<< 2月2週、小5と小6の感想文 | main | 2月4週、コンテスト作文。3月1週、ターボくん(小3)の作文。 >>

2月3週目、小学校3年生の感想文のご紹介

0

     2月3週目の小学校3年生の感想文をご紹介します。

     

     感想文のもとになる長文は少し難しめ。細菌学者のパストゥールが免疫のしくみを解明し、予防接種を作ることに成功したときのことです。難しい言葉や生物学の内容が出てきますが、1週間毎日の音読で理解は深まります。また、家の人への取材や自分で調べたことを書くことで内容が広がります。

     

     3年生のいまの目標字数は600字。実はこの2人は600字に足りていませんが、1週間、難読に取り組み、テーマに沿った体験実例を探し、家の人に取材をする取り組みをしました。この目に見えない勉強こそが大切。このような勉強の積み重ねが読解力、思考力を養います。感想文は短めでも、2人ともしっかり準備をしてきました。書いていた時間は正味で30分ほどでした。

     

     では、ヒロくん、サナピッピくん、どうぞ〜。

     

    「はーい」

     

     

     

    とっておいてよかった 小3 ヒロ
     この話を読んでいちばん心に残ったのはパストゥールが取っておたコレラ菌をニワトリに注射して予防接種を発見できたことです。
     ぼくも同じような経験があります。ぼくは算数のノートを使い終わったときに捨てずにとっておきました。そしたら次の日の学校の算数のプリントの宿題が分からなかったとき算数のノートを見て分かりました。
     お母さんはぼくの保育園のとき使っていた布団を捨てずに椅子のマットとして使っています。毛布は車のひざ掛けとして使っています。どうしてかというと愛着があったからと言っていました。
     何でもポイポイ捨てるのはよくないと思いました。


    不思議なワクチン サナピッピ
     ぼくがいちばんすごいと思ったことはパスツールがワクチンを発見したことです。
     ぼくはインフルエンザのワクチンを打ってインフルエンザになり、インフルエンザのワクチンを打たなくて感染しませんでした。それが何回か続いたので、去年、インフルエンザのワクチンをしない方がいいとお母さんは思い、ワクチンをしなかったらインフルエンザにかかりました。ぼくはインフルエンザワクチンに相当、嫌われていると思います。
     インフルエンザのワクチンは弱ったインフルエンザ菌を入れることです。そして、それに抵抗する抗体を人間の体が作ります。ワクチンは昔の人々の努力でできた成果なんだと思いました。

     


     



    コメント
    コメントする









    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    教室概要

    2017年11月(柏市、自宅にて)


    2014年8月(柏の葉公園、和室にて)


    2006年9月(アメリカ、ヒロ教室)


    無料体験(2回)実施中!!

    千葉県柏市西柏台1-20-6にて。
    体験ご希望の方はご連絡ください。

    ●メール
    kayo.asaoka@gmail.com
    ●携帯電話
    080−4118−7434
    ●自宅電話
    04−7111−1255

    筆記用具をお持ちになってください。

    =======================

    月謝等、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    Zoom教室
    クリックして入室してください。 Zoom教室
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座