<< 6年生の感想文には社会的な視点を入れて | main | ユーモアは作文の大事なエッセンス >>

毎月、1〜3週は練習、4週目は清書のサイクル

0

     今回は6年生が書いた6月4週の清書作文のご紹介です。 4週目はその月に書いた作文の中からもっともよく書けたものを選 んで清書にする週。一段落目の要約丸ごとカットして、 体験実例から書き始めます。こうすることで感想文ではなく、その子自身の作文になります。

     先週ご紹介した作文と同じテーマ「絶滅危惧種の動物」 で書かれた別の生徒さんの清書作文です。ホタルが生活できる場所を調べ、山形でのホタル体験を書き、学校にある小さな自然から自分の考えをまとめました。体験や情報をうまく生かした作文になりました。

     

     では、えいたくんお願いしま〜す。

     

    「はあい」

     

     ホタルを都会の近くで見ることはほとんどなくなりました。 ホタルが住める環境はいつも豊富な水が流れている川、 エサとなる大小さまざまな巻貝がたくさん住んでいる場所です。 つまり、ホタルはいろんな生物と関わりあって生きています。 自然環境の良いところでないとホタルは生きていくことができ ないため、数が少なくなり、見ることができなくなります。

     

     僕が山形県に住んでいたころには近くを流れている川にホタルを見 にいっていました。しかし、今は山形から引っ越したため、 ホタルは見ることがなくなりました。今、 学校ではホタルの里にホタルの幼虫を話すホタル放流会をやってい ました。 今の場所でも山形県に行ったときと同じようにホタルを見ることが できるといいです。

     

     学校にあるでんでん村という場所には小さな池があり、 ザリガニなどがいます。 クラスでは池でつかまえていたザリガニを飼っています。 飼っているザリガニはすべて体が赤いアメリカザリガニです。 日本ザリガニは一匹もいません。 昔は日本ザリガニしかいませんでしたが、 アメリカザリガニを飼っていた人が池に放すなどして日本ザリガニ よりも食べものを食べて増えました。 日本ザリガニは食べものがあまりないため、 数が減ってほとんど見ることはありません。

     

     幼稚園生の時に近所の友達の家族と自分の家族とでザリガニ釣りに 行きました。 釣れたザリガニの中で一匹だけ他のとは色が違う日本ザリガニが連 れました。珍しい日本ザリガニが釣れてうれしかったです。 日本ザリガニが少しずつ数を減らしていくまえに、 保護をして行くべきだと思います。

     

     自然とは人間にとっても動植物にっても欠かせないものなので、 豊かな自然が残っていくようにしたいです。



    コメント
    コメントする









    柏の葉作文教室概要
     無料体験学習(2回)受付中
    ※大変申し訳ありませんが受験生過多のため、現在、土曜日(こども作文教室)の体験学習の新規受付を行なっておりません。すでにお申込みいただいた方は受け付け済みです。体験学習の再開は2018年3月です。3月からの予約を受け付けています。

    おとな作文・小論文教室
    ご希望の方は受け付けております。(1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    メール/kayo.asaoka@gmail.com
    電話/080-4118-7434、04-7111-1255


    場所/さわやかちば県民プラザ
              柏市柏の葉4−3−1
    教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

    こども作文教室
    1〜4週、土曜日、9:00-12:00
    4000円/月(通信は4500円/月)

    おとな作文教室
    1〜4週、火曜日、9:00-12:00
    4500円/月

    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


    授業風景(県民プラザ3階、2018年12月)


    お迎えの待ち合わせ場所
    (県民プラザ2階、児童書コーナー)


    柏の葉公園に隣接しています。

    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    学力の二つの道とそれぞれの個性(2018/12/07)

    ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
    ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
    ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
    ・申し訳ありませんが時間の予約はできません。
    ・5週目はお休みです。
    ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
      プリウス (12/18)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      アイン4 (12/18)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      アイン4 (12/18)
    • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
      あお (12/17)
    • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
      アイン4 (12/17)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      あお (12/14)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      プリウス (12/14)
    • 柚子のおすそわけ
      滝の道ゆずる (12/09)
    • もしも北上次郎×大森望『読むのが怖い!』で『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』が評論されたら……
      あお (12/07)
    • 「バドミントンの勝敗は人間社会での勝敗に似ている」中2、男の子の作文
      あお (12/07)
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座