<< 書くために必要なことは、音読すること | main | 国語対策としての4週目の読解問題 >>

作文に体験と学んだことを書くことの大切さ

0

     

     

     作文には具体的な体験を書くことが大切です。とくに個性的な子でなくとも、見ている世界はみんな違います。ですから体験を詳しく書くことはそのままその人らしい作文に繋がるのです。

     体験を書いた後に、その体験から学んだことを書くのも大切です。人間には好みや性格、信念がありますから、 頭の柔らかい子どもにとっても、体験から何かを学び取るのは難しいこと。でも、人間的に成長していくためには必ず必要なことでもあります。体験から学んだことが作文で高く評価されるのはそのためです。

     

     小6のなっちゃんはグアム旅行から学んだことを盛り込みながら次のような感想文を書きました。感想文なので、第一段落は読んだ長文の要約になっています。第二段落目、第三段落目が体験実例で、第四段落目がまとめです。とくに第二段落目が秀逸。体験から学んだことで自分の考えを変えてしまうというすご技を決めています。

     

     ではなっちゃんどうぞ。

     

    「はあい」

     

     

    =======================

    どこへ行っても 小6 なっちゃん

     

     世界中どこに行っても日本人の旅行者たちは身の回りに「日本」 をもって動き回る。 食べ物も飲み物も言語もことごとく日本のもの。 それに取り囲まれていないとなかなか安心できないのである。 旅行者たちを取り囲む小さな「日本」あるいは彼らが持ち歩く「 日本」、それを筆者は「文化的カプセル」と名づける。 日本人は日本文化を微分化した小さなカプセルの中に入って、 そこではじめて安心するのである。

     私は前、グアムに行きました。 グアムではホテルでもお店でもほとんど日本語が使えたり、 日本語のメニュー表があったりして、まるで日本のようでした。 私は現地の人々が勝手に日本人が便利なようにしているのではない か、と思っていました。ですが、 私も外国に来てしゃべれない英語を無理やりしゃべるより、 話せる日本語しゃべった方がいいと思いました。つまり、 グアムを日本語が通じる街にしたのは日本人だと思いました。

     私はどこかに旅行に行っても日々の生活リズム通りに動いてしまい ます。朝風呂に入らず、いつも通りに起きて、 いつもどおり朝の支度をして、 夜もいつも見るテレビ番組を見ていつもどおり寝ます。

     人はどこへ行ってもいつもの習慣は変わらず、 いつも通り生活しようと思うものだと思いました。ですが、 たまにはその場所に染まってみようと思いました。

     

    =======================

     

     いかがでしたでしょうか。グアムを日本語であふれさせたのは、最初、グアムの人たちだと思ったけれど、実は日本の人たちだった、と考えを改めるところがすごいです。体験から学び、場合によっては考えを改める。私も大いに見習いたいものです。でも、これがけっこうむずかしい。がんばりまっせ。

     

     

     



    コメント
    コメントする









    柏の葉作文教室概要
     無料体験学習(2回)受付中
    ※大変申し訳ありませんが受験生過多のため、現在、土曜日(こども作文教室)の体験学習の新規受付を行なっておりません。すでにお申込みいただいた方は受け付け済みです。体験学習の再開は2018年3月です。3月からの予約を受け付けています。

    おとな作文・小論文教室
    ご希望の方は受け付けております。(1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    メール/kayo.asaoka@gmail.com
    電話/080-4118-7434、04-7111-1255


    場所/さわやかちば県民プラザ
              柏市柏の葉4−3−1
    教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

    こども作文教室
    1〜4週、土曜日、9:00-12:00
    4000円/月(通信は4500円/月)

    おとな作文教室
    1〜4週、火曜日、9:00-12:00
    4500円/月

    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


    授業風景(県民プラザ3階、2018年12月)


    お迎えの待ち合わせ場所
    (県民プラザ2階、児童書コーナー)


    柏の葉公園に隣接しています。

    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    学力の二つの道とそれぞれの個性(2018/12/07)

    ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
    ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
    ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
    ・申し訳ありませんが時間の予約はできません。
    ・5週目はお休みです。
    ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
      プリウス (12/18)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      アイン4 (12/18)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      アイン4 (12/18)
    • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
      あお (12/17)
    • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
      アイン4 (12/17)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      あお (12/14)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      プリウス (12/14)
    • 柚子のおすそわけ
      滝の道ゆずる (12/09)
    • もしも北上次郎×大森望『読むのが怖い!』で『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』が評論されたら……
      あお (12/07)
    • 「バドミントンの勝敗は人間社会での勝敗に似ている」中2、男の子の作文
      あお (12/07)
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座