<< 小学校3年生の作文、言葉の森の作文教育 | main | 清書の意義と清書作文のご紹介 >>

小学校3年生の感想文、言葉の森の考え方

0


     1月3週目に3年生の女の子、スイミーちゃんが書いた感想文をご紹介します。

     3年生はひと月に1回、3週目に感想文を書きます(*1)。今月の3年生の感想文の課題は細菌学者のパストゥールがぶどうジュースをワインに変える酵母を発見した話でした。スイミーちゃんはこの長文を家で1週間、1日1回音読し、教室で感想文を書きました。

     感想文の中心は「にた話」と読んでいる体験実例です。自分の体験の中から酵母のような微生物と関わった話を書いていきます。スイミーちゃんは事前にお母さんと相談してヨーグルト菌のことを書くことに決めました。家でヨーグルトを育てて食べたそうです。その結果、健康以外にもいいことが……。では、スイミーちゃんどうぞ〜。

    「はーい」

     



    微生物が食べものを変化させる 小3 スイミー
     わたしがいちばん心に残ったのは微生物が食べものの腐った匂いを出すだけでなく、人間にとっておいしい物を作るということです。
     私も食べ物をおいしくする菌を知っています。それはヨーグルトを作るR1です。R1はインフルエンザになりにくくしてくれます。そんなR1を牛乳の中に入れて43℃で温めると、菌が増殖します。このヨーグルトを毎日食べることによってインフルエンザの予防をすることができます。
     学校でもヨーグルトが出ることがあります。それは甘くてとてもおいしくて、前に家で食べていたのはとてもすっぱくてあまり好きではなかったけれど、このR1ヨーグルトを作って食べるようになってから、すっぱいヨーグルトがとても好きになりました。
     微生物は腐った匂いを出させるだけでなく、食べものを変化させることもできるんだなと思いました。
    (読みやすいよう、ひらがなを漢字に直してあります)


     ぱちぱちぱち〜。とてもよく書けていました。 

     感想文を書くときに大切なことはまずこれから話題とすることを宣言してあること(「いちばん」を使って中心を決めます)、体験実例が入っていること(名前や数字を使って正確に書きます)、続いて、前の話や聞いた話、調べた話などが入り、体験実例の内容を深めたり広げたりすることができていること、さいごに全体の感想が書けていることです。何より、この形式を大切に書いていきます。

     今回のスイミーちゃんの作文は中心と感想の内容が重複していますが、これはOKです。ここで、「最初と最後の内容が重なっているよ」などと指摘するのではなく、「思いました」を使って感想が書けているね、と褒めてあげることが大切。なぜなら、それはこちらで事前に指導しなかったことだからです。できなくて当たり前。事前指導してできたところだけを褒めるというのが大切です。

     こうして、毎週、作文を書き続けることにより、さらに一歩深めた感想が自然と書けるようになっていきます。徐々に形式どおりではなく自由に文章を組み立てて書いていけるようにもなるのです。

    *3,4年生はひと月に1回(3週目)に感想文、5,6年生はひと月に2回(2週目と3週目)に感想文を書きます。1、2年生は感想文はありません。



    コメント
    コメントする









    言葉の森ホームページ

    柏の葉作文教室

    2017年11月

    2014年8月

    無料体験(2回)実施中!!
    〈場所〉千葉県柏市西柏台1-20-6
    体験ご希望の方はご連絡ください。
    ●メールが最も連絡がつきやすいです。
    kayo.asaoka_a_gmail.com
    _a_を@に変えてください。
    ●自宅電話 04−7111−1255
    ●携帯電話 080−4191−7434
    筆記用具をお持ちになってください。
    教室の概要等、詳しくはこちら

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    ☆大学生・社会人を対象に
        個別作文講座(通年)
    毎週火曜。10:00〜18:00の間でご都合の良いお時間90分ほど。スカイプか電話にて。詳しくはこちら
    大人になってからでも必ず書けるようになります。

    イラスト出典:わんパグ
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    ホームページ作成
    ☆お店や会社のHP作成、管理
    その他、ブログ、フェイスブック、インスタグラムの記事作成、管理も。現在、Web全般の管理をさせてもらっている会社はこちら((株)木楽木工房)。地元中小企業歓迎。取材に伺います。連絡先は作文教室と同じです。

    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座