中学3年生、受験で作文を使うご家族の方へ おうちでできる受験対策

0

     

     最近、受験のための小論文指導をよくします。昨日、高校受験を控えた生徒さんのお母さんと話した内容が印象的だったので受験生のアドバイスになればと思い、ここに記します。

     

     受験生のお母さんの話によると「AI(人工知能)が人や環境のために使われる具体例を示し説明するようにとの問題に対し、本人がAIなんて発展しなければいいと思っているので、解説にあるような肯定的な意見を書けない」ということでした。

     

     物事には良い面と悪い面があります。その子がAIが嫌いだというのは、もしかしたらAIの悪い面だけを見ているからかもしれません。人間の仕事を奪う、人間らしい温かみがないというような悪い面です。

     

     ですから、物事には良い面、悪い面どちらもあることをおうちの方が教えてあげればいいのだと思います。AIが介護の現場で、データ解析の現場で、または危険が伴うような現場でどれほど期待されているかということを説明してあげるといいのです。

     

     中学生は理想に燃える時期ですから、「物事には良い面、悪い面どちらもある」と言われてもすぐには呑み込みづらいかもしれません。子どもから大人になるための成長過程真っ只中にあるのが中学生ですからこれは仕方がありません。

     

     ただ、受験は来年、早々にはやってきますから、ちょっと早めに大人の階段を上るつもりで、おうちの方が大人の考え方を示してあげるといいと思うのです。大人の考え方を示すのは家庭教育の一環だと私は思います。

     

     余談ですが、SF小説『アイの物語』(山本弘)の中に介護の現場で働くAIの物語があります。とても面白いです。受験生には受験が終わってから読んでほしいと思います。

     

     読者を限定しそうな装丁ですが(笑)、万人受けする物語。いや、しかし、なんでこの装丁〜。本屋では買いにくい(゚Д゚)ノ

     

    『アイの物語』(Wikipedeaより)

    第27回日本SF大賞候補作品、第28回吉川英治文学新人賞候補作品、『本の雑誌』が選ぶ2006年度ベスト10第3位、『SFが読みたい!』2007年版国内編第2位。2010年4月には、ビズメディアの翻訳SFレーベル「Haikasoru」から『THESTORIES OF IBIS』のタイトルで英訳版が刊行された。

     

    ぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
    にほんブログ村

    評価:
    山本 弘
    KADOKAWA/角川書店
    ¥ 907
    (2009-03-25)



    どこかへ行ったことを作文に書こう! 書き方のコツは?

    0

       校外学習や遠足、休みの日のお出かけなど、どこかへ行った作文を書く機会は多いと思います。ところが、事前のアドバイスがないとほとんどの子が、最初に行ったところ、次に行ったところ、お弁当を食べて、おやつを食べて、腹ごなしに走り回って、もう一か所どこかへ行って帰ってきました、というような、順番にあったことを並べただけの単調な作文を書いてしまいます。その子らしい作文にするには工夫が必要です。

       

       工夫することは、楽しかったことを1つか2つに絞るということ。これだけです。楽しかったのは化石堀とお弁当、この二つです、というふうに。2段落目に化石堀のこと、3段落目にお弁当のことを書きます。

       

       1段落目には遠足や校外学習について、いつ、どこ、なに、だれ、などの説明を簡単に書きましょう。2、3段落目は前述のように、4段落目には全体を大きくまとめるように感想を書きます。その際、「学びました」「分かりました」という言葉を使うと、実りある体験であったことが表わせます。こうして、自ずとその子らしい作文になり、しっかりした構成の作文になるのです。

       

       4年生の「ガストの涙くん」が校外学習に行ったことを書いた作文をご紹介します。では、ガストの涙くんお願いします。

       

      「はあい。」

      校外学習へいったこと 4年生 ガストの涙

       

       ぼくは最近、学校の校外学習に行きました。校外学習へ4年生全員で行きます。バスで千葉港と千葉市科学館に行きます。千葉港は天気が悪いと船に乗れないけど晴れだったから乗れました。バスで7時に出て、9時に千葉港に着きました。


