小6は「読書術」について書かれたエッセイの感想文でした。

                       

                       

                       

                       



                      言葉の森ホームページ

                      柏の葉作文教室

                      2017年11月

                      2014年8月

                      無料体験(2回)実施中!!
                      〈場所〉千葉県柏市西柏台1-20-6
                      体験ご希望の方はご連絡ください。
                      ●メールが最も連絡がつきやすいです。
                      kayo.asaoka_a_gmail.com
                      _a_を@に変えてください。
                      ●自宅電話 04−7111−1255
                      ●携帯電話 080−4191−7434
                      筆記用具をお持ちになってください。
                      教室の概要等、詳しくはこちら

                      ☆教室生徒を対象に
                          読書感想文講座(8月のみ)
                          公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

                      ☆大学生・社会人を対象に
                          個別作文講座(通年)
                      毎週火曜。10:00〜18:00の間でご都合の良いお時間90分ほど。スカイプか電話にて。詳しくはこちら
                      大人になってからでも必ず書けるようになります。

                      イラスト出典:わんパグ
                      清書作文
                      教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
                      ホームページ作成
                      ☆お店や会社のHP作成、管理
                      その他、ブログ、フェイスブック、インスタグラムの記事作成、管理も。現在、Web全般の管理をさせてもらっている会社はこちら((株)木楽木工房)。地元中小企業歓迎。取材に伺います。連絡先は作文教室と同じです。

                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座