<< 2月3週目、小学校3年生の感想文のご紹介 | main | 初めての感想文。大事なことは書く材料を準備すること。 >>

2月4週、コンテスト作文。3月1週、ターボくん(小3)の作文。

0

    ▲「おいしい記憶」コンテストのキャラクター「なあにちゃん」

     

     3月4週目は清書の週ですが、ちょうど「おいしい記憶」作文コンテストの案内が教室に届いていたので、こちらに取り組む生徒さんもいました。

     

     いつもは全体の構成や入れるべき項目にそって作文や感想文を書きますが、この日はまったく自由に、事前指導なしで書きました。作文が書けないから、と入ってきた生徒さんもすらすらと自由に長い作文を書いていたことに驚きました。何より、以前は作文が不得意だと言っていた子が自ら清書作文ではなくコンテスト作文を選び、自分でテーマを決め、材料を集め、作文に集中して取り組む姿を目の当たりにしてとても嬉しかったです。また、こういう機会があれば取り組んでいきたいと思います。

     

     次に、2月1週の小3のターボくんの作文をご紹介します。この日の課題は「私が生まれたとき」もしくは「すきな番組」でした。ターボくんが選んだのは「私が生まれたとき」。お母さんに自分が生まれたときのことをいろいろ聞いてきてくれました。お母さんが生まれたてのターボくんを心から愛おしいと思ってらした様子がとてもよく伝わってきます。では、ターボくんどうぞ〜。

     

    「はあい」

     

     

    生まれたときの赤ちゃん 小3 ターボ

     

     ぼくは8月6日にA病院で生まれました。生まれたときの身長は50僂阿蕕い任靴拭自分でそのころの写真を見たら今でも懐かしいなと思います。今の身長に比べてすごく小さいです。お母さんが僕を生むときの写真もありました。お腹から血が出ていました。僕はたいへんだったんだなと思いました。

     新生児室に入っていたときは一人だけ大泣きしていたそうです。他の子はもう泣き止んでいたそうです。お母さんはそれを見てかわいいなと思いました。お母さんは

    「早く家に帰ってよく見たい」

    と思ったそうです。まだガラスの外からしか見られなかったから、ガラスの外からじっくり見ていました。他の赤ちゃんの中でもいちばんかわいかったと言っていました。それでずっと見ていたそうです。

     お父さんが大きくぼくの名前を書いていました。なぜかと言うと他の子と混ざっちゃうとたいへんだからです。お母さんはちゃんと生まれたから思わず泣いてしまいました。看護師さんに

    「この赤ちゃんは家に帰ってもずっと泣きそうですね」

    と取り繕って言ったそうです。その後、家に帰って僕を大切に育ててくれました。僕は抱っこをすると泣き止む子でした。

     僕は赤ちゃんを産むのってとても大変だなと思いました。

    (読みやすいようかなを漢字に直してあります)



    コメント
    コメントする









    柏の葉作文教室概要
     無料体験学習(2回)受付中
    (1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    メール/kayo.asaoka@gmail.com
    電話/080-4118-7434、04-7111-1255


    場所/さわやかちば県民プラザ
              柏市柏の葉4−3−1
    教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

    こども作文教室
    1〜4週、土曜日、9:00-12:00
    4000円/月(通信は4500円/月)

    おとな作文教室
    1〜4週、火曜日、9:00-12:00
    4500円/月

    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


    2017年11月(柏市、自宅にて)


    2014年8月(柏の葉公園、和室にて)


    2006年9月(アメリカ、ヒロ教室)


    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    SNSはどれも一長一短なので自分で作ることに(2018/11/19)一見作文に関係なさそうで、関係ある内容(^^;

    (柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています)
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
    *振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
    原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座