<< おとなの作文「腕枕」 | main | 携帯電話を洗濯(゚Д゚)ノ >>

県民プラザへの引っ越し〜作文風レポート

0

     

     先週、作文教室の引っ越しがありました。自宅から「さわやかちば県民プラザ」へ。

     引っ越しのようすを作文風にご報告します。作文の題名は「電気製品を買う喜び」。県プラへの引っ越しとは関係なさそうで、実は深く関係するのです(^_-)-☆ホント

     

    ==========================

     

    電気製品を買う喜び(県民プラザへの引っ越しに寄せて) あお

     

     これまで自宅でやっていた作文教室を県民プラザへと引っ越した。 引っ越しでいちばん頭を悩ませたのが、いつも授業に使っているプリンターをどうするか、ということ。

     作文を書く前にいつも必ず子どもたちと作文の内容を相談してメモを作り、印刷して渡している。作文の構成もその時に決めてしまう。

     こどもたちはメモをもとに作文を書く。 メモ通りに書く子もいるし、そこからさらに想像が膨らんでいろいろ付け加える子もいる。中には順番を入れ替えるなんて高度な技を見せてくれる子もいる。とにかくメモを作り、印刷して渡すのはとても大事なことだ。この過程を省略することはできないし、手書きも考えにくい。手書きは遅いし、私の字はきたないし^^

     

     しかし、自宅で使っているプリンターは食洗器ぐらいの大きさ。担いでいくわけにいかない。かといって県民プラザのコピー機も使えない。USBメモリが入らないからだ。職員の方に相談すると階の違うパソコン室のパソコンを1回300 円で借りてくれという。そうすればプリント代はタダになるらしい。でも、いちいちその手間と費用はかけてられない。さて、どうするか。

     

     そういえば、と思い出した。以前、 わが家に光回線を開通させにやってきたおじさんが棒状の小さなプリンタを使っていたことを。作業が終わって、パソコンにつなぎ、ぴーっと領収証を印刷して渡してくれた。感熱紙なんかに印刷したらすぐ消えるんちゃうか?とその時は不満に思ったけれど、子どもたちの作文用メモには事が足りる。プリンタの大きさは料理でパイ生地を伸ばす綿棒くらい。カバンにもらくらく入る。あれ、ほしいなあと思い、ネットで探したら、ブラザーのモバイルプリンター68, 000円が見つかった。た、高い! さらに、探して12, 800円で中古を買うことにした。

     電気製品で中古を買うのはたぶん初めてだ。ちゃんと動くんかいなとちょっと心配だったが、 動かなかった場合は返金すると書いてあるし、トラブルがあったらここに電話してくれれば誠心誠意、対応しますと書いてあったのでそれを信じてネットで注文した。

     

     プリンタはちゃんと動き、先日、初の県プラでの教室でも大活躍してくれた。子どもたちは小さな小さなプリンタがきれいに文字を印字するのを驚いた顔で見ていた。わあ、すごいと声に出して驚いた子もいた。私が最初にテストプリントしたときと同じように。

     そもそも、感熱紙というものを知らない子もいた。インクジェットもトナーもないプリンタなのに出てきた紙に黒い字が写されていて不思議そうだった。そういえば、 この感熱紙は電気屋さんで「この種類しかありません」 と言われた一品。いまどき感熱紙を使う人なんてほとんどいないのかもしれない。

     

     とにかくプリンタが動いて良かった。中古品をていねいに売ってる中古屋さんのおかげだ。あまり売れないであろう感熱紙を置いてくれてる近所の電気屋さんのおかげだ。テクノロジーに驚く子どもたちもかわいかった。久々に電気製品を買う喜びがあった。これはもしや新品のMacbookを手に入れるより嬉しいのではないかと思った。いや、正直、あれもほしいけど。 あれくらい小さかったら県プラへの持ち運びも楽にちがいない。… …と、膨らむ物欲(笑)

     

     大人作文教室の生徒さんから、パソコンを買いたいから一緒に電気屋さんに行ってくれと頼まれて いる。新しい電気製品に大いに喜んでもらえるようなパソコンが買えたら いいなと思っています。

     

    ▼購入したBrother PJ-623

     

    ==========================

     

    こんなにちっちゃいプリンタを作るなんて人間はすごい(=゚ω゚)ノ

    ぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
    にほんブログ村



    コメント
    今回の用途にはばっちりですね。やりたいことにぴったりはまった製品が見つけられた喜びというところでしょうか。あと、新品のマックブックより、iPad Pro + Apple Pencil がおすすめ。
    • アイン4
    • 2018/11/07 11:20 PM
    どれも高そうですな〜。
    • あお
    • 2018/11/09 3:27 PM
    コメントする









    柏の葉作文教室概要
     無料体験学習(2回)受付中
    (1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    メール/kayo.asaoka@gmail.com
    電話/080-4118-7434、04-7111-1255


    場所/さわやかちば県民プラザ
              柏市柏の葉4−3−1
    教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

    こども作文教室
    1〜4週、土曜日、9:00-12:00
    4000円/月(通信は4500円/月)

    おとな作文教室
    1〜4週、火曜日、9:00-12:00
    4500円/月

    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


    2017年11月(柏市、自宅にて)


    2014年8月(柏の葉公園、和室にて)


    2006年9月(アメリカ、ヒロ教室)


    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    SNSはどれも一長一短なので自分で作ることに(2018/11/19)一見作文に関係なさそうで、関係ある内容(^^;

    (柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています)
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
    *振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
    原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座