<< 「アルバムはまるでみんなを笑顔にする魔法の絵本みたい」小4、女の子の作文 | main | 【重要】明日の教室は講師自宅にて開催。県民プラザではありません。 >>

【おとなの作文】パッソさんの「パソコン奮闘記3、4」

0

     

     大人作文教室の生徒さん、パッソさんの「パソコン奮闘記3、電源が入った」、「パソコン奮闘記4、何でもいい夢中になるのがいい」のご紹介です。

     

     パッソさんはお1人暮らし。パソコンを使い慣れた、困ったらいつでも助けてくれるような人はいません。それでも、パソコンを自由に使いたいと日々、奮闘していらっしゃいます。それをそのまま作文に。実況型作文です。そんな言葉はないかもしれませんが(^^;

     

     文中、「画面が風景画のまま変わらない」はスクリーンセーバーのままパソコンにサインインできていない状態、いざとなればこれがあると頼みにしている「シャフトダウン」は「シャットダウン」の間違い、とパソコン初心者にはよくある初歩的なつまずきが多々あってほほえましく、また、そんな困難にもめげずパソコンと格闘するパッソさんを応援したくなる作文です。

     

     では、パッソさん、お願いします。

     

    「はあい♪」

     

     

    パソコン奮闘記3「電源が入った」 パッソ(70代女性)

     

     電源が入った。まる二日かかって漸く電源を入れるに至った。

     

     さてこの先どうする? 画面を眺めていると、真っ暗になってしまった。慌てて電源を押すと、省エネのためです、電源を入れないで下さいとある。なんだそうなのか。とにかく家電の説明書は何度、読んでも分からない。こうして間違いだらけのパソコン入門が始まった。

     

     遠い親戚より近くの他人と言うが、私には近くの娘より遠くの妹の方があてになる。そこで妹に電話で聞いてみることにした。

    画面が動かないのよと言うと、左上のワードのアイコンを押せばいいと言う。

    「スマホのアプリ一面みたいに画面が写るんじゃないの?」

    と問えば、

    「まずワードを押してみて、それからファイルを押すと、文章を打つ画面になるから」

    と答える。

    「そうオ、風景画ばっかりで、ちっとも変わらないのよ」

    だが私のパソコンにワードは出なかった。おそらく機種が違うのだろう。そもそもワードとはなんぞや。


    分からない。パソコンの操作が分からない。初めてスマホを見た時、真っ暗な画面を見て私は、戸惑った。これ、どうやって電源を入れるのだろう? 後でスライドというのを知ったが、初めて携帯電話を使った時も然り。電話番号はどうして打つのだろうと、思案にくれたものだった。

     

     そんな私がパソコンを使いたいと思うのが、どだい無理なのだ。浮世離れして暮らそうと決めたのにと恨めしくなってくるが、お困りの場合は、販売店へ連絡する前に、メーカーの安心サポートへというのを見て、パソコンを見ながら携帯電話を手に取った。しかし、電話をかけながらパソコンを操作するのは難しい。「アッ」「アレ」「しまった」の連続である。

     

     結局、後で電話しますで終わったものの、それでも文字を打てるまでになった。どこまでいっても数字ばかり続く画面を見ながら、ハテ、どうしたら平仮名が出るのだろうと思案にくれていた。

     

     


    パソコン奮闘記4「何でもいい、夢中になるのがいい」 パッソ(70代女性)

     

     何でもいい、夢中になるのがいい。これまで暇さえあればテレビを見ていたが、そういう事もなくなった。本を読む時間も惜しい。掃除機をかけながら、もしかしたらシフトキ-を押すのかしら、それとも変換? 気が付くとパソコンの前に座っている。仕事先での人の噂話も気にならなくなった。

     

     パソコンを買ったと言うと、皆、口をそろえたように「すごいねー」と言う。「アホなことするねえ」とは言わないのだ。まあいい。何とでも言うがいい。千里の道も一歩よりというではないか、頑張ろう!

     

     三歩進んで二歩下がる状態が続いている。昨日、打てた数字が、もう打てない。パソコンに向かって「あのなあ」と言いたくなってきた。当てずっぽうにクリックしていると「音声が聞き取れません」ときたものだ。しかも外人らしい女性の声で発音がおかしい。

     

     ほんの少し触っただけで、訳の分からない画面が写し出されたり、文字が現れたりするが、たしか遠い昔、一日だけ市のパソコン教室にいって、バツボタンは消しゴムと聞いたことがあったので、すべてを消し去ることにした。バツボタンとシャフトダウン(シャットダウンのこと)は車のブレーキみたいなものだから覚えておこう。走れなくても良いが、止まれないのはもっと怖い。

     

