<< 3年生、4年生の作文「秋をみつけたこと」 | main | 小2女の子の作文、ライバルを讃える潔さ、いつかライバルを超えようとする強い気持ち >>

大人の作文「日々是平穏」

0

     おとな作文教室の生徒の美津江さんが家で書いてきた作文を持ってきてくれました。思いつくままに大学ノートに綴られた作文です。

     

     美津江さんは教室でその週の課題に取り組むよりも、思いついたことをその場で書き留める方が好きです。最初に作文のメモや構成図を作ったりは苦手で、そういうものがあるとかえって書きたいことが逃げていってしまうタイプ。また、書き留める紙は作文用紙よりも大学ノートを好みます。大人になるとその人なりの確立されたスタイルがあるということだと思います。

     

     作文は表現です。表現したいことを、表現したい方法で表し、表現したものを鑑賞する人がいる。これがおとなの作文ではとても大切です。作文はどんどんこちらのブログで紹介していきます。感想があればぜひコメントにお書きになってください。

     

     美津江さんの今回の作文のキーワードは、「胃がん」「手術」「ラッキー」「柏たなか病院」「マイクロバス」「柏の葉キャンパス駅」「柏」「大好き」です。

     

     では、美津江さんお願いします。

     

    「はあい」

     

     

     

    日々是平穏 安田美津江

     

     胃の検査を終えて病院を出ようとしたら

    「バスが出ますよお」

    と呼んでいる人がいた。

    「どこ行きですか?」

    「キャンパス駅です」

    ちょうど良かったと初めて柏たなか病院のマイクロバスに乗せても らうことにした。 病院がきれいになったらマイクロバスも新しくなった。10年前、 私は移転する前の田中病院で胃がんの手術を受けていた。 流山から柏に引っ越して間もなくのことである。そのころ、 勤めていたトーカツフーズで、 タイムカードを押そうとすると胃に激しい痛みを覚えた。やむなく早退をして帰ったものの、そんな日が三日続いたある日、 同僚に一度病院で見てもらったらと言われてかかりつけの医院で薬 をもらったが痛みは一向に治まることがなかった。

    「いつもならすぐ効くはずですが」

    「おかしいですね。 もう少し大きな病院で精密検査を受けられたらどうですか」

    ということで訪れた柏たなか病院だった。

     古い病院ではあったが看護婦さんをはじめ、 病院の人々はそれは親切であった。 20年以上も前に亡くなった主人がお世話になった都内の大きな病 院とは大違いである。 はじめに受けた大腸の検査は小さなポリープがひとつということで まず問題なし。 ところがそのあとで見てもらった胃の検査で悪性の腫瘍が見つかっ た。 引っ越しの疲れたと仕事のストレスとばかり思いこんでいた私にと って予想もしないことだった。

     その時、

    「ラッキーですね」

    と言われた院長先生の言葉がいまだに忘れられずにいる。

    「治りますか?」

    「治ります。今なら治ります」

    病院の3階の窓から私は来る日も来る日も国道を走る車を眺めてい た。早く良くなりたい、よくなってまた車で走れるようになりたい」

     その時の私はすべての元気な人がうらやましかった。元気で働けるのなら他に欲しい物は何もなかった。あれから10年、大きな3本の桜の木は病院とともになくなり今は更地となっている

     柏たなか病院が壊されるとともに私の足はしだいに病院から遠のいていたが、去年の暮れに体調を崩したのをきっかけに、移転した柏たなか病院を再び訪れ検査をしてもらうことにしたのだ った。

     新しい病院はまるでホテルのようである。柏は病院が多いが、 これだけの設備投資をして果たして経営は成り立つのかしらと余計 なことまで考えてしまった。ホテルのような病院で診察をしてもらい、おしゃれなマイクロバスに乗ってつくばEXの柏キャンパス駅まで送ってもらう。そんな柏が大好きになってきた。

     

    大人の方も大人でない方も、ぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ
    にほんブログ村



    コメント
    確かに、昔の田中農協病院とは大きく変わった感じです。柏たなか病院は駅に近くてきれいでいいと思います。
    • アイン4
    • 2018/10/31 3:07 AM
    「ホテルのような病院」がぴったりです。
    • あお
    • 2018/10/31 8:13 AM
    コメントする









    柏の葉作文教室概要
     無料体験学習(2回)受付中
    (1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    メール/kayo.asaoka@gmail.com
    電話/080-4118-7434、04-7111-1255


    場所/さわやかちば県民プラザ
              柏市柏の葉4−3−1
    教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

    こども作文教室
    1〜4週、土曜日、9:00-12:00
    4000円/月(通信は4500円/月)

    おとな作文教室
    1〜4週、火曜日、9:00-12:00
    4500円/月

    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


    2017年11月(柏市、自宅にて)


    2014年8月(柏の葉公園、和室にて)


    2006年9月(アメリカ、ヒロ教室)


    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    SNSはどれも一長一短なので自分で作ることに(2018/11/19)一見作文に関係なさそうで、関係ある内容(^^;

    (柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています)
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
    *振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
    原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座