<< 【おとなの作文】鈴さん「子供キャンプ」 | main | 柏の葉作文教室からメリークリスマス >>

小4女の子の作文「何回、失敗しても友達と励ましあってとぶと、どれだけでもがんばれます」

0

     小4女の子、ドルフィンちゃんの作文です。課題「好きなスポーツ」で書きました。なわとびで書くと決め、なわとびのどこが好きなのか、一生懸命、考えて書きました。

     私は子どもの頃、なわとびが好きではありませんでしたが、あのころ、この作文を読んでいたら、なわとびが好きになったかもしれません。それほど、なわとびの魅力についてしっかりと書けています。

     

     では、ドルフィンちゃんお願いします♪

     

    「はあい」

     

     

    大好きななわとび 小4 ドルフィン

    (追記・清書作文を反映しました。2018年12月22日)

     
     学校の体育の時間や休み時間にはなわとびをやります。なわとびカードがあり、級があって、何とびを何回跳べば何級に行けるというのが書いてあります。10級から1級までいくと、次は特級、名人、達人と進みます。1、2年生、3、4年生、5、6年生の3つの種類のカードに分かれていて、自分の学年が終わると次の学年のカードにいけます。


     みんな各自の目標があります。私の目標は5、6年生のなわとびカードに行くことでした。5,6年生のなわとびカードは難しくてなかなか達人まで行けないそうです。3、4年生のカードと違いそれぞれの技の回数が多くなっています。二重とびを1回跳んでいる間に交差とびを1回する「ハヤブサ」という技は3、4年生では15回だけど、5,6年生では20回に増えるそうです。


     なわとびの好きなところは数字がはっきり出て、自分の成果が表になって分かるところです。自分の記録も伸びやすいし、友達と協力できるので友達との仲が親しくなることもあります。友達同士で難しい技を教えあったり、放課後、あまり遊ばない友達と一緒になわとびで遊んだりします。何回、失敗しても友達と励ましあってとぶと、どれだけでもがんばれます。まるで魔法がかかっているようです。1人でとぶときと、友達と跳ぶ時ではぜんぜん違います。協力して跳ぶと難しい技もできるような気になるし、とても楽しいので、なわとびが大好きです。


     私は今年もみんなと協力していろんな技を跳べるようになりたいなと思いました。学校で練習するために今日もなわとびを持って学校へ行きました。みんなと協力できたおかげで、私は5,6年生のなわとびカードに進むことができました。

    ==========================================

     

    ぽちっとお願いします。

    にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
    にほんブログ村

     



    コメント
    縄跳びは苦手、と、子供の頃に思いました。
    ちょっと練習して二重跳びができず、すぐ諦めてしまいました。何度も練習したり、工夫したりして達成感を得ることを知っているドルフィンちゃんはすごいです。
    • ラフランス
    • 2018/12/23 8:14 PM
    コメントする









    柏の葉作文教室概要
     無料体験学習(2回)受付中
    ※大変申し訳ありませんが受験生過多のため、現在、土曜日(こども作文教室)の体験学習の新規受付を行なっておりません。すでにお申込みいただいた方は受け付け済みです。体験学習の再開は2018年3月です。3月からの予約を受け付けています。

    おとな作文・小論文教室
    ご希望の方は受け付けております。(1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    メール/kayo.asaoka@gmail.com
    電話/080-4118-7434、04-7111-1255


    場所/さわやかちば県民プラザ
              柏市柏の葉4−3−1
    教室開催日と場所一覧はこちらから確認できます。

    こども作文教室
    1〜4週、土曜日、9:00-12:00
    4000円/月(通信は4500円/月)

    おとな作文教室
    1〜4週、火曜日、9:00-12:00
    4500円/月

    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴16年


    授業風景(県民プラザ3階、2018年12月)


    お迎えの待ち合わせ場所
    (県民プラザ2階、児童書コーナー)


    柏の葉公園に隣接しています。

    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    作文試験進化の方向(2018/01/04)

    ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
    ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。<お分かりになりにく時はお電話ください。
    ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00。準備ができたらお電話ください。080−4118−7434、04−7111-1255
    ・申し訳ありませんが時間の予約はできません。
    ・5週目はお休みです。
    ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    • 【おとなの作文】課題「寒い朝」、サクラさん、パッソさん
      アイン4 (01/23)
    • 【おとなの作文】パソコン奮闘記5,6(70代女性パッソさん)
      アイン4 (01/23)
    • 【おとなの作文】鈴さん(60代女性)が書いた「おばあちゃんのこと」
      アイン4 (01/23)
    • 【おとなの作文】課題「寒い朝」、サクラさん、パッソさん
      アイン4 (01/23)
    • 教室は1月5日(土)から開始&【おとなの作文】「お正月」(80代女性サクラさん)
      アイン4 (01/23)
    • 「だんだん時間が経つにつれてなんかおかしいな、あれは僕が悪かったのかなと思い始めていた」小4男の子の作文
      あお (01/22)
    • 「だんだん時間が経つにつれてなんかおかしいな、あれは僕が悪かったのかなと思い始めていた」小4男の子の作文
      りー (01/20)
    • 「もう妹と私はあきらめていた。疲れてもいた。途中で凧揚げをしている人がいた」小6女の子の作文
      りー (01/17)
    • 【おとなの作文】パソコン奮闘記5,6(70代女性パッソさん)
      プリウス (01/11)
    • 柏の葉作文教室からメリークリスマス
      あお (12/24)
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座