<< 【言葉の森アーカイブ記事】「家庭での作文の教え方8 読点の打ち方」 | main | 夏休みの読書感想文指導について >>

小5作文/課題「飼っている生き物」

0

     小5のかつしかのぶなが君が課題「飼っている生き物」で作文を書きました。いま、家で飼っている生き物ではなく、将来、飼ってみたい生き物についてです。

     

     かつしかのぶなが君が飼いたい生き物は犬です。今は残念ながら飼えません。どうしても飼いたい気持ちと、飼えない状況をお母さんから「聞いた話」、「もし〜だったら」を使いながらうまく整理して書くことができました。

     

     ところで、今回のかつしかのぶながくんの作文で気づいたことがあります。それは、かつしかのぶながくんが「葛藤ものがじょうず」ということです。今回の作文も飼いたい気持ちと飼えない状況のはざまで葛藤する作文ですが、以前にも2回、葛藤もの作文をブログに掲載したことがあります。

     

    ・新しい自転車が欲しい気持ちと、お古でがまんしたい気持ちの葛藤を書いた7月の作文はこちら

    ・腹が立った友達に拳骨を食らわせたい気持ちと、それを抑制したい気持ちを書いた1月の作文はこちら

     

     継続的に一人の生徒さんをみていると、その子の考え方の傾向や論理と感情のバランス、くせなどが見えてきたりしますが、今回のように「葛藤ものが得意」という特性の発見は初めてです。今後はこの特性を念頭に置きながらかつしかのぶなが君の指導に当たりたいと思います。といっても、もちろん、毎回、葛藤ものにもっていくようなことはしませんが。

     

     では、かつしかのぶながくんお願いします。

     

    「ハーイ」

    (葛藤する信長の図)

     

    犬も家族の一員 小5 かつしかのぶなが

     僕のお母さんは子どもの頃に犬を飼っていた。お母さんが中学一年の13歳から26歳まで13年間飼っていた柴犬だ。最初、お母さんは犬を飼うのがものすごく嫌だったそうだ。犬も嫌いで犬の散歩も嫌だったという。

     お母さんは5人家族で、お母さんは犬を飼うのは嫌だったがあとの4人は犬を飼いたいと言ったので、お母さんが負けてしまい犬を飼うことになったそうだ。おじいちゃんがもらってきた。飼っていた犬はものすごくお風呂が嫌いで、ものすごく臭かったと言っていた。でも、家族の一員みたいでとても楽しそうだ。

     ぼくは年に一回、お母さんの実家に行く。いまでも犬が住んでいた犬小屋が置いてあり、ここに住んでいたんだなあと思う。それを見てぼくは一回でもいい、犬を飼いたいと思う。

     もし僕が犬を飼うとしたら、小型犬で、すごく人懐っこくて元気のいいトイプードルがいい。ぼくが好きなランニングについてきたり、ぼくの遊び相手になってくれそうで僕の犬を飼いたい気持ちは膨らんできている。そして、ぼくの友達になったり、僕の家族になってほしい。僕がなくしたものをぼくの匂いを嗅いで探してきそうで、想像するだけで興奮してしまう。

     ぼくの想像どおりにはいかないと思う。お母さんのことを聞いていると犬を飼うのって難しいんだなと思う。犬は人間ではないけれど、人間に近い存在で、家族や友達に近い存在だ。歳月人とを待たずというから、大人になってからではなく、今飼いたい。



    コメント
    犬を飼えるといいね。買える環境なら、ご両親に頼み込むべし。兄弟にも、友人にもなれるよ。
    • すず
    • 2019/08/24 7:55 PM
    コメントする









    柏の葉作文教室概要

      柏の葉作文・小論文教室
      国語力をつけるなら、作文です。
     無料体験学習(2回)受付中
    (1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    2019年11月から2020年2月まで受験指導のため、無料体験学習はお休みします。

    【メール】kayo.asaoka@gmail.com 【電話】080-4118-7434、04-7111-1255

    【場所】柏の葉公園、公園センター会議室もしくはコミュニティ体育館会議室 柏市柏の葉4-1 部屋はこちらから確認できます。
    【開催日】1〜4週の各土曜日(月4回)、9:00-12:30 13:30-17:00 ご都合のつく60〜90分)
    【対象】小学生から社会人まで
    【費用】4000円/月(通信と社会人は4500円/月)
    その他、詳細 社会人作文教室、詳細
    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴17年/プロフィール


    授業風景(柏の葉公園、公園センター2階、2019年11月)


    公園センター


    お迎えの待ち合わせ場所
    (公園センター1階、図書コーナー)


    柏の葉公園マップ

    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    作文、国語、教育に関する記事が毎日、更新されます。 言葉の森ホームページ


    ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
    ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。お分かりになりにくい時はお電話ください。
    ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00(1-4週)
    ・振替の日時が決まりましたら、電話(080−4118−7434)、メール(kayo.asaoka@gmail.com)、Lineにてご予約ください。直前の場合は電話でお願いします。
    ・5週目はお休みです。
    ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座