       いちばん楽しかったのは千葉市科学館です。ついたらまずお弁当を食べてそのあと、班行動をしました。科学館は8階〜10階まで見て回りました。班では初めてのリーダーをしました。リーダーは班をまとめたり、はぐれないようにします。


       次に楽しかったのは千葉港です。船に乗ってクルージングをしました。船には船内とデッキがありました。船は班行動で、ぼくたちの班はずっとデッキにいました。最近、社会で「ゴミについて」をやっていて、ちょうどゴミの最終処分場が見えたのでとてもいい経験になったと思います。デッキだと鳥がすぐ近くまで来て中には触れた人もいました。まるでエサをちょうだいと言っているように見えました。友達が鳥を「うみねこ」と言っていました。


       校外学習で班のリーダーになって思ったのは班をまとめるのはたいへんだなあということです。

       

      ガストの涙くん、リーダーお疲れさま。

      皆さん、ぽちっとお願いします。

      にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
      にほんブログ村



      中学生からは小論文形式で練習、受験対策にも有効

      0

         小学生の課題は生活作文と感想文が中心ですが、中学生になると小論形式で練習していきます。ある事柄について論点を絞り、実例を入れながら論理的な文章を書く練習です。

         

         中学1年生の書き方は、1、まず意見を述べ、2、その理由を実例を交えながら2つ書き、3、最後に反対の立場への理解を示し、名言を入れて意見をまとめるというかたちです。

         中学2年生では1、2つの対立する意見Aと意見Bを挙げ、2、それぞれの立場を実例を入れながら検証し、3、根本的な解決を図るための意見Cを提案します。

         中学3年生では、1、実現したい生き方を示し、2、そのための方法を2つ考え、3、反対理解を示し、結論を書きます。

         以降、高校生の課題も同じように学年によって定型があり、それに基づいて練習をしていきます。いずれも、1、はじめ、2、中2つ(意見、方法、対策などと実例)、3、結びの構成です。

         

         これはこのまま受験作文にも役立ちます。受験コースは普段の教材とは違う教材を用意しますが、1、2、3の文章の構成は変わりません。

         

        1、はじめに現状説明や論点を書き、

        2、理由、対策、方法、原因などを2つ、もしくはそれらを組み合わせたものを2つ、実例を入れて書く、

        3、最後にまとめて、「これから私は〜」と結ぶ。

        (字数は400〜600字程度が主流です)

         

         では、次に中学一年生の形式で書かれた作文をご紹介します。中1は、1、まず、意見を書き、2、理由を2つ、実例を入れながら書き、3、最後に結論を書くという構成。ペンネームはまだないそうなので、では、中1ボーイくん、お願いします。

         

        「はあい」


         

        けんかは良いか 中1

         僕はあまりケンカはしない。でも、友達にはよくケンカをする人がいる。たとえばこの間、友達の間で口論になり、先生が注意したことがあった。僕はけんかをするのは良いことだと思う。
         理由は2つある。ひとつ目はけんかをすることによって相手のことがよく分かることがあるからだ。この前けんかをしていたその2人が体育祭の時になると意気投合して種目で一位を勝ち取った。
         2つ目はけんかをするぐらいの気持ちがないと自分らしく生きていけないからだ。昔ベトナム戦争があり、ベトナムは大国アメリカに勝った。アメリカと戦争しなかったらベトナムは自分の国に対する誇りを持てなかっただろう。
         確かにけんかは相手を傷つけてしまうこともあるので、そういう点で避けられるものならば避けた方が良い。しかし「1人の敵も持たないものは1人の友も持たない」という名言がある。けんかというものは友達を作るひとつの手段なのかもしれない。

         

        作文に拍手を、下のボタンはポチっとお願いします。

        にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
        にほんブログ村



        話題の展開は「前の話」「聞いた話」「調べた話」で。

        0

           自分の体験談を書いた後に「前の話」「聞いた話」「調べた話」を入れると、話題がうまく広がります。「前の話」とは自分が以前に体験した似た話、「聞いた話」は家族や友人に起こった似た話、「調べた話」は自分の体験に関連する調べた話です。

