<< 話題の展開は「前の話」「聞いた話」「調べた話」で。 | main | 中学生からは小論文形式で練習、受験対策にも有効 >>

おとなの作文〜私の宝物

0

     今日はおとな作文教室の生徒さんの作文のご紹介です。70代女性の作文。課題は「私の宝物」でした。

     

     向田邦子『父の詫び状』の「字のない手紙」が素敵だったわと前置きされてから書き始められました。「字のない手紙」はこんなエッセイ(アメブロから拝借)です。

     

     では美津江さんどうぞ。

    「はあい」

     

     

     

    父の手紙 安田美津江

     

     40年近く前のことになるが、 亡くなった父から手紙が届くようになった。

     父は私が20歳の時、 田んぼで脱穀機を止めようとしてモーターをつなぐベルトの金具に 長靴が引っ掛かり、右足切断の大けがをしていた。以来、 度重なる手術を経て、 義足でバイクを乗り回すまでに回復していたが、それから数年後、 家の裏のブロック塀を1人で積んだ翌日、脳梗塞を起こし、 右手と左足が動かなくなり、以来、 寝たきりの生活を余儀なくされていた。

     その父が左手で書いた手紙は何が書いてあるのか判別できなかった が、長い間、私はそれを保管し、父が亡くなったとき、 棺に入れて葬った。

     子育てと仕事に追われ、父親の気持ちを思いやれなかったことが、 今更のように悔やまれる。 お父さんの苦しみに比べれば何でもできると自分自身を鼓舞してき た私だが、父のそのころの年齢に今私も近づきつつある。

     

    (浅岡からひとこと)お父様からの読めない手紙。 それは何とか頑張れば読めるという程度のものではなく、 本当に全く読めない、模様のような字だったそうです。それでも、 次々届く手紙をすべて、保管して取っておかれたとか。もう手元にはないけれど、宝物というとお父様からの手紙を連想されるのですね。美津江さん、ありがとうございました。

     

     

    最後にぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ
    にほんブログ村



    コメント
    大好きだった父を思い出しながら読みました。父が生きている間に「大好きだよ」と言葉にしていなかったことに気づき、後悔しています。父の苦労に比べれば、いつも些細な悩み、と思うところ、お作者と同じです。
    • 安田育代
    • 2018/10/18 8:03 PM
    安田様、あたたかいコメントをありがとうございます。ご本人にもお伝えします。きっと喜ばれると思います。サンキュー(^^)/
    • あお
    • 2018/10/18 9:59 PM
    大島真寿美の「ピエタ」を彷彿とさせる、時の流れとその容赦ないはやさ、でもそれだけじゃない何か、を感じました。
    • アイン4
    • 2018/10/19 10:17 PM
    「ピエタ」、私も読みました! 展開がとても早く、一気に読ませる小説でしたね。同時にとても美しい小説でした。この作文も凝縮された時間と美しさがあると思います。コメント、ありがとうございましたm(_ _)m
    • あお
    • 2018/10/20 4:29 PM
    コメントする









    柏の葉作文教室概要
     無料体験学習(2回)受付中
    ※大変申し訳ありませんが受験生過多のため、現在、土曜日(こども作文教室)の体験学習の新規受付を行なっておりません。すでにお申込みいただいた方は受け付け済みです。体験学習の再開は2018年3月です。3月からの予約を受け付けています。

    おとな作文・小論文教室
    ご希望の方は受け付けております。(1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    メール/kayo.asaoka@gmail.com
    電話/080-4118-7434、04-7111-1255


    場所/さわやかちば県民プラザ
              柏市柏の葉4−3−1
    教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

    こども作文教室
    1〜4週、土曜日、9:00-12:00
    4000円/月(通信は4500円/月)

    おとな作文教室
    1〜4週、火曜日、9:00-12:00
    4500円/月

    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


    授業風景(県民プラザ3階、2018年12月)


    お迎えの待ち合わせ場所
    (県民プラザ2階、児童書コーナー)


    柏の葉公園に隣接しています。

    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    作文試験進化の方向(2018/01/04)

    ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
    ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
    ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
    ・申し訳ありませんが時間の予約はできません。
    ・5週目はお休みです。
    ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    • 【おとなの作文】課題「寒い朝」、サクラさん、パッソさん
      アイン4 (01/23)
    • 【おとなの作文】パソコン奮闘記5,6(70代女性パッソさん)
      アイン4 (01/23)
    • 【おとなの作文】鈴さん(60代女性)が書いた「おばあちゃんのこと」
      アイン4 (01/23)
    • 【おとなの作文】課題「寒い朝」、サクラさん、パッソさん
      アイン4 (01/23)
    • 教室は1月5日(土)から開始&【おとなの作文】「お正月」(80代女性サクラさん)
      アイン4 (01/23)
    • 「だんだん時間が経つにつれてなんかおかしいな、あれは僕が悪かったのかなと思い始めていた」小4男の子の作文
      あお (01/22)
    • 「だんだん時間が経つにつれてなんかおかしいな、あれは僕が悪かったのかなと思い始めていた」小4男の子の作文
      りー (01/20)
    • 「もう妹と私はあきらめていた。疲れてもいた。途中で凧揚げをしている人がいた」小6女の子の作文
      りー (01/17)
    • 【おとなの作文】パソコン奮闘記5,6(70代女性パッソさん)
      プリウス (01/11)
    • 柏の葉作文教室からメリークリスマス
      あお (12/24)
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座