<< おとなの作文〜私の宝物 | main | おとな作文教室作品「私の宝物」 >>

中学生からは小論文形式で練習、受験対策にも有効

0

     小学生の課題は生活作文と感想文が中心ですが、中学生になると小論形式で練習していきます。ある事柄について論点を絞り、実例を入れながら論理的な文章を書く練習です。

     

     中学1年生の書き方は、1、まず意見を述べ、2、その理由を実例を交えながら2つ書き、3、最後に反対の立場への理解を示し、名言を入れて意見をまとめるというかたちです。

     中学2年生では1、2つの対立する意見Aと意見Bを挙げ、2、それぞれの立場を実例を入れながら検証し、3、根本的な解決を図るための意見Cを提案します。

     中学3年生では、1、実現したい生き方を示し、2、そのための方法を2つ考え、3、反対理解を示し、結論を書きます。

     以降、高校生の課題も同じように学年によって定型があり、それに基づいて練習をしていきます。いずれも、1、はじめ、2、中2つ(意見、方法、対策などと実例)、3、結びの構成です。

     

     これはこのまま受験作文にも役立ちます。受験コースは普段の教材とは違う教材を用意しますが、1、2、3の文章の構成は変わりません。

     

    1、はじめに現状説明や論点を書き、

    2、理由、対策、方法、原因などを2つ、もしくはそれらを組み合わせたものを2つ、実例を入れて書く、

    3、最後にまとめて、「これから私は〜」と結ぶ。

    (字数は400〜600字程度が主流です)

     

     では、次に中学一年生の形式で書かれた作文をご紹介します。中1は、1、まず、意見を書き、2、理由を2つ、実例を入れながら書き、3、最後に結論を書くという構成。ペンネームはまだないそうなので、では、中1ボーイくん、お願いします。

     

    「はあい」


     

    けんかは良いか 中1

     僕はあまりケンカはしない。でも、友達にはよくケンカをする人がいる。たとえばこの間、友達の間で口論になり、先生が注意したことがあった。僕はけんかをするのは良いことだと思う。
     理由は2つある。ひとつ目はけんかをすることによって相手のことがよく分かることがあるからだ。この前けんかをしていたその2人が体育祭の時になると意気投合して種目で一位を勝ち取った。
     2つ目はけんかをするぐらいの気持ちがないと自分らしく生きていけないからだ。昔ベトナム戦争があり、ベトナムは大国アメリカに勝った。アメリカと戦争しなかったらベトナムは自分の国に対する誇りを持てなかっただろう。
     確かにけんかは相手を傷つけてしまうこともあるので、そういう点で避けられるものならば避けた方が良い。しかし「1人の敵も持たないものは1人の友も持たない」という名言がある。けんかというものは友達を作るひとつの手段なのかもしれない。

     

    作文に拍手を、下のボタンはポチっとお願いします。

    にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
    にほんブログ村



    コメント
    コメントする









    柏の葉作文教室概要
     無料体験学習(2回)受付中
    (1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    メール/kayo.asaoka@gmail.com
    電話/080-4118-7434、04-7111-1255


    場所/さわやかちば県民プラザ
              柏市柏の葉4−3−1
    教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

    こども作文教室
    1〜4週、土曜日、9:00-12:00
    4000円/月(通信は4500円/月)

    おとな作文教室
    1〜4週、火曜日、9:00-12:00
    4500円/月

    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


    2017年11月(柏市、自宅にて)


    2014年8月(柏の葉公園、和室にて)


    2006年9月(アメリカ、ヒロ教室)


    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    SNSはどれも一長一短なので自分で作ることに(2018/11/19)一見作文に関係なさそうで、関係ある内容(^^;

    (柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています)
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
    *振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
    原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座