           

           自分の体験のあとにこのような別の「似た話」を書くことで、自分の体験についてより深く考えることができるからです。例えば、誰にでも起こりうることなんだな、とか、自分と友人は珍しい経験を共有しているな、とか、同じ体験でも人によって違った感想を持つのだな、とか、一度した失敗は二度目は防げるものだなとか、一度目の失敗の教訓がまったく生かされていないなとか(笑)

           

           また、自分の経験を客観化する効果もあります。以前の話や人の話、広く知られた話などと自分の話を比べてみることができるからです。でも、そんな難しいことを考える必要はありません。ただ、似ている「前の話」「聞いた話」「調べた話」を書いていけばよいのです。それで自然と話題が広がり、考えを深めることができます。これが型を基本に作文を練習するいいところです。

           

           慣れてくるとだんだん似ていない「前の話」「聞いた話」「調べた話」を探せるようになります。徐々にバリエーションが広がり、いろんなタイプの作文を書いていくことができるようになるのです。

           

           「前の話」「聞いた話」「調べた話」をうまく使って話題を展開できている作文をご紹介します。柏の葉作文教室の小学校6年生の2人の女の子の作文です。10月1週目の課題「私の名前」で書きました。
          2人とも自分の名前について上手に話題を広げ、考えることができています。そして、自分の名前に誇りを持っていることもこの作文からよく伝わってくるのです。こんなにしっかり考えてくれていたら、名前を付けた親御さんもきっと嬉しいはずです。

           

           では、千尋ちゃんと祐奈ちゃん、お願いします。

           

          「はあい」

           

           

          私の名前 小6 千尋

           

           私の名前は「千尋」だ。この名は私の父と母がつけてくれた。私自身は昔はこの名前が嫌だった。他の人の名まえはもっとかわいい感じで「りんな」とか「ゆり」みたいな名前。私もそんな名前が欲しかった。
           けれども、2年生のとき名まえの由来を紹介する授業があり、お母さんに聞いてこんな由来があったんだなと思って自分の名前が少しずついい名前だなと思うようになった。私は今でも、2年生の名まえの由来紹介がなかったら、自分の名前が嫌だと思っていただろう。他の人には「ちいちゃん」などと呼び名を付けられて呼ばれている。親ししいかんじがでていいなと思う。
           私の名前の由来は二つある。ひとつ目は2001年上映の映画「千と千尋の神隠し」だ。私の父と母はそれを見て、勇気があり、優しい子に、また正しい判断のできる子に育ってほしいと思って付けたとお母さんが言っていた。
           そしてもうひとつ、2つ目の由来は少し難しく、「千」はとて多い命の中でという意味で、「尋」は訓読みすると尋ねると読み、千人ほどの多くの命の中からやっと望んでいた1人に出会えたという意味があるのだとお母さんが教えてくれた。
           私のお母さんの名前は「林」だ。お母さんに聞いてみると、名前の由来を私のおばあちゃんに聞いたことはないと言っていた。だから、お父さんの名前について考えてみると、お父さんの名前は「正浩」であり、「浩」というのは広い、豊かという意味なので、正しく豊かに広く生きるという意味かなと思った。
           ちなみに、私がなってみたかった名前は「優莉華」と書いて「ゆりか」と読む名前だ。優しく花のように心が美しく、華やかに生きるという意味だ。
           人の名前には深い意味が込められていて、それを大切にしなければならないと思う。名前の由来を知り、自分の名前に込められた願いどおりに生きようと努力しなけばならないと思う。もし同じ名前の人がいてもそこに込められた意味は唯一無二その人だけのものだ。だからこそ大事にしなくてはならないと思う。

           

          ============================

           

