<< 教室引っ越し、11月3日(土)からさわやかちば県民プラザにて開催 | main | 県民プラザへの引っ越し〜作文風レポート >>

おとなの作文「腕枕」

0

     おとなの作文のご紹介です。60代女性の作品。以前ご紹介した70代、80代女性が書かれた「父からの手紙」に触発されて、ご自分のお父さんのことを書かれました。この作文の中のお父さんを記憶にとどめておきたいそうです。

    作文のキーワードは黒猫、腕枕、布団、父、末っ子。

     ぐっとくる作文です。最後の軽みがまた粋です。

    では、すずさん、お願いします。

    「はあい」



    腕枕 すず

     猫を飼っている。生まれてすぐ捨てられていた黒猫だ。親や兄弟を知らずに育ったので、とりわけ甘えん坊で、やんちゃで、人見知り。

     私が布団に入るととんできて、当たり前な顔をして腕枕に収まる。軽くて小さい猫の頭だが、しばらくすると寝返りも打ちたいし、腕もしびれてくる。ぐっすり寝込んでいる猫の頭をそおっとずらしてみるが、気づかれて腕枕のやり直しになるのが常だ。

     そういえば、私は小さい頃、毎日父の腕枕で眠っていた。末っ子だけの特権だったと思う。父の腕はさぞかし痺れただろう。

    「重いなあ、ええ頭やなあ。」

    と、言ってもらえるのが嬉しかった。なかなか眠られないと、寝返りを打ちたくなり、

    「お父ちゃんのこと好きやけど、あっち向くね。」

    と、いちいち断って背を向けた。父から背を向けられた記憶はない。 

     そんなふうに育ったのに、2人の子供を育てるのに、腕枕をして寝かしつけたことは、たぶんない。欧米式に、寝る前の絵本を読んだ後は、おやすみ、と言って子供達だけで寝るように仕向けていた。なんと勿体ないことをしてしまったのかと悔やまれる。

     仕方がない。今は猫を甘やかすか。

     

    ▼パソコン入力で書かれました。キーボードで入力すると、考えるスピードで書き留められます。

     

    =============================

    大人作文教室は毎週火曜日、9:00−12:00

    さわやかちば県民プラザにて開催中。

    無料体験学習2回受付中です。

    ご連絡は柏の葉作文教室、浅岡まで。

    04-7111-1255

    080-4118-7434

    kayo.asaoka@gmail.com

     

    プロ級の文章力に拍手を、下のボタンはぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ
    にほんブログ村



    コメント
    一文一文が短く研ぎ澄まされていて、切れ味抜群!その一方で豊かな余韻があります。すごい。

    • アイン4
    • 2018/11/07 11:58 PM
    ほんとうですね。アマチュアとは思えない。。
    • あお
    • 2018/11/09 3:25 PM
    コメントする









    柏の葉作文教室概要
     無料体験学習(2回)受付中
    ※大変申し訳ありませんが受験生過多のため、現在、土曜日(こども作文教室)の体験学習の新規受付を行なっておりません。すでにお申込みいただいた方は受け付け済みです。体験学習の再開は2018年3月です。3月からの予約を受け付けています。

    おとな作文・小論文教室
    ご希望の方は受け付けております。(1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    メール/kayo.asaoka@gmail.com
    電話/080-4118-7434、04-7111-1255


    場所/さわやかちば県民プラザ
              柏市柏の葉4−3−1
    教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

    こども作文教室
    1〜4週、土曜日、9:00-12:00
    4000円/月(通信は4500円/月)

    おとな作文教室
    1〜4週、火曜日、9:00-12:00
    4500円/月

    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


    授業風景(県民プラザ3階、2018年12月)


    お迎えの待ち合わせ場所
    (県民プラザ2階、児童書コーナー)


    柏の葉公園に隣接しています。

    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    作文試験進化の方向(2018/01/04)

    ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
    ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
    ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
    ・申し訳ありませんが時間の予約はできません。
    ・5週目はお休みです。
    ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    • 【おとなの作文】課題「寒い朝」、サクラさん、パッソさん
      アイン4 (01/23)
    • 【おとなの作文】パソコン奮闘記5,6(70代女性パッソさん)
      アイン4 (01/23)
    • 【おとなの作文】鈴さん(60代女性)が書いた「おばあちゃんのこと」
      アイン4 (01/23)
    • 【おとなの作文】課題「寒い朝」、サクラさん、パッソさん
      アイン4 (01/23)
    • 教室は1月5日(土)から開始&【おとなの作文】「お正月」(80代女性サクラさん)
      アイン4 (01/23)
    • 「だんだん時間が経つにつれてなんかおかしいな、あれは僕が悪かったのかなと思い始めていた」小4男の子の作文
      あお (01/22)
    • 「だんだん時間が経つにつれてなんかおかしいな、あれは僕が悪かったのかなと思い始めていた」小4男の子の作文
      りー (01/20)
    • 「もう妹と私はあきらめていた。疲れてもいた。途中で凧揚げをしている人がいた」小6女の子の作文
      りー (01/17)
    • 【おとなの作文】パソコン奮闘記5,6(70代女性パッソさん)
      プリウス (01/11)
    • 柏の葉作文教室からメリークリスマス
      あお (12/24)
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座