<< 教室は1月5日(土)から開始&【おとなの作文】「お正月」(80代女性サクラさん) | main | 【おとなの作文】パソコン奮闘記5,6(70代女性パッソさん) >>

小3感想文/課題『アインシュタイン』(岡田好恵)抜粋を読んで

0

    「アインシュタイン」(岡田好恵)抜粋を読んで、小学校3年生3人が感想文を書きました。

     

    『アインシュタイン』(岡田好恵)「その日から」の要約

     その日から、アインシュタインの、核廃絶と戦争反対の努力がはじまりました。博士はアメリカ国民に言いました。原子力は人間の手にあまるほど危険な力です。つぎの戦争で使われたら、世界は破滅するでしょう。また、博士はつぎのようにも書いています。「……原子力が将来、人類に大きな恵みをもたらすとは、いまのわたしには、考えにくいのです。原子力は脅威です」 

     

     小学校3年生の感想文では、まず最初に「いちばん」を使い、感想文の中心にすることがらを決めます。次に、その中心にしたことがらと関連のある自分の体験や聞いた話、調べた話を書いていきます。最後に全体を大きくまとめた感想を書きます。

     

     子どもたちは同じ文章を読んでもそれぞれ中心にするところが少しずつ違ってきます。それぞれその子らしい感想文に仕上がるのはそのためです。また、それが言葉の森の教材を使った当教室での指導の仕方です。

     

     では、トップバッターのヒッキー君お願いします。

     

    「アインシュタインの核廃絶と戦争反対」を読んで ヒッキー(小3)

     

     ぼくがいちばん心に残ったことは、アインシュタインが核エネルギーに反対をしたことです。


    お母さんから第二次世界大戦中に広島と長崎に原子爆弾が一発ずつ落とされて、広島は14万人、長崎は9万人の人が亡くなってしまったことを聞きました。一発で何万人もの人が亡くなってしまう強力なエネルギーが原子爆弾にはあるということです。まるで隕石が落ちたかのような衝撃だと思います。

     

     原子爆弾は国と国の争いをなくすために落とされました。しかし、争いは人と人の間でも起こります。学校の先生の中にはけんかで暴力を振るわれてしまった人に
    「そんな悔しいならやり返せ」
    と当たり前のように言っている先生もいます。けれど、お母さんは
    「それは間違っている」
    とぼくに注意するように言います。

     

     僕のクラスはドッチボールでなぜかけんかをしてしまうのです。ぼくも2,3回けんかをしたことがあります。けれどももっとすごい人は泣きながら顔を殴ったりしています。ぼくもみんなと止めているけれど、そんなすぐには解決しません。争いごとを解決するのはとても難しいことだと思いました。

     

     原子爆弾は人間が見つけたもので、核エネルギーで発電することもできていい使い方もできますが、爆弾を作って人を殺す悪い使い方もあってとても人間にはコントロールできないものなんだと思いました。

     

    ============================================

     ヒッキー君、ありがとう。戦争を身近なけんかに置き換えて考えてみたところがいいですね。「争いごとを解決するのはとても難しい」がとても印象的です。では、次はたっくんです。

     

     

    「アインシュタインの核廃絶と戦争反対」を読んで たくちゃん(小3)

     

     ぼくがいちばん心に残ったのはアインシュタインが「原子力が将来、人類に大きな恵みをもたらすとは今の私には考えにくいのです。原子力は脅威です」と言ったところです。

     

     この長文を読んで戦争はしてはならないことだと思いました。戦争の武器のひとつに地雷という爆弾があります。地面に埋めて爆発させるもので埋めた場所を踏んだ人がけがをするようにしてあるものです。きっと今の時代の人は「なんでそんなことをするの」と思うと思います。

     

     友達とのけんかは小さな小さな戦争かもしれません。ふだん友達とケンカをした時はお互いに
    「ごめんなさい」
    と言って仲直りしてすぐ仲よくなれます。

     

     けれども、国と国の大きな戦争は世界にとって大きな影響を与えることになります。暴力をふるうのではなく戦争を防ぐために話し合って解決するのがいちばんだとぼくは思いました。

