<< 小1作文/自由な題名「カラオケ」 | main | 【言葉の森アーカイブ記事】家庭での作文の教え方13 常体と敬体 >>

中1意見文/課題「テストはよいか」

0

     アメリカ在住のボーロさんが「テストはよいか」をテーマに意見文を書きました。ほとんどの生徒さんはこの課題で「テストは良い」の意見で書きますが、ボーロさんはあえて「テストは良くない」という立場で書きました。ほとんどの生徒さんが「テストは良い」で書くのは、教材の解説にそちらの意見の書き方が載っているからです。反対の立場で書くボーロさんには解説はありません。

     

     ボーロさんは自分でしっかり考えて、自分の体験を生かし、自分の意見を書きました。特に昨年1年間、イギリスの学校に通ったことが「テストは良くない」の立場で書く決め手になったようです。

     

     ボーロさんは小1から小6まで柏の葉作文教室で作文の勉強を続け、中学生でいったんお休みをし、高校生で復帰した生徒さんです。中学生の間は読書などで独学で日本語を勉強してきたそうです。漢字もボキャブラリーも小6のときより格段に増えていますから、独学でかなりの量を勉強したのだと思います。

     

     では、ボーロさんお願いします。

    「ハーイ」

     

     

    課題

     

     テストは良いか

     

     

     

     テストはよいか 高1 ボーロ

     イギリスの学校はアメリカや日本の制度と違う。16歳で受ける1回の試験で成績が決まってしまう。その成績で大学に行けるか、就職できるか全部、決まるのだ。私は昨年、1年間イギリスに住んだ。イギリスの学校生活は楽しかった。しかし、印象に残ったことは先生は試験に出てくることしか教えてくれないということだ。そして、質問の答え方も試験でいちばん高く点数がもらえる書き方を教えてくれる。就職したときに上司の人が読みやすかったり、大学の教授の目に留まる書き方ではなく。私はテストで高得点を取ることだけを目的にした学校教育はよくないと思う。

     第一にずっと学校でがんばって宿題を時間通りに提出しても、試験日にプレッシャーに負けて低い点を取った場合、その生徒の実力を正確には表していないからだ。もともと、テストの目的は生徒の実力をするためだ。プレッシャーに負けて低い点を取ったら、その生徒の実力を正確には表していないからだ。イギリスの友達で毎日、学校に来て勉強しているのにテストでは低い点数を取る子がいた。その子はまじめでやさしい子だ。しかし、もし、試験で低い点を取ったらその子は怠け者と見られるかもしれない。反対に6年間さぼっている子が、最後の2か月だけ勉強して高得点をとってもその子を表す点数とは言えないだろう。

     第二にテストをするとその場だけ物事を覚えて知識を得るが、体系的な知識を得るための勉強しなくなるからだ。学校というのは本来、その子が一人で生きていけるように作られたものだ。テストで高い点数を取ってもすぐに内容を忘れてしまったら意味がなくなる。私もこういうテストの受け方を何十回もしたことがある。補習校で土曜日に漢字テストがあるからと金曜日の夜にテストに出てくる時だけ練習して熟語や音読み訓読みを学ばなかった。テストでは高い点を取れるけれど、本当の意味でその漢字を学んだわけではない。でも、点数は高いので学んだ気分になってしまう。高い点数で天国には行けないということだ。

     もちろん、テストの良い面もある。たとえばずっとだらしない態度で勉強しないにも関わらず、目標が達成できることがある。先生側で生徒が何を知っているか、知らないかを理解することもできる。これはもちろん生徒側にも適用できる理由だ。でも、何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」というように、やりすぎには注意が必要だ。テストや試験に利点はあるが、あまりそれだけに集中しすぎるとよくないと思う。



    コメント
    とても面白く読みました。仕組みの違う国に在籍したことがあるからこそ、の意見ですね。自分の意見はどうか、も考えました。一発勝負の危険性はあるものの、テストは重要。失敗しても挽回のチャンスは数多くある、と言いたいです。
    • すず
    • 2019/09/12 4:47 PM
    確かに! コメントありがとうございます。本人に伝えます(^^)/
    • あお
    • 2019/09/12 7:47 PM
    コメントする









    柏の葉作文教室概要

      柏の葉作文・小論文教室
      国語力をつけるなら、作文です。
     無料体験学習(2回)受付中
    (1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    2019年11月から2020年2月まで受験指導のため、無料体験学習はお休みします。

    【メール】kayo.asaoka@gmail.com 【電話】080-4118-7434、04-7111-1255

    【場所】柏の葉公園、公園センター会議室もしくはコミュニティ体育館会議室 柏市柏の葉4-1 部屋はこちらから確認できます。
    【開催日】1〜4週の各土曜日(月4回)、9:00-12:30 13:30-17:00 ご都合のつく60〜90分)
    【対象】小学生から社会人まで
    【費用】4000円/月(通信と社会人は4500円/月)
    その他、詳細 社会人作文教室、詳細
    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴17年/プロフィール


    授業風景(柏の葉公園、公園センター2階、2019年11月)


    公園センター


    お迎えの待ち合わせ場所
    (公園センター1階、図書コーナー)


    柏の葉公園マップ

    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    作文、国語、教育に関する記事が毎日、更新されます。 言葉の森ホームページ


    ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
    ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。お分かりになりにくい時はお電話ください。
    ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00(1-4週)
    ・振替の日時が決まりましたら、電話(080−4118−7434)、メール(kayo.asaoka@gmail.com)、Lineにてご予約ください。直前の場合は電話でお願いします。
    ・5週目はお休みです。
    ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座