<< 「個性」「挑戦」「感動」「共感」を作文に | main | ヒッキーの絵と作文 >>

スージーちゃん(小3)の作文

0

     12月1週目、小3の課題は「何かを観察したこと」もしくは「ないしょの話」。

     

     中国在住のスージーちゃん(ペンネーム)は「何かを観察したこと」で、夏休みにカブトムシを飼ったことを書きました。実はお母さんも小さかったころ、カブトムシを飼ったことがあるそうです。かわいいなあと育てていたそうですが、意外な結末が待っていました。

     

     ではスージーちゃんどうぞー。

    「はーい」

     

     

    カブトムシのかんさつ記 小3 スージー

     

     カブトムシって聞くとなんだかまるで昔の武士に似ていると思いますよね? これからするのはおっちょこちょいのカブトムシのお話です。

     ある日私は見た公園でカブトムシをつかまえて飼育ケースに入れました。えさには水、はちみつをかけたスイカをあげていました。このカブトムシ、おっちょこちょいなところがあります。たとえば、のろのろ歩いていたら急にひっくり返って起き上がれなかったり、丸太によじ登ったはずなのに転がり落ちてしまったり。

     前、お母さんが小さいころに

    「カブトムシをつかまえてきた!」

    とうれしそうに言ってそのカブトムシを育てていたんですけれど、そのカブトムシは成長するのが早い早い。そのうち黒光りをして体長5センチもの大きなゴキブリになりました。小さいママが

    「かわいいなあ」

    とおばあちゃん見せたら

    「なんだこりゃあ、ゴキブリだあ」

    と大騒ぎしたそうです。

     お父さんは昔カブトムシの生態を研究していました。どういったところにとんでくるのか、時期はいつごろかということを研究していました。お父さんはいつカブトムシをつかまえるかということを知っています。それは梅雨明けぐらいです。なぜなら夏中楽しめるからです。

     私はちゃんとカブトムシのことを勉強して、ゴキブリをつかまえないようにしたいと思いました。

     

     スージーちゃんとはフェイスタイムを使って授業をしています。書いた作文はメールに添付で送ってもらっています。柏の葉作文教室では海外の生徒さんも募集中です。お問い合わせください(^^)/  kayo.asaoka_a_gmail.com (_a_を@に変えてください)

     



    コメント
    コメントする









    言葉の森ホームページ

    柏の葉作文教室

    無料体験(2回)実施中!!
    体験ご希望の方はお電話ください。04−7111−1255(自宅)。筆記用具をお持ちになってください。
    教室の概要等、詳しくはこちら

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月)
        公立高校入試対策小論文講座(1月)
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座