<< インターネットを活用した遊び、小5女の子の作文 | main | 小3の男の子の作文「担任の先生のこと」 >>

おとなの作文、出雲旅行記

0

     おとなの作文のご紹介です。65歳になって中高時代の友達と出雲旅行へ行かれました。いいですねえ。
     写真もご本人が撮られました。センスあります♪ すてきな旅行記になりました。読むだけで出雲気分が味わえますよ。

     では、鈴さん、お願いします。

     

    「はあい(鈴虫じゃないってば)」

     

    出雲の旅 鈴

     

     中高生時代からの友人3人で出雲へ出かけた。65歳ながら、みな現役社会人。東京と大阪に住み分かれているが、旅行は4回目。

     10月27日午後4時、島根県湯の川温泉のとある旅館で集合することとなった。「久しぶり」と、一通りの挨拶の後は、毎回ささっと浴衣に着替えて、温泉に直行だ。

     湯の川温泉は三大美人の湯として有名なだけあって、泉質がトロリとしている。おおっ、天国やねえと、至福の時を共有する。すっぴんになって、髪も洗って、露天湯でのんびりとするのがたまらない。夕暮れが迫って、さらに旅情が増してくる。

     旅の楽しみのもう一つは食事。私は下戸だが、他の2人は酒豪なので、食事の時間は長くて楽しい。それぞれの生活環境が全く違うので、近況報告も新鮮だ。

     翌朝早く、出雲大社に詣でた。実は新婚旅行以来の出雲大社だ。なんだかんだありながらの結婚46年目は、ひょっとしたら出雲の神様のお陰だったかもしれず、神妙にお礼を述べた。この際、別の生き方があったかも、なんてことは思わないでおこう。

     

    ▼出雲大社

     

     午後からは松江市へ移動。堀川を巡る舟に乗ってみれば、船頭さんのなんといい声、成り行きで乗った舟だったが、みな大満足であった。

     島根県立美術館は、友人の一人のリクエスト。島根県出身の河井寛次郎作品が圧巻、しかも、宍道湖に面する美術館は、夕日を見るベストポジションと知って、ここで日没の時を過ごすことにした。雲の間から差し込むオレンジ色の日矢が神々しく、夕日以上に感動的だった。

     

    ▼宍道湖に降る日矢

     

     

     

     2泊目は玉造温泉泊。温泉、食事とも素晴らしかったが、特筆すべきは、宿のロビーで催された岩見神楽の八岐大蛇退治の一幕だ。全力で演じられる十分間が、一瞬と思える感動であった。大蛇の長い長い体を自由自在に巻き付けたり伸ばしたり、天井に届くほど高くしたり、鍛錬は並大抵ではないと思う。旅の感動は、いたるところにある。

     

     3日目は紅葉の大山へ。今年の初紅葉だ。青空と白雲とのコントラストが絶妙で、ラッキーこの上ない。牧場でいただくソフトクリームも濃厚!

     

    ▼紅葉の大山

     

     旅の締めくくりは足立美術館。有名なお庭はテレビ画面で何度も見ていて、ハードルがうんと高かったが、実景は、それをはるかに超えていた。画面では伝わらない風や、水音、清浄な空気が、心身にダイレクトに伝わる。収蔵品も、展示方法も工夫が凝らされて面白かった。

     

    ▼足立美術館

     

     帰路は空港から。空港に着くなり、大雨になった。3人のうち、誰か、晴れ女なんだろうな。誰だか分からないけど、ありがとう。次の旅もよろしくね。

     

    ==========================

    パチパチパチ―、鈴さんありがとうございました。

    皆さま、作文と写真のプチ旅行はいかがでしたでしょうか。

    最後にぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ
    にほんブログ村



    コメント
    現地集合がまずかっこいいです。成り行きで乗った舟に大満足って最高ですね。晴れ女は自分以外なのであと二人のうちの誰か?
    • アイン4
    • 2018/11/20 9:51 PM
    コメントする









    柏の葉作文教室概要
     無料体験学習(2回)受付中
    ※大変申し訳ありませんが受験生過多のため、現在、土曜日(こども作文教室)の体験学習の新規受付を行なっておりません。すでにお申込みいただいた方は受け付け済みです。体験学習の再開は2018年3月です。3月からの予約を受け付けています。

    おとな作文・小論文教室
    ご希望の方は受け付けております。(1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    メール/kayo.asaoka@gmail.com
    電話/080-4118-7434、04-7111-1255


    場所/さわやかちば県民プラザ
              柏市柏の葉4−3−1
    教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

    こども作文教室
    1〜4週、土曜日、9:00-12:00
    4000円/月(通信は4500円/月)

    おとな作文教室
    1〜4週、火曜日、9:00-12:00
    4500円/月

    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


    授業風景(県民プラザ3階、2018年12月)


    お迎えの待ち合わせ場所
    (県民プラザ2階、児童書コーナー)


    柏の葉公園に隣接しています。

    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    学力の二つの道とそれぞれの個性(2018/12/07)

    ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
    ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
    ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
    ・申し訳ありませんが時間の予約はできません。
    ・5週目はお休みです。
    ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
      プリウス (12/18)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      アイン4 (12/18)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      アイン4 (12/18)
    • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
      あお (12/17)
    • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
      アイン4 (12/17)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      あお (12/14)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      プリウス (12/14)
    • 柚子のおすそわけ
      滝の道ゆずる (12/09)
    • もしも北上次郎×大森望『読むのが怖い!』で『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』が評論されたら……
      あお (12/07)
    • 「バドミントンの勝敗は人間社会での勝敗に似ている」中2、男の子の作文
      あお (12/07)
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座