     毎週火曜日は大人の<作文教室>に通っている。そこでパソコンは水に弱いと聞いて、パソコンのそばでお茶を飲むのを止めることにした。パソコンが水浸しになっても困る。車を買った途端に、当ててしまった様なものではないか。

     

     実は愛車のパッソを三回当てた事がある。修理に出していた車に乗って、トヨタを出たとたんに、止まってくれた車の向こうを走ってきた車に当てたことがあるが、ありがとうございました、と送ってくれた店員さんの前をバックで戻った時は、相当恥ずかしい思いがしたものだ。

     

     新車はお祓いをしなければいけないと言われて、諏訪神社に車を持って行って以来、当てた事は一度もない。県民プラザはインターネットが繋がっているので、先生にお願いして、ワードの製品登録をして頂いた。しかし、先生がパソコンを打つのは早い。エッ、どうしたら漢字? どうしたら英字?と思っているうちにその日は終わった。

     

     そこでやおらパソコン入門書を開いてみる。成程、成程。ただ文字を打つだけではなくて、同時に別のキーを押すのか。空白のキーを押すと、変換されるのもあって、驚いたり感心したりしている。取り敢えず、文字が打てるようになったし、ワードも分かった。

    これで千里の道の三歩ぐらいは進んだかしら。

     

    ==========================================

     

    おとな作文教室は毎週火曜日9:00-12:00、さわやかちば県民プラザにて開催。

    詳細はこちら

     

    ぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ
    にほんブログ村



    コメント
    パッソさん、状況、よくわかりました。奮闘されているご様子が見えるようです。千里の道の5歩は進んだと思います。めげずに少しずつ進んでください。私がパソコンを始めた時、婿殿から「パソコンを嫌いにならないでください。いろいろ触っているうちに覚えますよ。」と言われました。今では相棒です。
    • プリウス
    • 2018/12/14 3:36 PM
    力強いエール、ありがとうございます〜。
    • あお
    • 2018/12/14 3:44 PM
    せっかくパソコンを始めたのですから、最終目標はぜひプログラミングにしてほしいです。新しい「言葉」です。世界が広がるかもです。
    • アイン4
    • 2018/12/18 12:22 PM
    最初の三歩すごいです。
    五里霧中状態で、最初が一番大変なので、
    この三歩(五歩?)は途中の300歩に相当すると思います。
    • アイン4
    • 2018/12/18 12:26 PM
    コメントする









    柏の葉作文教室概要
     無料体験学習(2回)受付中
    ※大変申し訳ありませんが受験生過多のため、現在、土曜日(こども作文教室)の体験学習の新規受付を行なっておりません。すでにお申込みいただいた方は受け付け済みです。体験学習の再開は2018年3月です。3月からの予約を受け付けています。

    おとな作文・小論文教室
    ご希望の方は受け付けております。(1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    メール/kayo.asaoka@gmail.com
    電話/080-4118-7434、04-7111-1255


    場所/さわやかちば県民プラザ
              柏市柏の葉4−3−1
    教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

    こども作文教室
    1〜4週、土曜日、9:00-12:00
    4000円/月(通信は4500円/月)

    おとな作文教室
    1〜4週、火曜日、9:00-12:00
    4500円/月

    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


    授業風景(県民プラザ3階、2018年12月)


    お迎えの待ち合わせ場所
    (県民プラザ2階、児童書コーナー)


    柏の葉公園に隣接しています。

    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    作文試験進化の方向(2018/01/04)

    ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
    ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
    ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
    ・申し訳ありませんが時間の予約はできません。
    ・5週目はお休みです。
    ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    • 【おとなの作文】課題「寒い朝」、サクラさん、パッソさん
      アイン4 (01/23)
    • 【おとなの作文】パソコン奮闘記5,6(70代女性パッソさん)
      アイン4 (01/23)
    • 【おとなの作文】鈴さん(60代女性)が書いた「おばあちゃんのこと」
      アイン4 (01/23)
    • 【おとなの作文】課題「寒い朝」、サクラさん、パッソさん
      アイン4 (01/23)
    • 教室は1月5日(土)から開始&【おとなの作文】「お正月」(80代女性サクラさん)
      アイン4 (01/23)
    • 「だんだん時間が経つにつれてなんかおかしいな、あれは僕が悪かったのかなと思い始めていた」小4男の子の作文
      あお (01/22)
    • 「だんだん時間が経つにつれてなんかおかしいな、あれは僕が悪かったのかなと思い始めていた」小4男の子の作文
      りー (01/20)
    • 「もう妹と私はあきらめていた。疲れてもいた。途中で凧揚げをしている人がいた」小6女の子の作文
      りー (01/17)
    • 【おとなの作文】パソコン奮闘記5,6(70代女性パッソさん)
      プリウス (01/11)
    • 柏の葉作文教室からメリークリスマス
      あお (12/24)
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座