          私の名前 小6 祐奈


          「祐奈」、これが私の名前だ。二文字で長くないから普通に
          「祐奈」
          と呼ばれるが学年に3人も同じ名前がいるからややこしい。
           名づけたのは父と母だ。父の名前は陽一郎で、母の名前は智美、別に二人の名前からとったわけでもない。二年生の時、授業で自分の名前の由来を調べる機会があったから
          「祐奈の名前の由来ってなに?
          と聞くと
          「祐奈の祐は神様に守られるという意味があって、奈は佑が男の子の名前に使われることが多いから女の子らしい菜を付けたんだよ」
          と教えてくれた。あとで父に聞くと
          「二文字ってパパの中では決めていたんだ。二文字だと呼びやすいからね。だけどパパやママが呼びやすいようにというわけじゃなくて、友達とかが祐奈って呼びやすいようにね。あと音がいいからかな」
          と言っていた。正直、ここまで意味が込められているとは思ってなかったのでびっくりした。
           私の名前には他にも候補があったようだ。母は、じゅん、あおいなどボーイッシュな名前で、父は覚えていないそうですが、母によると父がみゆ、みうなどの女の子らしい名前がよかったと言っていたそうだ。この候補の中だったら私はあおいがいい。
           私と妹の名前は何も関連していないが、父の名前は陽一郎で、父の妹の名前は陽子(あきこ)だ。2人とも陽がついているので、おじいちゃんとおばあちゃんは太陽の陽をきょうだいの名前に入れたかったらしい。
           名前には一つ一つ意味があるが「玉磨かざれば器をなさず」というように、どんなに立派な名前でも努力を積まなければそのような人にはなれないと思った。名前とは親からもらう初めてのプレゼントであり、その1つ1つに深い意味がある。

           

          最後にポチっとお願いします。

          にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
          にほんブログ村



          項目「はじめに絵をかく」は作文を書き上げるための地図になる

          0

             作文を書く前に、小学校1、2年生は絵を描きます。3年生以上は構成図を書きます。これは今から書く作文の全体のイメージを作るためです。
             また、絵や構想図がないと、書いているうちにテーマから大きく外れ、まとまりのない文章になってしまうことがあります。あまり文章が得意でない人の場合はこの傾向は顕著です。絵や構想図は作文をゴールに導く地図のようなものなのです。

             作文のための絵と構想図についての言葉の森記事はこちらです。

             柏の葉作文教室生徒のてつ君はいつも最初に絵を描きます。その絵を見ながら、作文を仕上げていきます。今日はてつくんの過去3週分の絵と作文をご紹介します。絵がじょうずに作文に生かされています。

             てつ君はもともとアメリカ在住ですが、最近、イギリスに引っ越しました。作文は新しい生活に慣れてしばらくぶりに再開した作文第一作目から第3作目まで。

             てつ君の第一言語は英語です。第二言語の日本語は家庭内での会話と作文の勉強が中心。毎週の作文を初めて3年目です。

             では、てつ君、お願いします。

            「はあい」

             

            ==========================



            9月3週目 ストーンヘンジ


             僕は9月15日にストーンヘンジに行きました。ストーンヘンジは石がたくさん並んでいるところです。紀元前2500年前に作られました。

             ストーンヘンジは2メートルぐらいの高さです。直径は300mです。ストーンヘンジのまわりにはお墓がたくさんあります。
             ストーンヘンジのいちばん高い石の上を、夏のいちばん長い日に太陽の光が通るのだと聞きました。ぼくはストーンヘンジにまた行きたいなと思いました。

             

            ==========================

            9月4週目 楽しい試合


             先おとついに、僕は試合デーに行きました。試合デーは剣道の子どもの大会です。僕とパパ、ママ、お姉ちゃんと行きました。試合デーはワトフォードにありました。ぼくはアメリカで剣道をしていて、いま、イギリスでもやっています。防具も持ってきました。
             試合デーで6チームに分かれてやりました。僕は2回勝ちました。全部、面で勝ちました。僕のいちばん最初の試合は20秒ぐらいで負けました。2つ目の試合は2回、面を打って勝ちました。
             僕は全部で6回出ました。僕のチームは5人いましたが、昼に1人が帰り、4人チームに変わりました。だから、1試合に2回出たこともありました。別のチームの中には6人チームもありました。
             試合を見ていたお父さんに僕の面は浅いと言われました。
             また試合デーに行きたいなと思いました。

