<< おとなの作文、出雲旅行記 | main | おとなの作文、パッソさんのパソコン奮闘記 >>

小3の男の子の作文「担任の先生のこと」

0

     小3の男の子ヒッキーの作文です。課題「わたしの先生」で書きました。

     

     ヒッキーの担任の先生はとても面白い先生です。でも、面白いだけではありません。子どもたちの勉強への意欲もうまく引き出しています。こういう先生を本当のベテランというのですね。

     

     ヒッキーの作文からそんな先生の姿がありありと浮かび上がります。それは、ヒッキーが先生の言葉をよく聞き、クラスの雰囲気をうまく察知して、それらを正確に文章として再現できているからです。できて当たり前のことのように思えますが、実はここが難しいところなのです。

     

     では、ヒッキーお願いします。

    「はい!」

     


    担任の先生のこと 小3 ヒッキー

     

     僕の担任の先生は男の先生で少しおじさんだけどすごくおもしろい話を聞かせてくれます。どのぐらいおもしろいかというとお母さんが、毎日、僕に
    「先生のおもしろい話聞かせて」
    と言ってくるほどです。
    先生は家でいっぱい生き物を飼っているそうです。先生はオオサンショウウオの仲間を三匹飼っていて、その中の一匹を学校に持ってきてくれました。名前はウパタンです。理科でモンシロチョウの授業をやるときにさなぎや幼虫を持ってきてくれて、分かりやすかったです。先生は昔、理科の先生でいまは小学校の担任の先生です。
    昔は悪ガキだったそうです。六人ぐらいのグループで自転車を盗んで壊して怒られたり、1個10円の爆竹を投げて爆発させたり、ザリガニをバルタン星人扱いしてみんなでやっつけたりした話もしてくれました。みんなの反応は
    「もっと聞かせて」
    です。クラス全員の雰囲気が明るくなります。
    先生のおもしろい話はただの雑談ではありません。授業に役立つ話をいっぱいしてくれて勉強が楽しくなります。だから僕は先生に担任してもらって良かったなあと思います。

     

    ================================

     ヒッキーくんがこんなにじょうずに先生を紹介できるのは、毎日、お母さんに先生の話しているからかもしれません。お母さんがニコニコ聞いているので、ヒッキーくんも楽しくてどんどん先生のことを話し、それがいい練習になっているのでしょう(完全に想像(笑))。

     

     ちなみに、先生が飼ってらっしゃるオオサンショウウオの名前はすべてウパタンだそうです。ウパタン1、ウパタン2、ウパタン3と番号で識別していると子どもたちには説明されているそうですが、学校に連れてきたのが何番のウパタンかは分からないそうです。大雑把なかんじがまたいいですね。

     

    ▼オオサンショウウオ。“ウパタン”顔ですな。

    写真はPetpediaより。


    ぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
    にほんブログ村



    コメント
    コメントする









    柏の葉作文教室概要
     無料体験学習(2回)受付中
    ※大変申し訳ありませんが受験生過多のため、現在、土曜日(こども作文教室)の体験学習の新規受付を行なっておりません。すでにお申込みいただいた方は受け付け済みです。体験学習の再開は2018年3月です。3月からの予約を受け付けています。

    おとな作文・小論文教室
    ご希望の方は受け付けております。(1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    メール/kayo.asaoka@gmail.com
    電話/080-4118-7434、04-7111-1255


    場所/さわやかちば県民プラザ
              柏市柏の葉4−3−1
    教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

    こども作文教室
    1〜4週、土曜日、9:00-12:00
    4000円/月(通信は4500円/月)

    おとな作文教室
    1〜4週、火曜日、9:00-12:00
    4500円/月

    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


    授業風景(県民プラザ3階、2018年12月)


    お迎えの待ち合わせ場所
    (県民プラザ2階、児童書コーナー)


    柏の葉公園に隣接しています。

    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    学力の二つの道とそれぞれの個性(2018/12/07)

    ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
    ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
    ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
    ・申し訳ありませんが時間の予約はできません。
    ・5週目はお休みです。
    ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
      プリウス (12/18)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      アイン4 (12/18)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      アイン4 (12/18)
    • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
      あお (12/17)
    • 「その時はどうなっているのか分かりませんでした」小4、男の子の作文
      アイン4 (12/17)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      あお (12/14)
    • 【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」
      プリウス (12/14)
    • 柚子のおすそわけ
      滝の道ゆずる (12/09)
    • もしも北上次郎×大森望『読むのが怖い!』で『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』が評論されたら……
      あお (12/07)
    • 「バドミントンの勝敗は人間社会での勝敗に似ている」中2、男の子の作文
      あお (12/07)
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座