<< 小5作文/課題「がんばったこと」 | main | 【言葉の森アーカイブ記事】作文指導の鉄則 >>

小4作文/課題「秋の虫」

0

     小学校4年生のかめきちくんとたくちゃんが課題「秋の虫」で作文を書きました。かめきちくんは友達と夜の公園で虫取りをしたあと、虫を使ってあることをすることに。たくちゃんは美しい鈴虫の声に最初は家族みんなで酔いしれましたが、夜になると事態は大きく変わって……。どちらも、鈴虫の鳴き声をテーマにした、いきいきとした生活作文です。

     では、かめきちくん、たくちゃん、お願いします。

    「ハーイ」

     

    課題

     

       秋の虫

     

     

    鳴き声で勝負だ! 小4 かめきち

     

    「虫取り勝負しよう」

    友達が言いました。理由を聞いたら、

    「だってサッカーとかドッジボールは飽きたから」

    と言い、みんなで公園に行くことにしました。でも、行く途中に友達が

    「素手じゃ、一匹も捕まえられないよ」

    と言い出しました。

    「何でだよ」

    「もしも、取れたとしても虫カゴは?」

    「あ、そうか」

    「みんないったん帰って虫かごとかトラップとか虫取り網を持ってきて」

    「じゃあ、またあとで」

    ということでみんな家へ帰りました。

     ふたたびみんなが集まってトラップを仕掛けました。仕掛けている途中で

    「あっ、おったぞ」

    と友達がさけび、みんな駆け付けました。捕まえたのは鈴虫です。夜にきれいな声で鳴く虫です。でも、友達は転んでしまい、鈴虫は逃げてしまいました。

    「最悪だ。またやり直しか」

    「ねえ、こうしたらどう? ほら、鈴虫とか夜に出るじゃん。だから夜に捕まえればきっと大漁だよ」

    僕が言うと

    「おまえ、あったまいい」

    と言われたので、みんなまたいったん家に戻りました。

     その日の夜に友達と公園に行きました。トラップを調べたところ、友達のには何もかかっていないようでした。だけど、ぼくのトラップにはカブトムシのオスを見つけました。ブランコの柵にしかけたトラップです。でも、ねらっていた獲物じゃなかったので逃がしました。カブトムシはクワガタと勝負していたようでした。そこで、

    「あ、いいこと考えた。秋の虫で対決しよう!」

    ということになりました。

    「いけ、鈴虫!」

     勝負が終わって家に帰ってきました。図鑑やインターネットで鈴虫の飼い方を調べました。まず土を半分入れてその上に木くずとか枯れた葉っぱをかぶせます。そしてナスを入れ、水が入っているペットボトルをさしたら完成です。

    「へえ、そうなんだあ」

    食べ物はナス、きゅうり、昆虫ゼリーらしい。鈴虫は二か月くらいで死んでしまうらしいです。でも、とても面白そうです。鳴く声とかを聴くだけでもいろいろ分かることがあるそうです。

     虫は勝負させるだけじゃなくいろんなことを調べて勉強したりできるんだなと思いました。

     

     

     

    うるさい鈴虫 小4 たくちゃん

     

     学校でダンゴムシを探していたとき、植木鉢の下に鈴虫を見つけました。先生に見せると鈴虫は先生の服にとびついて、びっくりした先生が踊りだしました。まわりの子供たちはびっくり。とくに1年生は保健の先生を呼ぼうすらとしました。みんなは大笑いをして先生を見ました。

     僕はそのまま鈴虫を逃がすのはもったいないと思ったので、鈴虫2匹を持って帰りました。昼間は家族みんなが

    「いい声だねえ」

    と嬉しそうに言っていました。しかし、夜は鈴虫をベランダに置いたので大丈夫だろうと思っていたのに、真夜中に鈴虫は窓の外から声を響かせました。うるさくて目をつぶることもできません。お母さんとぼく、お父さんは鈴虫対策作戦を始めました。結局、いちばん出た意見は「逃がす」でした。鈴虫の声ははまるで大群で合唱をしているみたいでした。

     ぼくは秋の虫は夏の虫より声が大きく、とくに鈴虫の声は無視できないくらいうるさい声だと思いました。鈴虫を飼うと次の日は睡眠不足になると思います。今後は鈴虫を飼いたくありません。



    コメント
    かめきちくん、たくちゃん、涙が出るほど楽しい作文でした。男の子の世界もちらりと見せてもらいました。
    • Ikuyo Yasuda
    • 2019/09/27 8:10 AM
    コメントする









    柏の葉作文教室概要

      柏の葉作文・小論文教室
      国語力をつけるなら、作文です。
     無料体験学習(2回)受付中
    (1)体験ご希望日/(2)学年/(3)お名前/(4)日中ご連絡先電話番号をメールかお電話でお知らせください。
    2019年11月から2020年2月まで受験指導のため、無料体験学習はお休みします。

    【メール】kayo.asaoka@gmail.com 【電話】080-4118-7434、04-7111-1255

    【場所】柏の葉公園、公園センター会議室もしくはコミュニティ体育館会議室 柏市柏の葉4-1 部屋はこちらから確認できます。
    【開催日】1〜4週の各土曜日(月4回)、9:00-12:30 13:30-17:00 ご都合のつく60〜90分)
    【対象】小学生から社会人まで
    【費用】4000円/月(通信と社会人は4500円/月)
    その他、詳細 社会人作文教室、詳細
    *欠席の場合の振り替え授業あり。
    profilephoto
    浅岡佳代/1996年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業/1998年高校(国語)教員免許取得/作文指導歴17年/プロフィール


    授業風景(柏の葉公園、公園センター2階、2019年11月)


    公園センター


    お迎えの待ち合わせ場所
    (公園センター1階、図書コーナー)


    柏の葉公園マップ

    =======================

    その他、詳細はこちら

    =======================

    ☆教室生徒を対象に
        読書感想文講座(8月のみ)
        公立高校入試対策小論文講座(1月のみ)

    イラスト出典:わんパグ
    言葉の森HP記事
    作文、国語、教育に関する記事が毎日、更新されます。 言葉の森ホームページ


    ※言葉の森、自動採点ソフトはこちら
    ※柏の葉作文教室は「言葉の森」の教材を使用しています。
    Zoom教室
    通信生、振り替え授業用
    Zoom教室 クリックして入室してください。初めての場合はダウンロードが始まります。ご自分の名前を付けて入室になります。お分かりになりにくい時はお電話ください。
    ・振り替え時間は月〜金16:30〜18:00(1-4週)
    ・振替の日時が決まりましたら、電話(080−4118−7434)、メール(kayo.asaoka@gmail.com)、Lineにてご予約ください。直前の場合は電話でお願いします。
    ・5週目はお休みです。
    ・原稿用紙はこちら(pdf)からダウンロードできます。印刷してお使い下さい。ご自宅にある原稿用紙でも構いません。
    清書作文
    教室の子どもたちが書いた清書作文(2016年度)はこちらこちらです。
    表示の切り替え
    スマホでご覧の方へ。PC版からスマホ版への切り替えは こちら
    最新記事
    カテゴリー別記事
    過去の記事
    コメント
    プロフィール
    ブログ内を検索
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座