     

    ============================================

     たっくん、ありがとう。
    原子爆弾から、同じく戦争の武器である地雷を連想して書きました。とてもいい連想です。どちらも人を殺す目的で作られたものであることは同じ。また、友達とのケンカを「小さな小さな戦争」と表現したのがうまいなと思いました。

     

     では、最後にWELCOMEくん、お願いします。

     

     

    原子力の恐ろしさ WELCOME(小3)

     ぼくがこの文章を読んでいちばん心に残ったのはアインシュタインが核兵器に反対したことです。
    今年の夏休み、僕は広島に住んでいる友達に会いに行ったとき、原爆ドームを訪れました。そして当時のようすを動画で見てお母さんに
    「やけどを負って、すごく痛いんだよね」
    と言いました。他にもたくさんの絵や写真が飾られていました。たくさんの傷がついた水とうまで飾られていました。


    僕が学んだことはあまりにも原子爆弾が強すぎて人間の体が一瞬にして真っ黒になり溶けるくらいの威力を持っていることです。原子力から出るのが放射線です。放射線は見えないのですから、まるで悪魔のようです。亡くなった人が数えきれないほどいるので、もう絶対に使わないでほしいです。ぼくはニュースで原爆のやけどの経験のある人が
    「あたり一面が真っ赤になり、白や青や緑が一瞬で見えなくなりました」
    と言っていたのを聞いたことがあります。それでもまだ戦争が続いている国々があります。ぼくはもっと平和な世界にしたいと思いました。


    ぼくはアインシュタインに賛成です。どうしてかというと原子力のしくみの本を図書館で借りて読んで、当たるとやけどをしたり、病気になったり、ひどいときには死んだりしてしまうとても危険なものだということを知ったからです。ぼくは原爆の恐ろしさを忘れることは絶対にありません。ぼくは原爆の恐ろしさを学校の友達に知ってもらいたいと思ったので、休み時間に話したいです。

    ============================================

     

     すばらしい感想文です。WELCOMEくん、ありがとう。「ぼくはもっと平和な世界にしたい」「原爆の恐ろしさを学校の友達にも知ってもらいたいと思ったので、休み時間に話したい」と、実際の行動に移そうとしているところがとても立派です。
    また、自分で本を読んで確かめたのでアインシュタインに賛成だとするところがすごいなと思いました。有名だから、長文で読んだから、大人が褒めるからという理由ではないのです。

     

     3人ともとてもいい感想文が書けました。今年もたくさん読んで、たくさん考えて、いい作文を書きましょう。

     

     

    にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
    にほんブログ村



    コメント
    コメントする









    柏の葉作文教室概要

      柏の葉作文・小論文教室
      どんなお子さんも必ず上達。毎週の課題で作文力アップ! 
    11月から2月までは受講生の受験対策のため、無料体験学習はお休みします。
    (1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。

    【メール】kayo.asaoka@gmail.com 【電話】080-4118-7434、04-7111-1255

    【場所】柏の葉公園、公園センター会議室もしくはコミュニティ体育館会議室 柏市柏の葉4-1 部屋はこちらから確認できます。
    【開催日】1〜4週の各土曜日(月4回)、9:00-12:30 13:30-17:00 ご都合のつく60〜90分)
    【対象】小学生から社会人まで
    【費用】4000円/月(通信と社会人は4500円/月)
    その他、詳細 社会人作文教室、詳細
    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴17年/プロフィール


    授業風景(柏の葉公園、公園センター2階、2019年11月)


    公園センター


    お迎えの待ち合わせ場所
    (公園センター1階、図書コーナー)


    柏の葉公園マップ

    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    作文、国語、教育に関する記事が毎日、更新されます。 言葉の森ホームページ


    ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
    ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。お分かりになりにくい時はお電話ください。
    ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00(1-4週)
    ・振替の日時が決まりましたら、電話(080−4118−7434)、メール(kayo.asaoka@gmail.com)、Lineにてご予約ください。直前の場合は電話でお願いします。
    ・5週目はお休みです。
    ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座