            ==========================


            10月1週目 楽しいフィールドホッケー


             僕はフィールドホッケーをします。フィールドホッケーはサッカーに似ています。サッカーと違うところは棒を使うところです。フィールドホッケーの場合、棒は片面しか使えません。アイスホッケーでは二面とも使えます。
             学校の体育の時間にフィールドホッケーをしています。僕はあまり上手じゃないです。なので間違って自分のゴールにボールが入りました。僕の棒に当たり、ゴールに入ったのです。
             僕はお姉ちゃんともフィールドホッケーをやります。お姉ちゃんは横から入ってきてゴールの前で点を入れます。
             僕はフィールドホッケーは難しいと思います。お姉ちゃんみたいに点を入れたいです。

             

            (一部のひらがなを漢字に変えてあります)

            ==========================


             てつ君、ありがとう! どれもまとまりのあるすてきな作文です。てつ君のイギリスでの新生活がよく分かります。

             

             私(浅岡)はアメリカで5年間(2005年〜2010年)、現地の日本人の子どもたちのために作文教室を開いた経験があるため、てつ君の作文のすばらしさがよく分かります。海外に住む子供たちが日本語で長い文章を、漢字を交えながら、中心をそらさずに書き上げることの難しさを身をもって体験したからです。根気強い哲くんのがんばりとご家族の支えがこの日本語の成果を生んだのだと思います。


             柏の葉作文教室では海外の生徒さんも受け入れています。授業はZoom教室で、書けた作文はスキャンするか写真を撮るかし、メールに添付してお送りいただいています。教材は郵送しています。ご興味ある方はお気軽にお尋ねください。

            kayo.asaoka@gmail.com

            ぽちっとお願いします。

            にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
            にほんブログ村

             



            柏の葉作文教室概要
             無料体験学習(2回)受付中
            ※大変申し訳ありませんが受験生過多のため、現在、土曜日(こども作文教室)の体験学習の新規受付を行なっておりません。すでにお申込みいただいた方は受け付け済みです。体験学習の再開は2018年3月です。3月からの予約を受け付けています。

            おとな作文・小論文教室
            ご希望の方は受け付けております。(1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
            メール/kayo.asaoka@gmail.com
            電話/080-4118-7434、04-7111-1255


            場所/さわやかちば県民プラザ
                      柏市柏の葉4−3−1
            教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

            こども作文教室
            1〜4週、土曜日、9:00-12:00
            4000円/月(通信は4500円/月)

            おとな作文教室
            1〜4週、火曜日、9:00-12:00
            4500円/月

            *欠席の場合の振り替え授業あり。
            profilephoto
            浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


            授業風景(県民プラザ3階、2018年12月)


            お迎えの待ち合わせ場所
            (県民プラザ2階、児童書コーナー)


            柏の葉公園に隣接しています。

            =======================

            その他、詳細はこちら

            =======================

            ☆教室生徒を対象に
                読書感想文講座(8月のみ)
                公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

            イラスト出典:わんパグ
            言葉の森HP記事
            学力の二つの道とそれぞれの個性(2018/12/07)

            ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
            ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
            Zoom教室
            通信生、振り替え授業用
            Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
            ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
            ・申し訳ありませんが時間の予約はできません。
            ・5週目はお休みです。
            ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
            清書作文
            教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
            表示の切り替え
            スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
            最新記事
            カテゴリー別記事
            過去の記事
            コメント
            • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
              プリウス (12/18)
            • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
              アイン4 (12/18)
            • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
              アイン4 (12/18)
            • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
              あお (12/17)
            • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
              アイン4 (12/17)
            • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
              あお (12/14)
            • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
              プリウス (12/14)
            • 柚子のおすそわけ
              滝の道ゆずる (12/09)
            • もしも北上次郎×大森望『読むのが怖い!』で『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』が評論されたら……
              あお (12/07)
            • 「バドミントンの勝敗は人間社会での勝敗に似ている」中2、男の子の作文
              あお (12/07)
            プロフィール
            ブログ内を検索
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            JUGEMのブログカスタマイズ講座