<< 清書の例(感想文が独立した作文に) | main | 作文教室、通信の授業はこんなかんじです。 >>

4月1週目の6年生の作文、ご紹介。

0

     4.1週の6年生の作文です。素晴らしい作文! 「さようなら××先生(××さん)」の課題で書きました。
     年度の変わり目は別れの季節でもあります。そしてまた同時に出会いの季節でも。切ない気持ちがじょうずに表現できています。
    6年生の今学期の目標字数は600字ですが、それを大幅に超えて書きました。

     では、菜の花ちゃん、どうぞ。


    「はあい」



    本当はあと1年いてほしかったけど…… 小6 菜の花


    「えっ、ウソでしょう?」
     3月28日の朝刊を見て私はびっくりしました。もう今年度もあと少しで終わりで、3月28日の朝刊で転任、退職する先生が発表されます。その新聞には私が入っている陸上部の監督の先生の名前が載っていたのです。転任する学校は少し離れたところにある市内の中学校です。その先生は小学生から大学生まで陸上をやっていて、私の学校を市内2位まで強くしてくれました。

     先生は3年前、他の市の中学校から来ました。いつも青のジャージを着ていて、身長は180僂30代。怒るとまるで鬼のように恐く、すごく大きい声で、他校でも有名でした。でも、たまに優しくてすごく面白いです。
     市の大会では必ずラスト一周のベルを鳴らす係もやっていて、ラスト一周のときは
    「××ぬかせえ!」
    「イケー!」
    とすごく大きな声で言います。最初はびっくりしたけれど、だんだん慣れると気持ちが締まり、何だかパワーがわいてなぜか足が勝手に動くようなかんじで、前に進みます。そのおかげで私は2年間で千メートルが1分20秒も速くなり、この前の大会では5,6年生一緒の5位、学年では2位で学校記録を更新することができました。陸上部は秋にある市内陸上競技大会総合優勝を目指してきましたが、今年は惜しくも2位。私にとっては来年度が最後の市内陸上競技大会ですから、あと一年だけでいいから私の学校にいてほしかったのですが……。
     小学校の辞校式の日、その先生に会いに卒業した中学生まで来ました。最後に先生がステージに立ち、
    「この学校で過ごした日々はすごく楽しかったです。でも1つだけ悔いがあります。それは市内陸上で総合優勝をさせてあげられなかったことです。私は他の中学校に行きます。卒業生の皆さんは次回、会うときはライバルですね。在校生の皆さん、今年こそ総合優勝してくださいね」
    と言いました。先生が生徒からもらった手紙は紙袋3つにも入らないほどたくさんありました。
     後日、今年度の部活の最初の日、転任してしまった先生ほどこわくはありませんが、小学校から大学生まで陸上をやっていて陸上で元東北チャンピオンの先生が監督になりました。部活の初日だったので先生が次のように話してくれました。
    「このたすきを見てください。前はなかったはずの学校のマークがここに刺繍されています。これは前の監督の先生が自分のお金で刺繍を頼み、残していってくれました」
    それを聞いて私はびっくりしました。その他にも先生は足つぼ約10個とお守りを自分のお金で買い、この学校に置いてくれました。そのことを知り新チームで助け合いながら今年こそ絶対、総合優勝しようと思いました。別れがあるから出会いがある、前向きに出会いを大事にしていこうとも思いました。



    コメント
    コメントする









    言葉の森ホームページ

    柏の葉作文教室

    2017年11月

    2014年8月

    無料体験(2回)実施中!!
    〈場所〉千葉県柏市西柏台1-20-6
    体験ご希望の方はご連絡ください。
    ●メールが最も連絡がつきやすいです。
    kayo.asaoka_a_gmail.com
    _a_を@に変えてください。
    ●自宅電話 04−7111−1255
    ●携帯電話 080−4191−7434
    筆記用具をお持ちになってください。
    教室の概要等、詳しくはこちら

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    ☆大学生・社会人を対象に
        個別作文講座(通年)
    毎週火曜。10:00〜18:00の間でご都合の良いお時間90分ほど。スカイプか電話にて。詳しくはこちら
    大人になってからでも必ず書けるようになります。

    イラスト出典:わんパグ
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    ホームページ作成
    ☆お店や会社のHP作成、管理
    その他、ブログ、フェイスブック、インスタグラムの記事作成、管理も。現在、Web全般の管理をさせてもらっている会社はこちら((株)木楽木工房)。地元中小企業歓迎。取材に伺います。連絡先は作文教室と同じです。

    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座